箕輪はるか一覧

【箕輪はるか】に関するニュースを集めたページです。

ハリセンボン箕輪はるか フードコートで「子連れ?」撮
ハリセンボン箕輪はるか フードコートで「子連れ?」撮
 3月中旬の週末の昼過ぎ、埼玉県内にある高速道路のパーキングエリアのフードコートに、仲睦まじい“家族3人”の姿があった。恰幅のいいパパと7~8才の男の子。そして“ママ”は…なんとハリセンボンの箕輪はるか(37才)だった。「“えっ! 子供いたっけ? そもそも結婚してたっけ…”ってビックリ。テレビカメラもないし完全にプライベートのようだし…。でも本当のパパとママの雰囲気だったんです。甥っ子とか姪っ子だったのかなぁ」(目撃した人) 2013年に4年間交際した人生初彼氏との破局を明かして以降、浮いた話のないはるか。もしや一気に…なんていうこともあるのか?※女性セブン2017年3月30日・4月6日号
2017.03.17 16:00
女性セブン
ハリセンボン箕輪はるか含め吉祥寺に抱く不満
ハリセンボン箕輪はるか含め吉祥寺に抱く不満
 住みたい街10年連続No.1の吉祥寺。武蔵野台地という自然豊かな土地に、古の文化と歴史が根づき、一方でおしゃれなカフェや雑貨店なども並ぶ。 しかし、交通アクセスは決していいとはいえないようだ。吉祥寺に住むお笑いコンビ・ハリセンボンの箕輪はるか(36才)が語る。 「特に土日とか休日は、中央線がものすごく混んでなかなか座れない。だから本当に疲れている時は電車で一度三鷹まで戻って、三鷹から出る始発で座ることも。そもそも吉祥寺は特急が止まらないしアクセスがいいって一体、誰が言い始めたのやら…」 確かに不便な面も多い。吉祥寺で生まれ育ったA子さん(34才)が明かす。 「港区や渋谷区、時には足立区からすら“しょせん、市でしょ?”と馬鹿にされるんです(苦笑)。市外局番も同じ都下でも狛江市は“東京03”なのに、うちは“0422”。よくある“23区内配達”も当然アウト。空港までの定額タクシーも増額です。日常のさまざまなシーンで“都下”という現実を突きつけられるんです。それに人が多くて道も狭いから、車で移動なんかできませんよ」  一方、「吉祥寺」の名を冠したマンションに住んでいるという主婦B代さん(50才)はやっぱり“吉祥寺ブランド”を捨てられない。 「夫が吉祥寺に住んでいたので、結婚をきっかけに私も吉祥寺に来て。あっ、ごめんなさい、つい癖でそう言っちゃうんですが、ホントは練馬区関町です…(苦笑)。家の道を一本挟んだ隣が吉祥寺地区で、マンションも吉祥寺って書いてあるので、人に聞かれるとつい言っちゃうんですよねえ。 それに、関町って言っても“どこそれ?”ってなるんですが、吉祥寺だと“ヘェ~!”って羨望のまなざしに変わるんですから。最寄りの武蔵境駅までは徒歩2分ですが、20分かけて歩いて吉祥寺駅を使っています。運動になると自分に言い聞かせて…(苦笑)」  現在放送中のドラマ『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』(テレビ東京ほか・金曜24時52分~)の脚本を手がけるため、実際に街を歩いた山田あかねさんは、吉祥寺という街の個性がなくなりつつあることに気がつき「つまらなくなった」と肩を落とす。「ディープな品揃えを誇る書店や“爆音上映”イベントを行う映画館など、新宿や中野とはちょっと違う、独特の武蔵野文化があるところがよかったんですけどね。よくある商業施設が増えて街がこぎれいになってしまった」  吉祥寺は、そんなふうにして独自の文化のにおいが少しずつ薄れつつある。 「住んでいるところが観光地化される不幸は、住民は日常を暮らしているのに、よそから来る人が着飾っていることです。犬の散歩に最寄りの公園といっても、井の頭公園になってしまう。ジャージー姿で出て行っても、周りはおしゃれに決めて来たカップルだらけですからあまりに惨め(苦笑)。仕方なくそれなりの格好をして出て行くのは、さぞ面倒でしょう」(前出・山田さん) ※女性セブン2016年11月10日号
2016.11.01 16:00
女性セブン
人気の街・吉祥寺に選民意識感じる人や誇りに思う人々
人気の街・吉祥寺に選民意識感じる人や誇りに思う人々
 宮藤官九郎は、この街の喫茶店をハシゴして数々の名作を世に送り出した。又吉直樹が芥川賞を受賞した『火花』の舞台もこの街。敬愛してやまない太宰治の住まいがあったから、又吉は上京した時、迷わずこの街を選んだ――。 今年こそ恵比寿に明け渡したものの、10年間にわたって、東京の「住みたい街ランキング」の1位に君臨してきた東京・吉祥寺(武蔵野市)。そこは多くの人々の憧れの地、のハズだった…。 吉祥寺が広く名を馳せるようになったのは、1917年。日本初の郊外型公園として『井の頭公園』が誕生したことから。高度経済成長期には、吉祥寺パルコなど次々とショッピングモールができていった。 1937年に松本清張や山田洋次がひいきにしていた歌舞伎劇団『前進座』ができたのを皮切りに、ジャズ喫茶やライブハウスが登場。宮藤官九郎氏(46才)や西原理恵子氏(51才)、志茂田景樹氏(76才)など、文化人だけでなく、例えば小栗旬(33才)が「ぼくが好きだった場所を子供にも好きになってもらいたい」と『井の頭公園』について語るなど芸能人がフツーに暮らす街としても知られるようになった。 武蔵野台地という自然豊かな土地に、古の文化と歴史が根づき、一方でおしゃれなカフェや雑貨店なども並ぶ。それゆえ納得の人気。しかし市内の公立小学校で教員をしていたA子さん(46才)がため息をつく。「同じ武蔵野市内の『関前』から『吉祥寺東町』の小学校へ異動したのですが、保護者会や三者面談で“前の学校では…”と話を出した瞬間、“先生が前にいらっしゃったのは吉祥寺地区外ですからねえ”と遮られて…。ここは有名私立小…? とツッコミたくなるくらいの選民意識をバシバシ感じました」 この『吉祥寺地区』とは、吉祥寺北・南・東・本町の4つの町に御殿山を足した地域を指す。いわゆる高級住宅地で、例えば家族向けの3LDKマンションの相場で比べると、その差は歴然。吉祥寺が約23万円なのに比べて、すぐお隣の三鷹では約18万円。山手線沿線の大塚でさえ17万円台なのに、である。「特に吉祥寺地区の一戸建ては、同じ武蔵野市の別区域と比べて、保護者の職業に医師や弁護士、有名企業に勤めるかたが多く、明らかに学歴や年収も高かった。家の敷地面積も広くて、庭の手入れもしっかりされていましたねえ…」(前出・A子さん) 東京・港区東麻布からこの地へ越してきて20年以上経つというB男さん(61才)は、「東麻布と同じにおいがする」と、ドンと胸を張る。「子育てにいい環境を…と思って、緑豊かな多摩地区を見て回ったんだけど、もともと東麻布住民だったから、八王子はちょっとね…(笑い)。吉祥寺は街が洗練されているし、手入れの行き届いた一戸建てを見ても、一軒ずつが自信と地元への愛に満ち溢れていて安心感がある。“あっ、東麻布と同じにおいがする!”と今の住まいを即決したんですよ。多摩地区の中では群を抜いて素晴らしいし、クドカンのような有名人もここに住み続けていると聞くと、ものすごく誇らしいね」 それだけに、「景観」には人一倍厳しい。2007年に起きた“まことちゃんハウス騒動”を覚えているだろうか。 赤と白のビビッドなデザインが目を引いた漫画家の楳図かずお氏(80才)の自宅が、緑が多く白やベージュを基調にした外観の一戸建てが並ぶ吉祥寺地区の中で「景観が破壊される」「神経が参ってしまう」と住民から訴えられた。その後不当な内容として取り下げられたが、気まずくなってしまったのか、現在楳図氏は「まことちゃんハウス」には住んでいないという報道も…。 そんな「地元愛」に引き気味の人も。吉祥寺界隈でたびたび「うつむいて歩いていた」と目撃情報が上がるお笑いコンビ・ハリセンボンの箕輪はるか(36才)だ。「私、吉祥寺に限らず普段から、そういう歩き方なんです」と苦笑い。とは言うものの、“吉祥寺ぎらい”について聞くと、テレビで見るより饒舌に語り出した。「生まれ育ったのは同じ武蔵野市でも吉祥寺から30分離れたところだったので、その後吉祥寺駅前に引っ越した今は、なんだかこの界隈の人って『格上』だなあって気後れしています。 家賃は高いし、買い物も高級スーパーの紀ノ国屋。たまに足を踏み入れても、ワンランク上のかたがたはこんな高級な調味料を…なんて思いながら眺めるだけで、結局何も買わずに西友の特価品を買って帰ります」※女性セブン2016年11月10日号
2016.10.29 07:00
女性セブン
映画『インサイド・ヘッド』でカナシミ役の吹き替えを担当した大竹しのぶ
大竹しのぶ 女優・ハリセンボン近藤春菜の演技力を絶賛
 ピクサー・スタジオの最新作『インサイド・ベッド』が日本公開最初の2日間で32万人、興行収入4億円を突破したことで、「大ヒット記念 トークイベント」が7月28日に開催された。 出席したのは、「カナシミ」の声優を演じた大竹しのぶ。そして、同作品が「ヨロコビ」と「カナシミ」のバディを描くことから、「自分たちのことのように感動した」というお笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜(カナシミ)と箕輪はるか(ヨロコビ)もトークショーに参加。大竹は女優としても活躍する近藤の演技を絶賛した。「カナシミ」ではあるものの、近藤は満面の笑顔を見せてくれた。■撮影:小彼英一
2015.08.05 07:01
NEWSポストセブン
満面の笑顔で乾杯する2人
ハリセンボン箕輪はるかの白い歯に相方・近藤春菜も笑顔に
 6月13日、世界的ビールメーカー・ハイネケンの経営者誘拐事件を映画化したサスペンス・ミステリー『ハイネケン誘拐の代償』が公開された。これを受け、お笑いコンビ・ハリセンボンの2人が、アンソニー・ホプキンス演じる老獪な人質のトレードマークとなるタキシードに身を包み、ハイネケンを片手にツーショット。 なお、この日はかつては黒ずんでいた歯を真っ白にした箕輪はるか(35才)が歯をお披露目。相方・近藤春菜(32才)も嬉しそうです。撮影■高柳茂
2015.06.12 07:00
NEWSポストセブン
24時間マラソン走者大島美幸激励女芸人会 森三中村上不参加
24時間マラソン走者大島美幸激励女芸人会 森三中村上不参加
 世界有数のゲイ・タウンとして有名な東京・新宿二丁目。8月中旬のある週末の夜、路地裏の雑居ビルにある老舗ゲイバーの入口には「貸切」の貼り紙がされていた。この夜、同店には、まさに今が旬な超豪華な女芸人が勢ぞろいしていた。 倖田來未(30才)や芦田愛菜ちゃん(9才)のものまねで大ブレーク中のやしろ優(26才)がネタを披露すれば、椿鬼奴(41才)やミッツ・マングローブ(38才)が中森明菜や松田聖子の80年代アイドルソングで応戦! とにかく大爆笑の渦に包まれ、深夜まで盛り上がったという。 他にも、森三中の大島美幸(33才)と黒沢かずこ(34才)、ダウンタウン・浜田雅功(50才)の妻・小川菜摘(50才)に野沢直子(50才)。ハリセンボン・近藤春菜(30才)と箕輪はるか(33才)、オアシズ・光浦靖子(42才)、いとうあさこ(43才)にフォーリンラブ・バービー(29才)。さらにはKABA.ちゃん(44才)、まちゃまちゃ(37才)、ニッチェの江上敬子(28才)と近藤くみこ(30才)、ボルサリーノ・関好江(42才)という面々が参戦! このメンツでバラエティー番組が1本作れちゃうんじゃないかと思うほど超豪華なメンバーだ。「毎年夏に、小川さんが中心となって、この“女芸人会”を開いているんです。例年は、夏になるとアメリカから出稼ぎに来ている野沢さんの送別会の意味合いが強いんですけど、今年は24時間マラソンに挑戦する森三中の大島さんを激励しようと集まったんです。小川さんは大島さんのために、巨大なバルーンを用意して、プレゼントしてました」(二丁目関係者) 当初は清水ミチコ(53才)、友近(40才)、オアシズ・大久保佳代子(42才)らも参加予定だったが、仕事の都合がつかず、残念ながら欠席。ただ大島との不仲が伝えられている森三中・村上知子(33才)は、当初から来る気もなかったのか、不参加だった。※女性セブン2013年9月5日号
2013.08.23 16:00
女性セブン
破局のハリセンボン箕輪はるか 自ら恋人に別れ告げていた
破局のハリセンボン箕輪はるか 自ら恋人に別れ告げていた
「彼氏と別れたの。お互い空気みたいな存在になって…距離と気持ちが離れて行ってしまい、おつきあいしてる意味がないかなって…」 2月8日、都内のイベントで4年間交際した恋人との破局を明かしたハリセンボン・箕輪はるか(33才)。別れることにしたのは、不思議にも箕輪のほうからだったという。 彼女の恋人とは、コラムニスト、脚本家、放送作家とマルチに活躍するせきしろ氏(42才)、イチロー似のイケメンだ。 真剣交際のなかで、たびたび問題になっていたのが、せきしろ氏の女性関係だった。 箕輪が肺結核で入院中の2009年4月、『女性セブン』は彼が住むマンションに毎日女性が出入りする姿をキャッチ。さらには別の女性との公園デートも目撃している。 この騒動は、箕輪が「彼を信じる」と宣言し、決着したが、以降、せきしろ氏の気持ちは冷めていくばかりだった。「はるかさんは、“彼と話をしていても、反応がなかったり、上の空だったり…。自分に興味がないってわかる。いつまでも彼をドキドキさせるって難しい…”なんて悩んでいましたね。その姿は、乙女そのものでした」(お笑い関係者) そして、箕輪は4年に及ぶ交際を自分から終わらせたのだった。「彼の冷めた態度が全然変わらないので、愛想をつかしたはるかさんがふったそうです。もう彼に興味ないし、恋人はしばらくいらないなんて公には言ってますが、周囲には、“どうしよう…私に次のカレなんてできるのかな…”と相談しているようです」(前出・お笑い関係者)※女性セブン2013年2月28日号
2013.02.16 07:00
女性セブン

トピックス

紺色のお召し物だった紀子さま
紀子さま、悠仁さまに「悪夢の再来」 宮内庁17cm包丁送付事件、同封便箋には皇族批判
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の告発に有名歌舞伎役者たちが大慌て 関係が露見すれば廃業は必至か
女性セブン
逮捕された「RYO&YUU」
「バレないように森の中で」公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」が語っていた野外動画撮影の“対策” 実際には公園、海岸でも裸に
NEWSポストセブン
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
NEWSポストセブン
ゴルフをする女性芸能人が増えている(左は小島、右は鷲見。ともに本人のインスタより)
タイトなウェア姿を投稿しまくりの小島瑠璃子と鷲見玲奈「ゴルフ女子」枠巡る熾烈な戦い
NEWSポストセブン
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
「定年までTBSに」先輩・吉川美代子アナが期待する安住紳一郎アナのこれから
週刊ポスト
結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
逮捕された「RYO&YUU」
公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」、性的動画アップは「親公認」だった 22歳の女は愛知・香嵐渓で全裸に
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン