• TOP
  • 芸能
  • 東出昌大を擁護する芸能人、“無能な身内”が足引っ張る例

芸能

2020.02.04 16:00  NEWSポストセブン

東出昌大を擁護する芸能人、“無能な身内”が足引っ張る例

世間からバッシングを浴びている東出昌大(ABACA PRESS/時事通信フォト)

 東出昌大(31)が、唐田えりか(22)との不倫を受け、CMを4社降板となった。今回の騒動では東出の“イクメン”“おしどり夫婦”的イメージとはあまりにも異なる実態が明らかになっただけに、「通常の不倫報道よりもネット上のバッシングは苛烈になっている。これに匹敵するのはベッキーと矢口真里の時以来」(ネットニュース編集者・中川淳一郎氏)という意見もあるように、第一報から2週間近くが経過しているにもかかわらずなかなか収束しない。

 そんな状況に苛立ちを感じたのか、多くの男性芸能人がこの件について直接的ないしは間接的に東出を擁護する意見をテレビ番組やSNSで発信し続けている。具体的な個人名を出すことは避けるが、論調としては以下のようなものだ。

「どうしてしょせんは他人のことなのにここまで徹底的に糾弾するのか? 無意味な行為だろう」

「不倫を擁護するわけではないが、明らかに度を越した叩きっぷりだろう」

「東出を叩いて良いのは妻である杏と仕事関係者のみ」

 まったくもって正論なのである。とはいっても、こうして発言をすることはその芸能人にとってはあまり得策ではない。東出・唐田に対するネット上の罵詈雑言の数々に嫌気がさしているのだろうが、結局、ネットでは「こいつも不倫をしているからこんな発言をするのだろう」といった方向に収束してしまうのだ。

 今回の件で「とにかく東出さんの不倫について言及するのはやめてくれ……」と嘆きが聞こえてくるのが広告業界だ。何しろ、「芸能界の男ども“総出”で東出昌大を過剰擁護の異常事態!」(まいじつ)、『「鈴木紗理奈のコメントが真理!」と賛同の声 東出昌大を擁護する芸能人が“男ばかり”のなぜ』(Techinsight)といった記事が出て、擁護した男性芸能人がまとめられているのだ。

 後者の記事については鈴木紗理奈が『サンデージャポン』(TBS系)で「竹山さん、浮気してんのとちゃうかな」というジョークを発したことに触れられているが、これがまさに擁護者に対するネットの意見の多くなのだ。広告代理店のプランナーはこう語る。

「今、クライアントからはタレントの『身体検査』がこれまで以上に厳しく求められています。過去に不倫経験がある人を起用するのは躊躇しますし、今回のような“擁護者”と捉えられかねない人に対しても起用をためらってしまうかもしれません。ネットの声や鈴木紗理奈さんが述べるように、自分も不倫しているから擁護しているのでは?と余計な詮索をされてしまいます。いくら正論であろうが、こうした発言への反発が毎度出ていることを知っていてあえて発言する必要はないのでは」

関連記事

トピックス