能年玲奈一覧/8ページ

【能年玲奈】に関するニュースを集めたページです。

『あまちゃん』脚本家の宮藤官九郎 実は朝ドラにピッタリ
『あまちゃん』脚本家の宮藤官九郎 実は朝ドラにピッタリ
 4月1日から始まったNHK連続テレビ小説『あまちゃん』。岩手・北三陸の小さな田舎町を舞台にして、びっくりした時に思わず口から出る「じぇじぇじぇ!」など、テンポのよい方言が飛びかう。 ヒロインの高校2年生・天野アキを演じるのは能年玲奈(19才/のうねん・れな)。そして、その母親・春子を小泉今日子(47才)、祖母・夏を宮本信子(68才)が演じる。さらに、母娘3人の脇を杉本哲太(47才)、渡辺えり(58才)ら実力派俳優がガッチリ固め、慌ただしい日本の朝にたくさんの笑いを提供している。 朝ドラの“お家芸”であるヒロインの成長を描く脚本は『池袋ウエストゲートパーク』(2000年・TBS系)、『木更津キャッツアイ』(2002年・TBS系)などで人気の宮藤官九郎(42才)が担当。細かなギャクを随所に盛り込み、ハイスピードで展開する宮藤脚本を採用した理由をチーフ・プロデューサーの訓覇圭氏(45才)が明かす。「視聴者が見ていて明るく元気になれることが朝ドラの基本です。宮藤さんには朝ドラと正反対のイメージもありますが、実は彼は6才の頃から朝ドラを見ているという“朝ドラ通”。お会いして『明るく、元気』という朝ドラの核を守りつつ、面白いドラマが作れると確信しました。ドラマは“笑わせる”のではなく生きている人間が自然に“笑える”喜劇にしたいですね」 実際、第1週放送では岩手の伝統料理・まめぶ汁を「甘いのか辛いのかわからない。おかずなのかおやつなのかもわからない」と紹介したり、夏の手で海に突き落とされたアキが「何すんだこのババア!」とつぶやくなど、宮藤脚本らしい“笑える”シーンがふんだんに用意されている。『大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた』著者の田幸和歌子さんが言う。「前作『純と愛』は“朝ドラを壊す”と始まったドラマでしたが、今回は笑いと愛のある朝ドラらしい展開になりそうです。当初はテンポの速さや小ネタの多さが真骨頂のクドカン脚本に、朝ドラ視聴者がついてこられるかという不安の声もありましたが、代表作のドラマ『タイガー&ドラゴン』(2005年・TBS系)の根底に家族愛があったように、彼は家族を描く物語が得意。実は朝ドラにピッタリなんです」※女性セブン2013年4月18日号
2013.04.04 07:00
女性セブン
NHK朝ドラ「あまちゃん」は「純と愛」より期待できると作家
NHK朝ドラ「あまちゃん」は「純と愛」より期待できると作家
「純と愛」に代わり、新しいNHK朝ドラがスタートした。宮藤官九郎氏脚本の「あまちゃん」は初回20%超えを果たし、好調なスタートをきった。作家で五感生活研究所の山下柚実氏が新旧の作品を比較する。 * * * ヤフーニュースの意識調査コーナー「クリックリサーチ」の中に、興味深い調査(進行中)があります。「夏菜主演のNHKの連続テレビ小説『純と愛』が2013年3月30日に最終回を迎えました。『純と愛』の満足度は100点満点で何点?」という意識調査です。 回答期間は3月31日~4月11日まで。4月2日時点ですでに4万票を超える回答が寄せられています。もっとも多い点数は……なななんと! 「0点」という回答が、全体の19%も占めてトップ。その数は8千票超。これが、終わったばかりの朝ドラに対する視聴者の感想だとすれば、なんとも手厳しい。回答全体を見ても、その厳しさは際立つ。「30点以下」と評価した人が、半数以上を占めているような状態です。「純と愛」といえば、「家政婦のミタ」を手がけて話題の脚本家・遊川和彦氏が、NHKの朝ドラに初挑戦した話題作。鳴り物入りで始まっただけに、この意識調査の結果をどう解釈すればよいのか。どう総括すればいいのか。 少なくとも、NHKの制作陣に大きな問いと疑問が投げかけられたことは、たしかでしょう。もちろん他にもいろいろな意識調査や評価はあると思いますが、この数字もまた、一つの事実です。 その「純と愛」に代わって、4月1日にスタートしたばかりの朝ドラが宮藤官九郎脚本の「あまちゃん」。東北・北三陸の田舎町と鉄道、海女さんという職業、海と高校生の女の子。放映第1回目のたった15分の中で、物語の骨格を浮き彫りに。これから半年をかけて「何を描こうとしているのか」というテーゼが、伝わってくる東北の映像でした。「純と愛」の場合、前半はオオサキホテルをめぐる人物ドラマが構築されていましたが、途中から次々に起こる事件や出来事に寄りかかる、場当たり的な内容に。物語の骨格も着地もバラバラに解体されてしまった観がありました。それが、視聴者の意識調査で厳しい評価につながっているのかもしれません。 対して「あまちゃん」は、物語の構造と着地点とがきちんと作者の手にグリップされている――そんな期待感を、抱かせてくれるのです。 配役にもメリハリが。主人公は19歳の新人・能年玲奈。母親役に小泉今日子、海女の祖母役に宮本信子。とりまく海女さん陣に、渡辺えり、美保純、片桐はいり、木野花。個性派をズラリ並べたあたり、今後ボディブロウのように効いてきそうな気配。 くだくだと説明的になりそうな場面の処理も、実にウマイ。鉄拳のアニメーションを挿入しクドカン色を出しつつ、ナレーションで全体像がわかる上手な処理をしています。 放映第1回目の中に、「ドラマにあってほしい要素」が満たされていて、まずは納得。初回を見ただけで「あまちゃんワールド」はこんな国ですよ、という雰囲気が伝わってきました。「これから半年間、一緒に遊ぼうね」という作者の声が、画面のむこうから響いてくるようです。上々の滑り出しではないでしょうか。
2013.04.03 16:00
NEWSポストセブン
『梅ちゃん先生』の”松岡先生”役で注目の高橋光臣
NHK朝ドラ 梅ちゃん恋人役など男優の新境地の場として注目
 NHKの朝ドラに、ちょっとした“異変”が起きている。以前はヒロインの女優ばかりが脚光を集めてきたが、最近ではイケメン俳優が新境地を開拓する場としても注目。出演を機にブレークする俳優も出てきた。「最近の朝ドラは、30代以降の女性のハートをぎゅっとつかむようなイケメン俳優の起用がうまいと評判になっていますね。次に大ブレーク確実の俳優ということでも、民放を含めてドラマ業界でも注目が集まっています」 こう話すのは、あるドラマ制作関係者だ。 現在放送中の朝の連続テレビ小説『梅ちゃん先生』では、高橋光臣(30才)の人気が急上昇している。高橋が演じるのは、帝都大付属病院の医師・松岡敏夫で、堀北真希演じる町医者“梅ちゃん”の恋人役。7月25日に都内で行われた『梅ちゃん先生』のイベントでは、高橋が登場すると、会場の女性から「キャー、松岡先生!」と大歓声が上がった。午後1時からのイベントだったが、朝9時半からつめかけた女性もいたほどで、50人ほどの席にはいりきらず、400人以上が集まる人気ぶり。 高橋はこれまで戦隊モノ『轟轟戦隊ボウケンジャー』(テレビ朝日系、2006年)、ドラマ『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』(フジテレビ系、2007年)などに出演していたものの、知名度は決して高くはなかったが、今回の役で一躍、ブレーク。「恋愛にはちょっとおくてな“昭和の男性”をコミカルに演じていて、思わずクスっと笑ってしまう表情が女心をくすぐりますね。番組プロデューサーはオーディションで最終候補に何人か残した中で、直感で高橋さんを選んだそうです。いままでの高橋さんを知っているファンにとっては新しい魅力に映り、新しく彼を知った人にとっては“松岡先生”と重ねあわせてときめきながら見ていると思います」(ドラマ・映画評論家の松原正美氏) 前作の朝ドラ『カーネーション』では、綾野剛(30才)が長崎からやってきたぼくとつなテーラーを演じ、認知度を高めた。綾野はヒロイン・尾野真千子の初恋相手で、やがて“不倫関係”となっていく周防龍一役。「綾野さんのイメージを一変させましたね。それまでは粗暴でどこかカゲのある役が多かったのですが、髪を切り精悍なイメージに変わった。さらに、長崎弁をぼそっと話すあったかな雰囲気と、綾野さんの切れ長の目やキレイな顔や彼本来のミステリアスな雰囲気とのギャップに魅せられた人も多かったのでは」(前出・松原氏) さらにその前の朝ドラ『おひさま』では、ヒロイン・井上真央の夫役として高良健吾(24才)が出演。これまで映画を中心に活躍してきた高良が、初めての父親役を好演するなどし、新たな魅力を見せた。 前出・ドラマ制作関係者が、こうしたイケメン俳優起用の事情を解説する。「2年前の『ゲゲゲの女房』で向井理さんが主婦層に人気を集めて視聴率をアップさせたことで、このころからNHKの制作サイドとしてもイケメン俳優の起用に重点を置くようになっています。最近はヒロインにはすでに知名度がある女優を起用する傾向がありますが、その相手役には、まだ主婦層に知名度が少ない人を起用し新たな魅力を引き出すことで、視聴率アップにつなげようという狙いがあるのでしょう」 来年4月からスタートする『あまちゃん』のヒロインには、能年玲奈(19才)の起用が発表されたが、この作品ではどんなイケメン俳優が出演するのかも注目だ。
2012.07.29 07:00
NEWSポストセブン

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン