渡部篤郎一覧/4ページ

【渡部篤郎】に関するニュースを集めたページです。

中谷美紀の誕生日に渡部篤郎が美女と朝までデート
中谷美紀の誕生日に渡部篤郎が美女と朝までデート
 薄暗い店内はブラックライトで照らされ、お酒を飲みながらカラオケを楽しむことができる。このムード満点なラウンジでの出来事だった。 その夜、渡部篤郎(43)は友人の男性と20代前半の女子4人で飲んでいた。渡部の隣には、松下奈緒似の美女がぴったりと寄り添っていた。「渡部さんは彼女の肩をず~っと抱いていて、自分のほうへ引き寄せるようにしていました。そのまましばらく見つめ合っていたりもして…。ふたりの顔と顔があまりに近くって、見ているだけでドキドキしちゃいました」(居合わせた客) 男女6人で談笑しながら、焼酎のお湯割りを飲んでいた渡部。しかし、しばらくすると松下似の美女に声をかけ、ふたりでエレベーターに乗りこむと同じビルの別のバーへと消えてしまった。 1月12日午前3時過ぎ。恋人・中谷美紀が36才の誕生日を迎えてわずか3時間。中谷は知らない“背信”の夜だった。 渡部が美女と別れ、店を出たのは午前5時過ぎだった。前出の常連客によれば、渡部がこの店を若い女性と訪れたのは1度だけではないという。 1999年、ドラマ『ケイゾク』(TBS系)での共演をきっかけに交際に発展したふたり。2005年に渡部がRIKACOと離婚した後も交際は継続、現在ふたりは同棲しており、都内のレストランなどでデートする姿がたびたび目撃されてきた。 しかし、1月17日に行われたドラマ『聖なる怪物たち』(テレビ朝日系)の制作発表会見で中谷はこんな発言をした。「私もこの仕事でたくさんの時間を犠牲にしてきたので。友人と集う時間とか、婚期を逃すとか…」 ふたりを知る芸能関係者はこう話す。「この発言を聞いた人のなかには、“長すぎる春”でふたりの仲も危なくなっているのかなと思った人もいるようです」※女性セブン2012年2月9日号
2012.01.26 07:00
女性セブン
RIKACOと元夫・渡部篤郎が近所でカフェ経営 中谷美紀が助言
RIKACOと元夫・渡部篤郎が近所でカフェ経営 中谷美紀が助言
 カップルでにぎわう初秋の川沿いの散歩道。その通りに面した6階建てビルが、2009年にオープンしたRIKACO(45)プロデュースの“オーガニックショップ”だった。地下1階はヨガスタジオで、1~2階はオーガニックカフェ、3階はアロマショップになっている。 今年10月中旬の週末に同店を訪れると、雰囲気ががらりと違っていた。1階フロアにはいくつもの段ボール箱が置かれ、スタッフが片づけ作業に追われていた。近隣住民がいう。「ヨガスタジオは営業を続けているようですが、カフェとアロマは、今年の6月末に閉店したんです。そういえば、外から見ても、いつも混雑している感じはしなかったですけど。この周辺はカフェがたくさんある激戦区ですから」 そこからわずか徒歩5分ほどのところに、別のオーガニックカフェがある。店のオーナーはRIKACOの元夫・渡部篤郎(43)だ。こちらはRIKACOの店に先駆けてオープン。有機野菜を看板に、店内はフランスのカフェをイメージして、食器はフランスのものが使われている。 そんな店の狙いも時流に合い、今年めでたく開店5周年を迎えたが、そこには渡部の交際相手、中谷美紀(35)のアドバイスがあった。「オーガニックにこだわりがあって、パリ通の中谷さんは、オープン当初から助言をしているんです。最近では、カフェスタッフが作ったトマトジュースやにんじんジュースを渡部さんがテレビで紹介していました。砂糖も水も使ってないのにとっても甘くておいしいそうです。それも中谷さんの意見が取り入れられてるようですよ」(芸能関係者)※女性セブン2011年11月3日号
2011.10.20 16:00
女性セブン

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン