鈴木紗理奈一覧

【鈴木紗理奈】に関するニュースを集めたページです。

グラビア界の巨頭会談 自分の事務所のタレントを守る覚悟
グラビア界の巨頭会談 自分の事務所のタレントを守る覚悟
 1980年代、2つの芸能事務所による快進撃がはじまった。グラビアでタレントの知名度を上げる手法を確立し、多くのグラビアスターを輩出した芸能事務所・イエローキャブとアーティストハウスピラミッド。そのトップであった野田義治氏(74)と森山幸男氏(69)の2人の“ライバル”が初めてメディアで語り合った。ノンフィクション作家・本橋信宏氏による司会のもと、グラビア全盛期に繰り広げられた熱き戦いが甦る。森山:野田さんもそうだと思うんだけど、タレントってね、グラビアで人気が出る瞬間、「あ、これはいくぞ」って感じになる。「来たぞ」っていう感じはすごく嬉しいし気持ちいい。でもね、売れてからは楽しくないんですよ。野田:そう。本当にまさにその通り。──来たぞ、というのは具体的にどんな時ですか?森山:問い合わせが来たりすると、来たぞという感じになりますね。(テーブルに置かれた週刊ポストのグラビアを指して)たとえばの話ね、この白波瀬海来ってうちの子ね、ヤング誌から今日、問い合わせがあったんですよ。嬉しいじゃないですか。久しぶりだったね。◆「そんなことしたらオレ、腹かっ捌くから」森山:僕は野田さんより5歳若い、今69歳ですけど、マネージメントも自分でやってますから。誰から何と言われようと自分で全部。野田:けっこう力技使ってるからね、この人(笑い)。自分で編集部に電話するんだから。──たしかに森山さんから電話がかかってきたり、この2人に乗り込まれたら(笑い)。野田:いや、乗り込みはしないんだけど、電話がおっかない(笑い)。森山:そんなことないですけどね(笑い)。まあ古いけど、義理人情ってあるからね。自分の所のタレントが困った時ね、大事なのは社長が体張るか張らないかですよ。野田さんが言ってたでしょ。「うちのタレントがそんなことしたらオレ、腹かっ捌くから」って。あれ、強烈だよね。マネージャーの鏡だよ。オレなんてイヤだね、痛いから(笑い)。野田:よく言うわ。必ずやるからねこの人(笑い)。森山:やんない、やんない(笑い)。今はもうちょっとスマートにやらないといけない時代だからね。◆ピラミッドの子をよく触ってた森山:昔言ってたじゃない、うちの子のおっぱい触ったりして「水着は下から入れてもっと上に上げるんだ」とか。この本(本橋氏が上梓した野田氏の評伝『新・巨乳バカ一代』)にも書いてあったよ。野田:オレ、(森山さんに)1回怒られなかったっけ?森山:「いじんないでください」って言った(笑い)。野田:オレはね、ピラミッドの子をよく触ったな。それはね、水着の着け方を教えたの。結局、ほら、オレの水着の選び方っていうのは、小っちゃ目を選ぶんです。胸が大きく見えるから。そうすると女の子が癖で全部こうやって(上に持ち上げるポーズ)水着を上に上げるんですよ。そうしちゃうと大きく見えなくなっちゃう。だから着け方を教えたわけ。森山:でもね、野田さんね、大変僭越ですけど、もう1回昔の野田さんに戻ってほしいのよ。巨乳(を売り出すこと)やったら右に出る人いないんだもん。野田:同じ世界で仕事してきて(森山さんと)ぶつからなかったのは、ものの見事にね、女の子の趣味が違うからなの。だから同じことしてるんだけど、バッティングしないのよ。森山:基本的に巨乳は好きですよ。野田:やっぱり、みんなに言われるのよ。「もう1回胸の大きな子、売り出して」って。森山:そう!! まだ若いんですから。【プロフィール】◆のだ・よしはる/1946年生まれ、広島県出身。サンズエンタテインメント会長。上京後、いくつかの職を経て渡辺プロダクションに入社。いしだあゆみや朝丘雪路、夏木マリらを担当。1980年頃イエローキャブを設立し巨乳ブームを巻き起こした。◆もりやま・ゆきお/1951年生まれ、東京都出身。アーティストハウスピラミッド代表取締役社長。大学卒業後、ゆうせん企画に入社。1987年に独立しアーティストハウスピラミッドを設立。鈴木紗理奈や熊田曜子などグラビアから多くのスターを輩出している。●聞き手/本橋信宏(もとはし・のぶひろ):1956年生まれ。ノンフィクション作家。執筆分野はAV、街歩きなど幅広い。昨年、著書『全裸監督 村西とおる伝』(太田出版)を原作としたドラマ『全裸監督』がネットフリックスにて世界配信され、大きな話題に。野田義治氏が手がけた巨乳ビジネスと芸能界の裏側に迫った新刊『新・巨乳バカ一代』(河出書房新社)が発売中。※週刊ポスト2020年7月3日号
2020.06.26 16:00
週刊ポスト
グラビアスターを多数輩出した2人の社長、初対談で戦略語る
グラビアスターを多数輩出した2人の社長、初対談で戦略語る
 1980年代、2つの芸能事務所による快進撃がはじまった。グラビアでタレントの知名度を上げる手法を確立し、多くのグラビアスターを輩出した芸能事務所・イエローキャブとアーティストハウスピラミッド。そのトップであった野田義治氏(74)と森山幸男氏(69)の2人の“ライバル”が初めてメディアで語り合った。ノンフィクション作家・本橋信宏氏による司会のもと、グラビア全盛期に繰り広げられた熱き戦いが甦る。──雑誌のグラビアに巨乳を溢れさせた最大の功労者として、今回奇跡の初対談になりました。特に森山社長が誌面に登場するのは極めて稀なことです。森山:そうなんだよ。あまりメディアに顔出さないからね。2002年に雑誌のインタビューに一度出ただけだから。野田:対談の話があった時、相手が森山社長ならいいとオレから言ったの。森山:嬉しいね。オレと野田さんの40年近い長い付き合いのなかで、野田さんがイエローキャブから堀江しのぶを出して、かとうれいこ、雛形あきこを出した時に、オレは鈴木紗理奈を出したんだけど、野田さんが誰か売り出した時にオレも常に誰かを出してきたんですよ。ところが、ある時期に野田さんが3人同時に売り出した。それでオレ、電話したことあるんだよね。覚えてないかな?野田:それは覚えてるけど。森山:「オレ、野田さんの背中も見えねえよ……」って。オレは相当がんばんないと野田さんの背中が見える所まで行けねえと思ったんだ。行けねえだろうなとは思ったけど、まあがんばりゃなんとか追いつくもんだね。野田:追いつくよ。うちがかとうれいこ、細川ふみえを出した後、小池栄子・サトエリ(佐藤江梨子)・MEGUMIを売り出した頃ね。──2000年前後ですね。森山:その時です。オレの所にぶつけられるタレントがいなかったんですよ。でも対抗して、直後にうちも熊田(曜子)、夏川(純)って出したの。◆“学園祭の女王”千堂あきほ野田:いやいや。その時はね、森山さん、ほら、コトの始まりは80年代に千堂あきほが“学園祭の女王”って呼ばれてワイワイワイワイやってた頃ですよ。それで僕は“学園祭の女王”って名前で大々的にうちの子を売り出すことができなかったのよ。もう一人、他の事務所から出た杉本彩もそう呼ばれてたし。森山:そうそう、杉本彩が元祖だね。それを真似たんだよ。ほとんどオレ、真似だから。だからオレは野田さんの戦略も真似するしかなかったわけだから。ノウハウもないんだもん。野田:それでいいんだよ。オレは真似されてるっていう気がなくてさ。次に(森山社長は)「どういう手を使ってくるかな」っていうことばかり気になってたから。中條かな子もね。あの子も“学園祭の女王”って呼ばれてた。森山:中條(かな子)はうちの4人目のタレントなんですよ。当たったんだけど、幸せに結婚しちゃった。野田:しょうがないじゃん、幸せなら。それに結婚した相手は、広島東洋カープの元監督(緒方孝市)だからね(笑い)。オレんちの子(元タレントの八幡えつこ)もカープのキャッチャー(石原慶幸)と結婚したから(笑い)。当時の正捕手の女房になったんだから、「いいよ」って言ったの。結婚するならピッチャーはダメ、キャッチャーは頭がよくないとできないからさ(笑い)。森山:中條の時は緒方さんが挨拶に来てくれてね、非常にジェントルマンで頭いいこと言っていたから、「じゃあもうオレの所にいるよりね、結婚したほうが幸せになるから、そうしてください」って言った。結婚式に出席したけど、複雑な気持ちで……でもまあ今、幸せになってるしね。いい子供にも恵まれたしあの時は残念だったけど、今思うと本当によかったなって。──所属タレントが、「結婚します」、と打ち明けた時はどうしますか?森山:僕はもう全然、反対しないですね。野田:オレはね、相手の男を見て、「こいつだったら女房を食わせていけるだろうな」っていう男じゃないと、やっぱりOKできなかったっていうのはあったよね。【プロフィール】◆のだ・よしはる/1946年生まれ、広島県出身。サンズエンタテインメント会長。上京後、いくつかの職を経て渡辺プロダクションに入社。いしだあゆみや朝丘雪路、夏木マリらを担当。1980年頃イエローキャブを設立し巨乳ブームを巻き起こした。◆もりやま・ゆきお/1951年生まれ、東京都出身。アーティストハウスピラミッド代表取締役社長。大学卒業後、ゆうせん企画に入社。1987年に独立しアーティストハウスピラミッドを設立。鈴木紗理奈や熊田曜子などグラビアから多くのスターを輩出している。●聞き手/本橋信宏(もとはし・のぶひろ):1956年生まれ。ノンフィクション作家。執筆分野はAV、街歩きなど幅広い。昨年、著書『全裸監督 村西とおる伝』(太田出版)を原作としたドラマ『全裸監督』がネットフリックスにて世界配信され、大きな話題に。野田義治氏が手がけた巨乳ビジネスと芸能界の裏側に迫った新刊『新・巨乳バカ一代』(河出書房新社)が発売中。※週刊ポスト2020年7月3日号
2020.06.25 16:00
週刊ポスト
近江アナが退社よりも前に『あさイチ』を卒業したのはなぜ?
NHK近江友里恵アナ「局内結婚」いじられない事情
 かつては『ブラタモリ』のアシスタント、そして現在は『あさイチ』のMCと、NHKの看板番組で活躍する近江友里恵アナが極秘入籍していたことが報じられた。 一報を打ったネットニュースサイト『デイリー新潮』(5月20日配信)によれば、お相手は同じNHK局員で15歳上のプロデューサー。現在は仙台放送局に勤務しており、“遠距離婚”の状態だという。NHK局員が語る。「入籍は昨年5月で、この1年あまり、局内でも近江アナの結婚について知っている人はほとんどいませんでした。よく隠し通せたな、と驚きの声が局内でも広がっています」 発覚後も、近江アナの結婚は番組内でまったく“いじられて”いない。「『あさイチ』は有働由美子アナの明け透けなトークで話題を集めてきたように、NHKにしては軽いノリが許される番組ですが、近江アナの結婚が報じられた後も放送では一切触れられていません。5月25日のテーマは『離婚』で、出演者の博多華丸・大吉さんや鈴木紗理奈さんが、近江アナにそれとなく入籍の話題を振るのではないかと注目していましたが、完全スルーでした」(テレビ誌記者) 前出のNHK局員は、「背景には近江アナの強い意向があったようです」と話す。「年の差もあり、近江アナの両親が結婚に反対だったらしい。それを振り切って結婚に踏み切ったこともあり、いまだに両親に負い目を感じているとか。近江アナの両親は彼女の出ている番組をほとんど見ているそうで、“新婚オーラ”を画面越しに伝えたくないのでしょう」 結婚トークが解禁される日が待ち遠しい。
2020.06.01 16:00
NEWSポストセブン
たむけんが「エージェント契約」 お笑いよりビジネス重視か
たむけんが「エージェント契約」 お笑いよりビジネス重視か
 新型コロナウイルスの感染拡大による自粛生活で、芸能人も活発な行動ができなくなっている中で、ひっそりと大きな決断をしたお笑い芸人がいる。たむけんこと、たむらけんじ(47才)が、この春から所属先の吉本興業とエージェント契約を結んでいたことが分かった。同事務所では、極楽とんぼの加藤浩次(51才)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(48才)、友近(46才)に続いて4人目だ。 エージェント契約とは何か。大まかに言えば、従来の「マネジメント契約」では事務所はタレントのスケジュールなども管理していくが、「エージェント契約」では事務所が仕事の獲得は行うものの、スケジュール調整やマネージャーの雇用、リスクマネジメントなどはタレントが個人で行うという。 たむらと吉本との交渉がスタートしたのは昨年末。当時、たむらはSNSで〈吉本興業に入って27年、まさか会社とこんな対等な話し合いをさせてもらえるなんて夢のようでした〉と報告をしていた。しかし、年が明けた1月6日の2回目交渉時には〈マジか。。。何も変わってへん。。。のか???〉と、吉本に対して不満を抱えているかのようなコメントをSNSに残していた。そこからも交渉は続き、この4月にエージェント契約に切り替えたという。 そもそもたむらは、実業家と芸人を両立させる“ハイブリッド芸人”として知られる。15年以上前から焼肉店の経営を続け、今では中古車販売、ペット関連ビジネスと手広く事業を拡大。この3月からは、かつての恋人の鈴木紗理奈(42才)と「さりけんちゃ~ンネル」という“カップルチャンネル”をYouTubeでスタートさせると、4月からは個人チャンネルも開設。以来、毎日のように配信し続けている。テレビ局関係者が語る。「最近のたむらは、実業家としての仕事が本業で、芸人活動は宣伝になってきている。東京でのレギュラー番組はなく、芸能活動のみではあまりお金になっていない。今回のエージェント契約は、お笑いよりもビジネス重視のたむららしい判断といえるでしょうね」 そんなやり手ゆえ、加藤や亮との違いも指摘されている。「加藤さんは、去年7月の吉本の闇営業問題の渦中でエージェント契約を提唱した張本人。亮さんは、相方の淳さんが気を遣って“禊”の意味合いで契約を見直した、という明確な理由がありました。たむらさんの場合は、そうしたやむを得ない状況ではない。どうも“後輩芸人たちに新しい芸人像を見せるため”という大義を持っているのではないか、と周囲は見ています」(後輩芸人) 一方で、別の狙いもあると見るのは関西のお笑い関係者。「実はたむらさんは、かつては政治家への転身を考えていると言われていました。東京では獅子舞片手の一発屋芸人の印象ですが、関西のテレビ界では一定の評価がある。やしきたかじんさん(享年64)や上沼恵美子さん(65才)のような座を狙えるとも評されています。より独立性の高い契約に変えたことで、自由に発言、行動できる立場となったわけで、今後、華やかな転身を発表する可能性もありますね」 吉本興業に取材依頼をしたが、期日までに回答はなかった。 敏腕経営者だけに先を見越しているようだが、この決断の影響は、今後の数年間ではっきりしていきそうだ。
2020.05.26 16:00
NEWSポストセブン
離婚は避けられなかった(ABACA PRESS/時事通信フォト)
東出昌大を擁護する芸能人、“無能な身内”が足引っ張る例
 東出昌大(31)が、唐田えりか(22)との不倫を受け、CMを4社降板となった。今回の騒動では東出の“イクメン”“おしどり夫婦”的イメージとはあまりにも異なる実態が明らかになっただけに、「通常の不倫報道よりもネット上のバッシングは苛烈になっている。これに匹敵するのはベッキーと矢口真里の時以来」(ネットニュース編集者・中川淳一郎氏)という意見もあるように、第一報から2週間近くが経過しているにもかかわらずなかなか収束しない。 そんな状況に苛立ちを感じたのか、多くの男性芸能人がこの件について直接的ないしは間接的に東出を擁護する意見をテレビ番組やSNSで発信し続けている。具体的な個人名を出すことは避けるが、論調としては以下のようなものだ。「どうしてしょせんは他人のことなのにここまで徹底的に糾弾するのか? 無意味な行為だろう」「不倫を擁護するわけではないが、明らかに度を越した叩きっぷりだろう」「東出を叩いて良いのは妻である杏と仕事関係者のみ」 まったくもって正論なのである。とはいっても、こうして発言をすることはその芸能人にとってはあまり得策ではない。東出・唐田に対するネット上の罵詈雑言の数々に嫌気がさしているのだろうが、結局、ネットでは「こいつも不倫をしているからこんな発言をするのだろう」といった方向に収束してしまうのだ。 今回の件で「とにかく東出さんの不倫について言及するのはやめてくれ……」と嘆きが聞こえてくるのが広告業界だ。何しろ、「芸能界の男ども“総出”で東出昌大を過剰擁護の異常事態!」(まいじつ)、『「鈴木紗理奈のコメントが真理!」と賛同の声 東出昌大を擁護する芸能人が“男ばかり”のなぜ』(Techinsight)といった記事が出て、擁護した男性芸能人がまとめられているのだ。 後者の記事については鈴木紗理奈が『サンデージャポン』(TBS系)で「竹山さん、浮気してんのとちゃうかな」というジョークを発したことに触れられているが、これがまさに擁護者に対するネットの意見の多くなのだ。広告代理店のプランナーはこう語る。「今、クライアントからはタレントの『身体検査』がこれまで以上に厳しく求められています。過去に不倫経験がある人を起用するのは躊躇しますし、今回のような“擁護者”と捉えられかねない人に対しても起用をためらってしまうかもしれません。ネットの声や鈴木紗理奈さんが述べるように、自分も不倫しているから擁護しているのでは?と余計な詮索をされてしまいます。いくら正論であろうが、こうした発言への反発が毎度出ていることを知っていてあえて発言する必要はないのでは」 これは発言を封じようということではなく「どうせ反発されることを言う判断に疑問」といったところだろう。男性芸能人がこうした発言をすることに対し、「身内からの擁護」的な指摘も出ているのだが、これに既視感があるというのは前出の中川氏だ。「2015年の東京五輪エンブレム騒動では、当初発表されたエンブレムのデザインが“パクリ”だとベルギーのデザイナーから声があがり、以後エンブレムをデザインしたデザイナーがパクリの常習犯、的な扱いを受けました。その時、名の通ったデザイナーが一斉に彼を擁護しましたが、結局は火に油を注ぐだけでした。ネットでは『セレブの皆様方が我々を見下していらっしゃるのですね?』といった反応が多かった。一部デザイナーは当該デザイナー同様に過去の作品を引っ張り出され、パクリ疑惑をネットで指摘される事態になりました」 結局、擁護をしたデザイナーが軒並み非難の的となり、騒動が収束するばかりか連日の「ガソリン投入」状態になり、炎上が続く一因となった。今回の件についても同様の構図となっているというのだ。 結局“無能な身内”が当事者をより窮地に追い込み、さらには自分自身にも火の粉がふりかかってしまうということだろう。
2020.02.04 16:00
NEWSポストセブン
紗理奈の胸見せ和解の小栗旬と窪塚洋介 ハリウッド共演も?
紗理奈の胸見せ和解の小栗旬と窪塚洋介 ハリウッド共演も?
 窪塚洋介(40才)が10月12日、自身のインスタグラムに小栗旬(36才)とのツーショット写真を掲載した。これにフォロワーが即座に反応、「これって『GTO』の20年後では」と、1998年に2人が高校生役で共演したフジテレビのドラマ名を挙げて盛り上がった。この共演以来、親交の深かった両者だが、一時期は深刻な仲違いをしそうになったことがあったという。「1年ほど前、鈴木紗理奈さん(42才)がバラエティー番組に出演した際に、ピー音で実名を伏せられながらでしたが、俳優2人のけんかを止めたエピソードを話していました。演技論で熱くなった2人を見て、『けんかはやめろ』と言うだけでなく、気をそらすために『私の胸を見ろ!』と上半身裸になり、笑いを誘ってその場を収めたという話でした。鈴木さんは『おっぱいは世界を救う』と豪語していました。 放送後ネット上では2人の俳優の“大捜索”が始まり、のちに小栗さんと窪塚さんだと、ほぼ特定されたのです」(テレビ局関係者) 文字通り鈴木が一肌脱いだことで、2人の関係はより深いものになったようだ。あれから約1年。今度は場所をアメリカに移して、冒頭のツーショットが披露された。 小栗は現在、妻の山田優(35才)と2人の子供とともに、アメリカの西海岸に拠点を置いている。夢だったハリウッド進出に本格的に乗り出したのだ。「一足先に渡米していたのが窪塚さんです。2017年に、巨匠、マーティン・スコセッシ監督の『沈黙―サイレンス―』で、物語の重要な役割を握る役に抜擢されています。小栗さんはアメリカでの活躍の先輩でもある窪塚さんに、これまで以上に大きな刺激を受けているようです。例の“おっぱい騒動”が小栗さんのアメリカ進出の手助けになった、と言う人もいます」(映画関係者) いつか、ハリウッドで2人が共演する日が来れば、鈴木の成し遂げた仕事は果てしなく大きい。※女性セブン2019年11月7・14日号
2019.10.26 16:00
女性セブン
いいとも、スマスマ、めちゃイケ… 平成後半に終了した名物番組の思い出
いいとも、スマスマ、めちゃイケ… 平成後半に終了した名物番組の思い出
 平成という時代で大きく変わったのがテレビの立ち位置。平成前半までは、テレビが娯楽の王様でしたが、2000年代に入ってインターネットとスマートフォンが一気に普及し、猛烈に進化を遂げたことで、一気にテレビ離れが進みました。とはいえ、今でも大きな影響力を持っているのがテレビ。平成の31年間のうちに終わった名物長寿番組について、まだ記憶が新しい方から順番に、ライターの金子則男氏が振り返ります。【みなさんのおかげでした(フジテレビ系):1997~2018年】 前番組の『みなさんのおかげです』から数えれば、およそ30年間続いた『みなおか』。裏方を集めたユニットで紅白歌合戦にまで出てしまった「野猿」、数々の才能を発掘した「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」、芸能人が超高額の買い物をする「○○、××を買う」など、数々の伝説的な企画がありましたが、最もヒットしたのは「食わず嫌い王」でしょう。 これは2人のゲストが、好きな料理3つと、嫌いな料理1つの計4品を食べ、互いに相手の嫌いな料理を当てるというもの。超大物がゲストに来ることもあり、この企画ばかりやっていた時期もありました。【めちゃ×2イケてるッ!(フジテレビ系):1996~2018年】 ナインティナイン、よゐこ、極楽とんぼ、雛形あきこ、鈴木紗理奈、オアシズら、固い結束を誇るメンバーが爆笑を生み出した『めちゃイケ』。メンバーや芸能人のおバカ回答に呆れる「抜き打ちテスト」をはじめ、「私立岡村女子高等学校。」「やべっち寿司」「数取団」など、名企画はいくつもありますが、特に記憶に残っているのは「岡村オファーシリーズ」でしょう。これは岡村があることに挑戦する様子を追ったもので、SMAPやEXILEのライブへの参加、マラソン、ゴルフ、ボクシングへの挑戦など、ジャンルはさまざま。また2010年には、岡村の休養~復帰というドラマもありました。【いきなり!黄金伝説(テレビ朝日系):1998~2016年】 過酷な企画に挑戦し、その様子を余すところなく伝える『黄金伝説』。その名に違わず、「1か月1万円生活」「○○だけで1週間」「サバイバル生活」など、数々の伝説を生み出し、よゐこ濱口の「獲ったどー!」というセリフは、番組を象徴する一言として広く浸透しました。【SMAP×SMAP(フジテレビ系):1996~2016年】 平成において、終了がもっとも騒がれた番組と言えば、『スマスマ』(と後述の『笑っていいとも』)。看板コーナーの「BISTRO SMAP」をはじめ、SMAPのメンバーが歌にトークに、芸達者ぶりを見せつけ、従来の男性アイドルの枠にとらわれない活躍ぶりを見せました。2016年初頭のSMAP解散騒動時には、メンバーが生放送でグループ存続の方針を示唆しましたが、結局グループは同年内に解散することになり、番組も終了しました。【ライオンのごきげんよう(フジテレビ系):1991~2016年】『笑っていいとも』とともに、日本のお昼の大定番番組だったのが、小堺一機が司会のトーク番組『ごきげんよう』。一時は、「お昼はフジテレビをつけっぱなし」という人も多かったはずです。『ごきげんよう』といえば、サイコロを振って、出た目のネタを話すサイコロトーク。「何が出るかな♪ 何が出るかな♪」からの「なさばな~~。『情けない話』です」という流れは、『いいとも』と同様、まさに日本のお昼の風景でした。【チューボーですよ!(TBS系):1994~2016年】“巨匠”堺正章がゲストともに料理に挑戦するこちら。土曜23時台という深い時間帯ながら、人気は高く、堺の「星3つです!!」というフレーズは強く印象に残っています。雨宮塔子アナ、小林麻耶アナ、枡田絵理奈アナなど、歴代のアシスタントが人気者になったのもこの番組の功績の1つでしょう。【さんまのSUPERからくりTV(TBS系):1992~2014年】 日曜19時という家族団らんの時間帯に22年も放送された『からくりTV』は、明石家さんまが司会のバラエティ番組。形式的にはクイズ番組でしたが、知識が問われるようなものではなく、「この後どういうアクシデントが起きたでしょう」「この後、○○さんは何と言ったでしょう?」といった具合でした。名物は何と言っても、「ご長寿早押しクイズ」。TBSの鈴木史朗アナと、珍回答を連発するお年寄りとのやり取りに腹を抱えて笑った人は多いはずです。【森田一義アワー 笑っていいとも!(フジテレビ系):1982~2014年】 昭和にスタートして実に32年間も放送され、番組の終了が一大事件となったのが『いいとも』です。オープニングのテーマ曲、タモリと観客とのやりとり、ゲストが電話をして次のゲストへと繋ぐ「テレフォンショッキング」、「また明日も見てくれるかな?」「いいとも~~!」のエンディングまで、その流れのすべてが日本のお昼の風景として多くの人の頭にインプットされ、番組終了時には「タモロス」も発生しました。最終回には、ビートたけし、明石家さんま、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、とんねるず、ナインティナイン、爆笑問題ら、錚々たるメンバーが出演。まさに平成を代表する番組でした。【トリビアの泉(フジテレビ系):2002~2012年】 生きていく上で何の役にも立たない無駄な知識=トリビアをマジメに検証するこの番組。番組が終わってすでに7年が経っていますが、「トリビア」という単語や、番組に使われた「へぇ」という表現がいまだに生きていることからも、この番組のインパクトの大きさは分かります。司会進行がお笑い芸人ではなく、高橋克実、八嶋智人というラインナップだったのも新鮮でした。【HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP(フジテレビ系):1994~2012年】 ダウンタウンがアーティストを迎え、歌とトークで展開する『ヘイヘイヘイ』。ダウンタウンの巧みなしゃべりで、それまではなかなか見ることが出来なかった歌手の素顔が見られるのが人気の理由でした。番組から派生した浜田雅功と小室哲哉のユニット「H Jungle with t」のデビュー曲『WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント』はダブルミリオンを記録。紅白歌合戦にも出場しています。【うたばん(TBS系):1996~2010年】 石橋貴明と中居正広の2人がアーティストとトークをする歌番組の『うたばん』。お笑い芸人とジャニーズという、いま思えば不思議なコンビでしたが、息はピッタリでした。とりわけ人気があったのが、2000年前後、人気絶頂だったモーニング娘。とのやりとり。飯田圭織への「ジョンソン」というあだ名、安倍なつみへの贔屓、保田圭いじりなど、メンバー全員を引き立たせる手腕は見事で、モー娘出演時は毎回高視聴率をマークしました。
2019.04.20 15:00
マネーポストWEB
名付けの参考にしよう!芸能人の子どもの名前40選
名付けの参考にしよう!芸能人の子どもの名前40選
子どもの名付けは、親にとっての一大行事。一生使うこととなる名前だからこそ、すてきなプレゼントとしてこだわりの名前を贈りたいですよね。世の中に無数にある名前の中からどんな名前を選んだらいいのかわからないという人は、芸能人や有名人の名前をヒントにするというのもいいかもしれません。最近話題の芸能人や有名人が実際に子どもに付けた名前をピックアップして、たっぷりとご紹介していきましょう。芸能人や有名人の子どもの名前40選!芸能人や有名人は、自分の子どもにどのような名前を付けているのでしょうか。願いを込めて付けられた子どもの名前は、古風な響きのものから、現代らしい個性的なもの、芸能人ならではのオリジナリティーあふれる名前までさまざま。早速実際に見ていきましょう。 モデル、タレント編芸能人子どもの名前土屋アンナさん澄海(すかい)くん心羽(しんば)くん星波(せいな)ちゃんりゅうちぇるさんぺこさん 夫妻リンクくんデヴィ夫人カリナちゃん杉浦太陽さん辻希美さん 夫妻希空(のあ)ちゃん青空(せいあ)くん昊空(そら)くんアレクサンダーさん川崎希さん 夫妻景寅(かげとら)くん鈴木紗理奈さん利音(りおと)くん土屋アンナさんの子どもたちの名前は、それぞれに「澄んだ心を持ってほしい」という意味のスカイと、スワヒリ語で強く優しいライオンを表すシンバ、流れ星のように美しく育ってほしいとの意味を込めたセイナなど、どれも親の思いが込められた名前。杉浦太陽さん、辻希美さん夫妻の子どもたちは、すべてに「空」という漢字が取り入れられ、家族としての一体感を抱くすてきな名前です。現在第4子妊娠中なので、今はきっと次の子どもの名付けを考えている最中かもしれませんね。芸人編芸能人子どもの名前浜田雅功さん(ダウンタウン)小川菜摘さん 夫妻郁未(いくみ)くん未乘(みのり)くん松本人志さん(ダウンタウン)てらちゃん大島美幸さん(森三中)笑福(えふ)くん田中直樹さん(ココリコ)心平(しんぺい)くん三村マサカズさん(さま~ず)衣音(いおん)ちゃん優羽(ゆうわ)くん設楽統(バナナマン)さん奈々葉(ななは)ちゃん松嶋尚美さん珠丸(じゅまる)くん空詩(らら)ちゃん藤本敏史さん(FUJIWARA)木下優樹菜さん 夫妻莉々菜(りりな)ちゃん茉叶菜(まかな)ちゃん山田花子さん悠斗(ゆうと)くん彩斗(あやと)くん加藤浩次さん小羽(こはね)ちゃん快晴(かいせい)くん清風(きよか)ちゃんゴリ(ガレッジセール)さん風馬(ふうま)くん湖々(ここ)ちゃん芸人さんは、子どもの名前を世間に公表している人が多く、たくさんの情報を得ることができました。中でも、松島尚美さんの子どもたちの珠丸(じゅまる)くんと空詩(らら)ちゃんという名前は、一時期キラキラネームとして話題になりましたね。クリエーティブな才能あふれる芸人さんだからこそ、子どもの名前にも個性的な名前が多いように見受けられます。俳優・アーティスト編芸能人子どもの名前木村拓哉さん工藤静香さん 夫妻心美(ここみ)ちゃん光希(みつき)ちゃん本木雅弘さん雅楽(うた)くん伽羅(きゃら)ちゃん玄兔(げんと)くん市川海老蔵さん小林麻央さん 夫婦麗禾(れいか)ちゃん勧玄(かんげん)くんUAさん虹郎(にじろう)くんAIさん平和(へいわ)ちゃん安室奈美恵さん温大(はると)くん布袋寅泰さん今井美樹さん 夫婦愛紗(あいしゃ)ちゃん木村拓也さんと工藤静香さんの次女である光希(みつき)さんは、「光希」をKoki(こうき)として芸能活動されています。虹郎さんは俳優としてもご活躍されていますが、芸名のようなすてきな名前ですね。AIさんの子どもの平和(へいわ)ちゃんは、ダイレクトに意味を感じさせられる名前が斬新でインパクトがあります。芸能人の子どもの名前を参考にする時のポイントとは芸能人の子どもたち名前は、個性が豊かで発想力・想像力がかきたてられるものが多いです。すてきな名前や響きの美しい名前など、今すぐ取り入れたいものばかりですが、一方で、多くの人に広く知られている、芸能人の子どもの名前だからこそ、わが子に付けるにはよく考えた方がいいケースもあります。芸能人の子どもの名前を参考にする時に注意したい点についてご紹介しましょう。込められた思いを知る芸能人が子どもの名前を公表している場合、それに込められた思いも一緒に表されていることがほとんどです。芸能人の子どもの名前と名付けの由来が世間に広く知られていると、自分が子どもに同じ名前を付けた時に違う思いを込めたとしても、芸能人が発表したイメージの方が強く思われがちです。子どもが大きくなって他人に自己紹介した時に勘違いされてしまうこともあるので、あまりに自分の思いとかけ離れているようであれば避けた方が無難です。リスクを考えておくこと芸能人の子どもの名前から名付けをすることは、リスクもあります。例えば将来、親である芸能人やその子どもが不祥事やトラブルを起こした場合、その名前がマスコミやネットで連呼されることとなり、いい気はしません。それどころか、話のネタにされたり、名前をいじられたりするなど不快な思いだってしかねないのです。もちろん、名付けもととなった芸能人の子どもが大出世して社会に大きく貢献するような活躍を見せたのなら、名前のイメージは良くなるので、良き方に転ぶか悪い方に転ぶかは名付けの時点では誰にもわかりません。ですから、単に響きや文字の見た目がかわいいからと短絡的に名前を選ぶのではなく、世間に公表されている有名な名前だからこそリスクがあるということを知り、よく考えてから名付けをするようにしましょう。おわりに芸能人の子どもの名前には、名付けランキングをにぎわせているようなポピュラーな名前よりも、個性的な響きや、親の思いが強く込められたこだわりの名前が多くありました。オリジナリティーあふれる名前の数々はどれも魅力的なものばかり。たくさんの名前を参考に、ぜひ名付けの参考にしてくださいね。※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。ご了承ください。
2019.01.03 12:00
たまGoo!
仲睦まじいスリーショットが公開!この3人の関係とは
仲睦まじいスリーショットが公開!この3人の関係とは
芸能事務所「フォスター/フォスター・プラス」の公式ツイッターに女優でモデルの吉岡里帆さんが登場。2018年1月期に放送されたTBS系火曜ドラマ「きみが心に棲みついた」の撮影でのオフショットが公開されています。https://twitter.com/foster_fplus/status/968368705267798016女優の瀬戸朝香さんとタレントで女優で歌手の鈴木紗理奈さんとのスリーショット。寄り添う3人にの姿が素敵でとても良い雰囲気の現場だということが伝わってきますね。
2018.12.19 03:10
SNSのニュースメディア Insty
鈴木紗理奈、80年代のスタイリングを披露「ジャストフィットっす!」
鈴木紗理奈、80年代のスタイリングを披露「ジャストフィットっす!」
女優で歌手の鈴木紗理奈さんが自身のインスタグラムを更新。80年代のスタイリングをした姿を公開しました。https://www.instagram.com/p/BovL3t6hnli/?taken-by=munehirovoiceボリュームのあるヘアスタイルに濃いめのメイクを施した姿で「古き良きJapanese 80’s」とコメントを添えています。鈴木さんは大阪府出身とのこともありヒョウ柄のビックシルエットのトップスを着こなした姿に、ファンからは「THE 紗理奈って感じですね!」「ヒョウ柄がジャストフィットっす!」「破壊力すごい!」「めちゃめちゃイケてます!」と絶賛の声が寄せられています。鈴木さんは現在、レゲエDJのKENTY-GROSSさんらと共にMV撮影に臨んでおりその衣装も兼ねたスタイリングになっています。https://www.instagram.com/p/BovKcDmhmeG/?taken-by=munehirovoicehttps://www.instagram.com/p/BovX0OhhsZm/?taken-by=munehirovoice
2018.10.10 07:57
SNSのニュースメディア Insty
鈴木紗理奈、胸を出して小栗旬と窪塚洋介のマジ喧嘩を仲裁
鈴木紗理奈、胸を出して小栗旬と窪塚洋介のマジ喧嘩を仲裁
 バラエティー番組などでたまに耳にする「ピー音」。放送禁止用語や放送できない人物名などを隠す時に使われるが、ある人気番組で流れた「ピー音」にかき消された“言葉”が、芸能界を騒然とさせそうだ。 言葉の主はタレントの鈴木紗理奈(41才)。7月27日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演した鈴木は、司会の坂上忍(51才)に促されて、自身の「男前伝説」を披露した。さまざまなジャンルの芸能人が集まったある飲み会で、男性の役者2人がけんかを始めた時、鈴木が上半身裸になり、「お前ら、けんかするな! とりあえず私のおっぱいを見ろ!」と言ってその場を収めたというのだ。 鈴木は「おっぱいは世界を救う」と語り、爆笑をさらったが、“伝説”はこれで終わりではなかった。 その後の話として、鈴木が口にした言葉が「ピー音」でかき消されたのである。放送直後から、ピー音で隠されたのは、俳優の名前だと騒がれ、インターネット上などでは彼らに関する“大捜索”が始まった。ある芸能関係者が匿名を条件に明かす。「ネットでは何となく特定されておりますが、けんかしていたのは、小栗旬さん(35才)と窪塚洋介さん(39才)だそうです。意外な組み合わせですよね。この日の飲み会は、主に映画業界の関係者が多く、彼らが知人を連れ立って来たので、面識のない俳優や映画界のスタッフも含まれていました」 小栗と窪塚は、ほとんど面識がなかったというが、すぐに意気投合し、演技論で意見を交わしていたという。「互いにお酒が入っていたこともあり、議論は白熱。“その考えじゃ、役者として成長できない”、“あんたの演技には幅がない”といった論争になると、取っ組み合いになりそうに。そこで紗理奈さんのおっぱいが飛び出したそうなんです(笑い)。 2人は驚き、すぐに爆笑に変わったのですが、小栗さんは“意外とキレイな胸してる”と大絶賛。その後、小栗さんの稽古場に場所を移して飲み会が続いたのですが、小栗さんの横には紗理奈さんの姿があったとか(笑い)」(前出・芸能関係者) 小栗の稽古場とは、彼が自宅近くに建てた2億5000万円ともいわれる一戸建てのこと。夜な夜な役者仲間たちが集まる若手俳優たちの“サンクチュアリ”でもある。名だたる俳優陣が集まる中、その日の主役は間違いなく紗理奈だったようだ。※女性セブン2018年10月4日号
2018.09.24 07:00
女性セブン
36才の誕生日をサプライズで祝われた桐谷健太
“きみ棲み”桐谷健太の標準語に「ムズムズする」ワケとは
 自己評価が極めて低いために他人の前で挙動不審になってしまう主人公が、2人の対照的な男性の間で揺れ動く姿を描いた連続ドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系)。ヒロインの恋人を演じる桐谷健太(38)に「なんかムズムズする」というのはコラムニストのペリー荻野さんだ。その理由は“言葉”にあるという。ペリーさんが解説する。 * * * 今シーズンのドラマも軒並み最終章へと突入する今日この頃。TBS『きみが心に棲みついた』も回を追うごとに緊迫が高まっている。そんな中、このドラマで桐谷健太を見ると、なぜかムズムズしてくるのである。 桐谷の役は、いつもおどおどして挙動不審な行動をしてしまうヒロイン今日子(吉岡里帆)の恋人吉崎。しかし、今日子には元カレで今は会社の上司として彼女の心を支配しようと迫る星名(向井理)がじわじわと迫っている。そこに、星名を好きな彩香(石橋杏奈)が強烈なジェラシー攻撃をかまし、四角関係が過激な展開の予感!? 向井は『あなたのことはそれほど』の東出昌大のごとく、「いい人」キャラを捨ててきてるし、石橋杏奈も同じ社内であの嫉妬顔は露骨すぎでしょ、と思えるなど、ムズムズ突っ込みたいキャラは多いのに、桐谷に一番ムズムズする理由は何か。それは関西弁じゃないからだ。 桐谷といえば、トークやバラエティーなど素のしゃべりは関西弁が基本。しかし、このドラマでは雑誌編集者として、ハイテンションな漫画家(ムロツヨシ)に付き合わされ、その合間に今日子に「また忙しくなるね」と優しく語りかけ、「今日子の首がなんか寒そうだから」とネックレスをプレゼントしたりする。標準語モードのいい男なのである。なんかムズムズする…。 もちろん、これまでの出演作品も多くが標準語モードなのだが、このドラマで特にムズムズ感が強いのは、今日子の上司八木役で鈴木紗理奈が出ているからだろう。八木は、星名に圧力をかけられて混乱する今日子に「全然大丈夫ちゃうやんか」と超自然な関西弁モード。そうそう桐谷といえば、これと同じノリでしょ! もっとハジけていいから! つい映画『火花』みたいな桐谷を思い出す。関西弁の桐谷健太が「心に棲みついている」のだ。 もうひとり、もっと関西弁で話す姿が見たいと思ったのは、北川景子である。北川は今年、大河ドラマ『西郷どん』の篤姫役。ドラマの中では「篤といいもす」と自己紹介するなど、薩摩弁を披露している。しかし、出身は関西で主演の鈴木亮平とも近い場所だという。先日出演した『あさイチ』では、『西郷どん』の現場は、鈴木も塚地武雄もいて、「せやな」「頼むで」などと舞台裏では関西弁が飛び交っていると話していた。 そこですかさず大阪出身の有働由美子アナが今日は関西弁で話しましょうとナイスな提案。食欲旺盛で朝からパンとごはんを食べるという北川に「ふつう、どっちかちゃう?」と語りかけるものの、生放送の緊張のためかなかなか北川の関西弁スイッチは入らず。残念。 鈴木亮平には関西弁モードだと「別人」「ふつうの地元の子やん」と言われていた。自身もノリ突っ込みも大好きで、「クールビューティーと言われるが、どこかそうなのか」と素顔との違いを告白。まだまだ私たちは素顔の北川景子を知らないのである。いつか関西のおばちゃんモードになってクールビューティー崩壊の瞬間を目撃することになるのか。でも、その時、一番笑っているのは本人かも。きっと、そうだ。
2018.03.13 16:00
NEWSポストセブン
トップアイドル、安部ニコルが絶賛した「スルスルこうそ」のダイエット効果がスゴ過ぎ
トップアイドル、安部ニコルが絶賛した「スルスルこうそ」のダイエット効果がスゴ過ぎ
【PR】最新の美容事情に常にアンテナを張り巡らせている美容女子Mさんが、最近ハマっている注目ダイエットをレポート! その衝撃的な内容とは…?* * *このダイエット法は、えびちゃんやhitomiさん、藤井リナさん、元モーニング娘。の高橋あいさん、鈴木紗理奈さんなど、数多くの芸能人が愛用しています。私も実際に試してみたのですが、大好きな炭水化物や甘いものを気にせずにバクバク食べても、1か月経つころには、ボンレスハムのように醜かったお腹が「モデルのようなウエストだね」と言われるまでに。ですが、安心してください。ツラい食事制限や激しい運動をしたわけでも、CMで話題のジムに行ったわけでもありません。ただ、毎日ある成分を摂取することで理想の体型を手に入れることができるんです!◆運動や食事制限なしで“美痩せ”を実現する方法って?その方法とは、酵素を毎日摂取すること。もちろん、だたの酵素では意味がありません。「炭水化物を溶かすほどの圧倒的な消化力をもつ」、そんな特別な酵素を摂ることで、しっかり食べてもちゃんと細いウエストになれるのです。「また酵素か。痩せるはずがない!」と思う方もたくさんいますよね? それもそのはずです。加工食品の多い現代の食事では、加熱、殺菌、消毒により酵素は補えず、生きた酵素サプリだけを摂取していても痩せることはできません。これは医学博士や薬学博士などの専門家たちからも発表されています。ですが、炭水化物を溶かすほどの強い消化力を持った「スルスルこうそ」であれば問題ありません。しかもこの「スルスルこうそ」は、『さんまのスーパーからくりTV』や『バイキング』、『林先生が驚く初耳学』など多くのメディアで活躍している管理栄養士の豊田愛魅さんが完全監修し、さらには医学・薬学博士の田口茂先生も大推薦しているんです!私もさっそく購入して、実際に炭水化物が溶けるのか検証してみたところ…その圧倒的な効果は一目瞭然でした。「スルスルこうそ」は、強い消化力をもつ5種類もの酵素を独自配合していて、乳糖や脂質、タンパク質を分解してくれる成分も豊富なんだそうです。さらに、1粒になんと500億個(ヨーグルト5個分)もの乳酸菌が含まれているので、腸内環境を整えて、健康痩せが目指せるのだとか。◆美容に意識が高い芸能人も愛用!例えば、元あいのりメンバーのおーせさんも3年間も「スルスルこうそ」を愛用。おかげで出産後の激太りからの減量に見事、成功したそう。「『スルスルこうそ』は炭水化物やお米を溶かすほどの強い消化酵素を含んでいて、お通じも抜群! 腹筋せずに美くびれを取り戻すことができました」と、ブログに綴っています。モデルの安部ニコルさんも「ダイエットをしていても、体重がなかなか変わらなかったり、リバウンドしちゃう期間がよくあるから、そんなときは『スルスルこうそ』に頼ります!」と太鼓判を押しています◆SNSでも絶賛の口コミが。実際に利用している人の声をチェック!このように数多くの美意識が高い著名人たちが頼りにしている「スルスルこうそ」なら、3日坊主の私でもきっと痩せられる! そう思ってダイエットをはじめてたった1か月で、ポッコリお腹がほっそりウエストに。私以外にも「スルスルこうそ」を使ったダイエットの成功者は続出。SNSの口コミでも絶賛している人が大勢いるようです。◆いまなら初回20%OFF!通常4,125円の「スルスルこうそ」ですが、なんとこのページ限定で初回分が約20%OFFの「3,300円」で買えるキャンペーンを実施しています。ただ、効果の高い成分を惜しげもなく使用し、安全性にも気を配って製造しているため、「スルスルこうそ」の生産性には限界があります。そのため申込みが一定人数に達したら、締め切ってしまう可能性が…。もしあなたも体型の崩れが気になっているなら、このお得な機会にぜひ一度、「スルスルこうそ」を試してみてはいかがでしょうか? 3,300円なら、試してみる価値はあるはず。気になる人はさっそく【購入サイト】へ!
2017.05.02 17:00
8760 by postseven
神田うの もっとレベルの高い英語教育をと娘を名門インターに
神田うの もっとレベルの高い英語教育をと娘を名門インターに
 総芝生の園庭には3種類の滑り台をはじめとする数々の遊具と、5m四方の大きな砂場が備えられている。教室内には大画面の最新型パソコンが設置され、ブロックやボードゲームなど、大小のおもちゃで溢れかえる。 ここは都内の超名門インターナショナルスクール・A校の系列幼稚園。8月下旬の朝9時、同スクールには、緊張した面持ちのママたちが集結していた。「この日は始業式でした。インターは日本の学校と違って、8月末~9月に1学期が始まるところが多いんですよ。このスクールは50か国以上の国籍の子たちが集まっているとあって、この日も国際色豊かでしたね」(保護者の1人) 日本の幼稚園の始業式のようにみんながフォーマルスーツに身を包んでいるという雰囲気ではないが、そんな中でも一際目立っていたのは神田うの(40才)だった。目の覚めるようなオレンジ色のワンピースにエルメスのバーキンを持ち、園内を闊歩していた彼女は、初めての園内に時折とまどう様子を見せながらも晴れやかな表情を浮かべていたという。「うのさんの娘さん(3才)は6月まで別のインターに通っていたけど、“もっとレベルの高い英語教育を受けさせたい”って、この名門インターに入れ直したんです。ここは両親が日本人の場合は原則的に入れないんですが、面談などによって入園が許可されるケースも増えているそうですね」(うのの知人) うのに限らず、子供をインターナショナルスクールに通わせる芸能人ママは増えている。小雪(38才)は4月から長男(3才)を都内のインターに。木下優樹菜(27才)は昨年末、2才の娘を幼稚園前のプレスクールに通わせていることをブログで報告。紗栄子(28才)の長男(7才)は名門インターB校の小学校に、次男(5才)は別のインターC校の幼稚園に通っている。このC校には、梨花(42才)や鈴木紗理奈(38才)の娘も在籍中だ。 もともと、芸能人はインター志向が強く、木村拓哉(42才)・工藤静香(45才)夫妻を筆頭に、鈴木保奈美(49 才)、安室奈美恵(37才)、三船美佳(32才)らも子供をインターに通わせていた。 外国人が多く、芸能人の子供でも特別視されないという環境も大きいが、最近はこんな理由も。教育評論家の石川幸夫氏が語る。「グローバル化したこの時代に、日本の学校に通っていては将来子供が国際社会で生きていけないのではないか…。そんな不安を持つ親が増えています。幼少期から国際的な英語力を高めたいと願う親にとって、インター入学は理想的な選択なんです」 文科省では、2020年までに小学3年生から英語の授業を導入することを発表しており、日本の英語教育の低年齢化も確かに進んでいる。より英語力を高めたい親にとってインターという選択肢の人気が高まっているようだ。※女性セブン2015年9月17日号
2015.09.04 16:00
女性セブン
鈴木紗理奈 元夫と一緒に息子のX’mas会に出席しピアノ弾く
鈴木紗理奈 元夫と一緒に息子のX’mas会に出席しピアノ弾く
 12月7日、緑豊かな都内の住宅街にあるインターナショナルスクールは、子供たちだけでなく、保護者たちも待ち望むクリスマスイベントの日を迎えた。とりわけ3才の愛息を通わせる鈴木紗理奈(36才)にとっては、その日は大きな意味を持っていた。《大切な我が子がありながらこの決断をした重みをしっかり受け止めこれから強く生き、守っていきます》 12月4日付のブログで、レゲエユニット、INFINITY16のテラシー(年齢不詳)とその前日に離婚したことを明かした紗理奈。クリスマスイベントは離婚からわずか4日後だったが、彼女は別れた夫を同伴したのだ。「離婚の大きな原因は旦那さんの女性問題だったこともあったから、鈴木さんとしては、できれば彼に会いたくなかったんです」(音楽関係者) 離婚する前から紗理奈とテラシーの痴話げんかの凄まじさは有名だった。離婚を決め、紗理奈が家を出る頃には毎晩のようにふたりは衝突し、近所にも紗理奈の絶叫や罵声が聞こえてくるほどだった。「でも、クリスマスイベントは離婚を決める前から家族で行こうと子供と約束していたそうで、夫婦で話し合って3人で行くことに決めたそうです」(前出・音楽関係者) 子供たちによるクリスマスソングの合唱には、紗理奈も他の母親たちと交ざってピアノ伴奏に参加し、テラシーは母子の様子をビデオ撮影していたという。イベントを終えると、紗理奈たちは近くのファミリーレストランへ。無邪気におもちゃで遊ぶ息子を見ながら、紗理奈とテラシーは話しこんでいた。「紗理奈さんたちは、お子さんの学校行事やこれからの子育てについて話していましたよ。とても別れたばかりの夫婦には見えませんでした」(目撃した客)※女性セブン2013年12月26日・2014年1月1日号
2013.12.13 07:00
女性セブン

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン