波多野結衣一覧

【波多野結衣】に関するニュースを集めたページです。

波多野結衣 百戦錬磨の男優より「上手い」と褒められる技巧
波多野結衣 百戦錬磨の男優より「上手い」と褒められる技巧
 いま、AV業界で話題なのが、人気AV女優・波多野結衣の“女をイカせる”テクニックだ。女だからこそわかる、女にとって気持ちのいいセックス──。 女同士のカラみで共演したAV女優たちから口々に「男優より上手い」と褒めたたえられる波多野が「本当に気持ちいい愛撫」を明かす。 男だけでなく、数々のAV女優たちをも絶頂に導いてきた波多野は、まず、男たちにこう諭す。「男の人のセックスには“勘違い”が多いんです。よくあるのが、とにかくガツガツすれば女は気持ちいいという思い込み。実は、女性は全体的に柔らかい、ソフトタッチの方が感じるものなんですよ」 女をイカせるためには、まず「性感帯」に対する固定観念を取り払うべきだという。「男性はすぐに乳首やクリトリスが性感帯だとイメージしますが、女性によっては乳首を触られるのが嫌な人もいます。 女性の性感帯は様々で、首筋、鎖骨、腋の下はくすぐったいけど、逆に気持ちいいということもあるんです。足の指を舐められると感じるコもいるし、私の場合はおヘソの穴の奥に指を優しくつっこまれるのも気持ちいい。だから私が女性にする愛撫は、キスから始めて全身上から下まで優しく触ったり舐めたりすることで、その人だけの感じるポイントを探します。 自分でも気づいていない性感帯を発見することもありますよ。でも、耳を舐める時に、耳元で激しい音をたてて吸うのはダメ。デリケートな部分だから、外側を重点的にして、中には息をふきかける程度がいいですよ」 性感帯も、感度も人それぞれ。そうはいっても、波多野にはとっておきの技があるという。「撮影で女のコにこれをすると、たいていが終わった後にこっそり私のところにきて『男優さんより気持ちよかった』って褒めてくれるんです」 波多野が紹介するのは、どんな女性をも絶頂に導く舌技だ。「自分が男性にされて気持ちよかったことを組み合わせて編み出したんです。男性はクリの皮をめくって直接、尖らせた舌で舐めたり、思い切り吸ったりしがちです。でも、それって言いにくいけれど痛い時もあるんです。 だから私は、クリでも、皮の上のかぶっている部分を集中的に舐める。あえてめくらずに皮のまま舐めるんです。それで時々、ちょっとだけ優しく吸ってあげます」 ポイントが「舌使い」だ。「大事なのが、舌を“うねうね”させることです。クンニの時に舌を堅く尖らせずに、まずは舌を広げて柔らかくした状態にします。ピンポイントで舐めるのではなくて、口を『あ』を発音するときの形に開いて、舌全体を使ってうねうねさせる。8の字や上下の動き、色々と組み合わせてみるんです。 それをしながら、私は1cmくらい間隔を空けた指2本をアソコにゆっくり入れてみて、指の腹でくいくいっと上の方を刺激しながら反応を見ます。そうすると女のコのアソコから溢れるくらい愛液が出てくるんですよ」 そうなったとしてもグイグイ攻めるのはご法度。気遣いが大事だという。「女性は本当は気持ちよくなくても言えなくて、気持ちいい演技をしてしまいがち。だから私は『ここは気持ちいい?』『痛くない?』と何回も聞いてあげます。それに体は正直なので、本当に感じている時は、クンニと同時にアソコの中に入れている指が締めつけられる感じがするから、それで判断できます」※週刊ポスト2016年10月28日号
2016.10.18 15:59
週刊ポスト
AV女優音楽ユニット 人気背景にアイドルの清廉性との深い関係
AV女優音楽ユニット 人気背景にアイドルの清廉性との深い関係
 AKB48グループ、モーニング娘。’15、ももいろクローバーZなどをはじめとしたアイドルグループが人気を集めているが、その一方で、AV女優たちで構成されるアイドルユニットが続々と誕生し、人気となっている。 そもそものきっかけは2008年、深夜番組『おねがい!マスカット』(テレビ東京)のレギュラーで結成された、恵比寿マスカッツが話題になったことだ。蒼井そら、麻美ゆま、ら人気AV女優たちで結成された同グループはCDリリースだけにとどまらず、各地でコンサートが開かれ、多くのファンが駆けつけるほどの人気に。 2013年には、成瀬心美や神咲詩織、波多野結衣といった単体で人気女優が『me-me*』を結成。同グループは日本にとどまらず、台湾でも抜群の人気を誇る。1月には単独公演のため台湾入り。空港に到着した際には花束やプレゼントを渡そうと、多くのファンが詰めかけ、警備員が動員されるほどの大混雑となった。 ほかにも、今年2月には、初美沙希や湊莉久ら4人のユニット『KUHN』が結成され、ライブを中心に活動を行い、多くのファンを動員している。 7月末には、『ミリオンガールズZ』が、恵比寿マスカッツ以来のメジャーデビューを果たした。メンバーは、人気者ばかり。ヤングジャンプ制服コレクションにノミネートされるなど人気グラビアアイドルの経歴を持ち、数多くのテレビ出演もある星美りか、某アイドルグループの一員として活躍していた佐倉絆、テレビや映画でも活躍中の友田彩也香、桜井あゆ、そして、新人の絢森いちかの計5人だ。 いったいなぜAV女優たちのユニットが次々と登場しているのか? AV事情に詳しいライターは次のように話す。「一昔のように今のAV女優は現場で絡みをやっていればいいという時代は終わったと言えます。やはり彼女たちの人気商売。毎月のように次々とAV女優が生まれてきます。その中で生き残っていくにはAVだけをやっていればいいだけじゃないんですね。 それに業界全体の売り上げも落ちていることも意味します。昔までだったら作品を出せばよかったわけですが、そういうわけにはいかなくなった。音楽活動でどれだけ売上を上げられるかというのは未知数ですが、それ以外の活動をやって、知名度をあげることで、本業へつなげられるということも考えているのではないでしょうか」 ライブ会場には多くの男性ファンが駆けつけるというが、彼女たちを応援する理由についてファンたちはこんなふうに語っている。「AVをいつも見ているという親近感や身内感みたいなもの」(30代男性)「AVだけをやっていればいいかもしれないけど、仕事自体、大変なのに、歌手活動に全力で力を注ぐひたむきさに惚れました」(40代男性)「やっぱ本物の歌手じゃないからヘタですよ(笑い)。でもヘタなりにがんばっている姿にだんだんと胸を打たれてくるようになるんです」(40代男性) ファンにとってはアイドルを応援するように彼女たちを応援しているのだ。それだけ熱くなれる理由について、前出のライターはこう分析する。「作品内で裸を見せているし、エッチシーンも見せているのに、なぜアイドル的に応援できるのか?と思いがちですが、AVをやっているというのはファンにとっては実はあまり関係ない。今やアイドルだって、恋愛ネタが報じられたり、アイドル辞めたあとにAVに進出するコだっていっぱいいるわけです。もはやアイドルに清廉性みたいなものは求められなくなっているのです。彼らにとっては“好きになったアイドルがたまたまAVの仕事もやっていた”というだけ。アイドルとなんら変わりがないんですよ」 AV女優のユニットが地上波の音楽番組で活躍する日も近いかもしれない。
2015.08.23 16:00
NEWSポストセブン
中国政府による日本人セクシー女優追放運動が日に日に高まる
中国政府による日本人セクシー女優追放運動が日に日に高まる
 中国で人気トップを誇る蒼井そらの次を狙うAV女優が続々と登場している。その筆頭である波多野結衣は「波姐」のニックネームで人気を博し、中国の性具メーカーのイメージキャラクターを務める。その他にも、沖田杏梨、吉沢明歩、JULIA、天海つばさ、滝澤ローラといった女優が人気だ。 だが、そうした人気の裏で、政府による「AV女優狩り」ともいえる規制が始まっていた。中国での販売を担当する日本のアダルトグッズメーカー社員は、中国当局の動きに異変が生じていると証言する。「数か月前からAV女優が出演するイベントに対して、相次いで出演禁止や自粛要請が出されている」 中国の成人用品(アダルトグッズ)展示会に日本人AV女優がゲストとして呼ばれ始めたのは2010年頃。年々来場者が増え、北京や上海など大都市だけでなく地方都市でも開催されるようになった。大都市開催のイベントなら世界20か国、100社を超える企業が出展するほど大規模なものになっている。 ところがそうした盛況ぶりに批判的な女性団体が反対運動を始めた。「2014年5月に上海のテレビ局が人気番組で『成人用品展示会にAV女優は必要か』というテーマの討論を開催し、女性団体の代表者や識者が大真面目に議論する様子が話題になりました」(上海在住ジャーナリスト) AV女優追放運動が日に日に高まる中、2014年8月に事件が起きた。大連で初めて開催された成人用品展示会にAV女優の北川杏樹と丘咲エミリがゲスト出演。イベントの最中に、会場に紛れ込んだ女性団体の面々から卵やペットボトルが次々に投げ込まれたのだ。現場にいた関係者がいう。「幸い2人とも無事でしたが、司会者はケガをしました。即刻、ステージは中止です。中国側のアテンドは最初から心もとなかったし、通訳の質も悪かった。不安なままイベントが行なわれ、最悪の結果になりました」 そのトラブルが全国に報じられたことで、当局が動き出した。「大連のトラブルの直後、9月に予定されていた北京のイベントに対して、当局からAV女優出演禁止通達が出ました。『大連でケガ人が出たので危険だから』という理由でしたが、ネットのアンケートで卵を投げた行為に対する支持が多数を占めたことも大きかったと思われます。 1社だけAV女優を出演させたブースがあったのですが、すぐに警備員が駆けつけて強制終了させられました。11月の広州のイベントも女優の参加は禁止でした」(前出・メーカー社員) この北京のイベントでは、抗議団体やボランティアがネット上で「犯行予告」を行なっていた。〈これは紛れもない色情汚染。大連では(臭いのある)発酵タマゴが使われたが、北京ではどんなプレゼントをお見舞いしてやろう〉 さらに追い討ちをかけたのが2014年12月末、上海・外灘(ワイタン)で起きた将棋倒し事故だ。死者は36人にのぼり、上海市公安局の職員約10人が更迭された。AV女優が出演すれば1日に1万人以上を動員する成人用品展示会は当局にとって最も警戒すべきイベントとなった。 4月9~12日に行なわれた上海での展示会も例外ではなかった。「当局の意を汲んだ主催者は事前に出展企業にAV女優出演自粛の通達を出しました。しかし、今年は例年より大きな会場を使うことが決まっていたので、AV女優がいないと集客できない。 交渉した結果、『服を脱がない』『派手にやらない』に加え、『ブース内の事故は自分で責任を持つ』という条件で女優の出演が承認されました」(前出・メーカー社員)※週刊ポスト2015年4月24日号
2015.04.15 16:00
週刊ポスト
中国で大ブレイクの蒼井そらを追いかける一番手は波多野結衣
中国で大ブレイクの蒼井そらを追いかける一番手は波多野結衣
 韓国や中国で行われる映画やイベントに日本人セクシー女優が頻繁に登場し、現地の男性たちを熱狂させている。中国での日本人セクシー女優大ブレイクの先駆者は蒼井そらだ。今や、中国男性の中で彼女の名を知らぬ者はいないといわれ、知名度は日本よりもアジア、とりわけ中国で高い。女優のアジア進出を手がけるAVメーカーのプロデューサーが語る。「蒼井そらは2008年の四川大地震の時にブログで募金を呼びかけたことで一躍有名になりました。2012年の反日デモの時には『釣魚島是中国的、蒼井空是世界的(尖閣は中国のもの、蒼井そらは世界のもの)』という手作りの横断幕を掲げた中国人の若者がいたことも話題になりました」 その人気ぶりは数字でも証明されている。中国版ツイッター「微博」で彼女をフォローする人数は1500万人を超える。東京都の人口を上回る中国人男性が彼女のつぶやきを心待ちにしている。 そんなトップ女優を追いかける一番手は波多野結衣だ。涼しげな目元に白い肌、細くしなやかなスタイルが台湾の清純派女優に似ていることから「暗黒(ブラック)リン・チーリン」と呼ばれ、中国の性具メーカー「理想国際」のイメージキャラクターを務める。この4月に公開される映画『沙西米(サシミ)』では女体盛りを披露して話題となり、台湾では露出が多い映画ポスターが屋外での公開を禁じられた。 蒼井、波多野の他にも、「吉沢明歩、天海つばさ、白石茉莉奈、JULIA、橘梨紗、滝澤ローラといった女優が人気です」(アダルトグッズ関連の情報サイト「性商網」広報担当者) 彼女たちの多くは映画に出演するだけでなく、ファンイベントや撮影会を開催したり、クラブでポールダンスショーを披露したりするなど、そのサービス精神で中国男性を魅了している。 ネット上にはイチ押しの女優を熱く語るブログが多数あり、独自のランキングを発表する人もいる。彼らは「俺は波姐(波多野結衣)が好き」「沖田杏梨こそ人類最強ボディだ」などと日々論争を繰り広げている。※週刊ポスト2015年4月17日号
2015.04.09 16:00
週刊ポスト

トピックス

紺色のお召し物だった紀子さま
紀子さま、悠仁さまに「悪夢の再来」 宮内庁17cm包丁送付事件、同封便箋には皇族批判
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の告発に有名歌舞伎役者たちが大慌て 関係が露見すれば廃業は必至か
女性セブン
逮捕された「RYO&YUU」
「バレないように森の中で」公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」が語っていた野外動画撮影の“対策” 実際には公園、海岸でも裸に
NEWSポストセブン
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
NEWSポストセブン
ゴルフをする女性芸能人が増えている(左は小島、右は鷲見。ともに本人のインスタより)
タイトなウェア姿を投稿しまくりの小島瑠璃子と鷲見玲奈「ゴルフ女子」枠巡る熾烈な戦い
NEWSポストセブン
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
「定年までTBSに」先輩・吉川美代子アナが期待する安住紳一郎アナのこれから
週刊ポスト
結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
逮捕された「RYO&YUU」
公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」、性的動画アップは「親公認」だった 22歳の女は愛知・香嵐渓で全裸に
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン