海老原優香一覧

【海老原優香】に関するニュースを集めたページです。

フジ若手エース・海老原優香アナ 深夜デートのお相手
フジ若手エース・海老原優香アナ 深夜デートのお相手
 5月下旬の午後9時頃。東京・恵比寿の和食店に美男美女が入った。この女性は、フジテレビの海老原優香アナウンサー(24)。昨年、入社1年目ながら朝の情報番組『とくダネ!』のMCアシスタントに抜擢。“大型新人アナ”として期待された海老原だが、この3月末で番組を“スピード降板”していた。フジ局員が言う。「視聴率低迷のため、4月の番組改編でエースの山崎夕貴アナと交代になりました。もちろん低視聴率は彼女だけの問題ではありませんが、わずか半年での“戦力外通告”に、ショックを受けていたようでした」 だが、この日の海老原アナは局内とは対照的な表情を見せていた。和食店を出た後、2人はバーに移動。満員の店内でカウンターに横並びに腰掛けると、海老原アナは満面の笑みで男性との会話を楽しんだ。 午前1時前、バーを出ると肩を寄せ合い歩き始めた。時折、身振り手振りが交じる海老原アナの話を男性は優しそうに頷き聞いている。酔い覚ましにちょうどいい薫風に吹かれながらの散歩は、1時間近くにも及び、2人でタクシーに乗り込んだ。 フジテレビは「プライベートについてはお答えしておりません」(企業広報室)というのみだが、“傷心”の海老原アナを癒やすこの男性は何者なのか。「彼は学生時代に付き合っていた元カレです。彼もテレビマンで、他局で情報番組を担当しています。あの日は、彼が彼女を自宅近くまで送り届けたそうです」(共通の知人) 深夜まで飲めるのは、朝の番組を降板した“ケガの功名”か。※週刊ポスト2018年6月15日号
2018.06.04 07:00
週刊ポスト
フジ海老原優香アナ(24) 深夜のニコニコデート写真3枚
フジ海老原優香アナ(24) 深夜のニコニコデート写真3枚
 黒のワンピースに白いカーディガンを合わせた美女は、横にいる男性に惜しみない笑顔を向けた。フジテレビの海老原優香アナ(24)だ。学習院大学文学部の英語英文学科を卒業した才媛で、「ミス学習院コンテスト2015」でグランプリを獲得した美貌の持ち主でもある。 その日は、午後9時ごろからイケメン男性と東京・恵比寿の和食店でデートを楽しんでいた。さらに2人はバーに移動。午前1時前、バーを出た2人は写真のような笑顔を交えて話をしながら1時間近くも散歩していた。 共通の知人によると、男性は「学生時代に付き合っていた元カレ」だという。※週刊ポスト2018年6月15日号
2018.06.04 06:55
週刊ポスト
秋元アナは不倫騒動になったことも(写真/ロケットパンチ)
フジ朝番組支える海老原・久慈のツインタワー 明暗分かれる
 不倫スキャンダルが報じられたフジテレビの秋元優里アナ(34)は、レギュラーの『BSフジLIVEプライムニュース』や『ワイドナショー』から姿を消した。“秋元ショック”に揺れるフジで、朝の番組を支えるのは期待の高身長新人“ツインタワー”の海老原優香アナ(23)と久慈暁子アナ(23)だが、2人の明暗は分かれているという。「海老原は新人で『とくダネ!』に抜擢されたプレッシャーからかメーンの小倉(智昭)さんとのやりとりは遠慮がちです。放送終わりに思い詰めたような表情のこともあるので心配されています。 一方、久慈が出演する『めざましテレビ』は局アナ中心のメンバー構成でファミリー感があり、期待の新人を育てようという空気があるため、久慈にどんどんコメントを振ろうとする流れがあります」(フジのベテラン局員) フジでは秋元アナの降板によって女子アナの配置が大きく変わりそうだが、同社は、「(秋元アナが)誤解を与えるような軽率な行動に対する責任を取って当面の間、番組出演を見合わせており、その状況に変わりはございません。今後の予定は決まっておりません」(企業広報室)という。※週刊ポスト2018年2月2日号
2018.01.26 07:00
週刊ポスト
フジテレビが大改革 古舘伊知郎、菊川怜、市川紗椰の事情
フジテレビが大改革 古舘伊知郎、菊川怜、市川紗椰の事情
 視聴率低迷が続くフジテレビ。この10月の改編では「『変える、変わる』ためにフジテレビを“reboot(リブート)”します」を合言葉に改革の大ナタを振るった。その影響をもろに受けたのが古舘伊知郎(62才)だ。 2016年11月に鳴り物入りで始まった冠番組『フルタチさん』(日曜・19時)が、視聴率低迷のため1年足らずで終了。番組は古舘が司会のまま『モノシリーのとっておき』に変わり、古舘の冠が外れて日曜ゴールデンから金曜19時へお引っ越しとなった。番組関係者が苦悶の表情を浮かべて話す。「『報道ステーション』(テレビ朝日系)終了後、休養したいという古舘さんを『好きな内容をやっていいから』と口説き落として新番組を作ったことが裏目に出て、視聴者が求めていない内容となってしまい、この惨敗です」 同局の『とくダネ!』では、5年間MCを務めた菊川怜(39才)が降板する。原因はやはり週刊誌で報じられた夫の「隠し子騒動」だという。「結婚発表直後は小倉(智昭・70才)さんも『奥さんになった怜ちゃんのコメントが欲しい』と言っていて、本人も続投の意思を持っていたのですが、隠し子騒動が勃発したために事態は急転。新婚にもかかわらずいまだ別居状態で『自分の身が定まらないまま報道番組に出演していいのか』と降板を決意したようです」(フジテレビ関係者) 後任には新人の海老原優香アナ(23才)が大抜擢された。彼女は同期入社の久慈暁子アナ(23才)が同局人気アナの証といわれる『○○パン』シリーズの番組を任され“次世代エース争い”に敗れたと報じられていた。一気に形勢逆転となるか。「大抜擢といえば聞こえはいいですが、海老原しかいないというのが本音。今のフジはとにかく安く人件費を抑えたく、新人の海老原に白羽の矢が立った。大物司会者の小倉さんの隣で萎縮してしまわないかという心配する声も出ています」(前出・フジテレビ関係者) 過去、佐々木恭子(44才)や中野美奈子(37才)ら歴代MCは皆、「共演のストレスで嘔吐した」「退社の原因は小倉だった」など小倉との確執が報じられてきただけに、懸念されるのももっともだろう。 また、ショーンK(49才)の経歴詐称のすったもんだで始まった『ユアタイム』が幕を下ろす。MCの市川紗椰(30才)は降板決定直後、同番組で共演する野島卓アナ(50才)との熱愛が報じられた。降板とスキャンダルのダブルパンチでさぞかし悔しがっているかと思いきや…。「実は本人がいちばんやめたがっていた。もともとサブだったはずがショーンKの経歴詐称騒動でいきなりメーンに抜擢された。経験もないため重責に悩み、本人はずっと『さすがに無理』と言い続けていた。私生活では野島アナとの交際も順調のよう。もし番組が続いていたら、野島アナの番組降板などの対応に迫られたかもしれない。ちょうどいいタイミングで終了して、ふたりには願ったり叶ったりのようですよ」(前出・フジテレビ関係者) ちなみに後番組を担当する椿原慶子アナ(31才)は「真摯にニュースと向き合ってまいります」と気合充分だ。また総合設備会社社長との熱愛が『週刊ポスト』に報じられ、公私ともに順調なようだ。※女性セブン2017年10月12日号
2017.09.29 11:00
女性セブン
フジTV 椿原慶子アナが高評価&将来のエース争いに異変
フジTV 椿原慶子アナが高評価&将来のエース争いに異変
 10月の番組改編を目前に控え、各局の女子アナたちの動きが慌ただしくなってきた。フジテレビでは、9月いっぱいでの打ち切りが決まった『ユアタイム』の後番組キャスターに椿原慶子アナ(31)が起用される。「椿原はずっと同期で現在フリーのカトパン(加藤綾子・32)の陰に隠れてきましたが、報道一筋で、実力は高く評価されている。“夜の顔”としてのメインキャスター抜擢にも、異論を唱えるスタッフは皆無です」(フジ関係者)“将来のエース争い”にも異変があった。 どちらも170cm近い長身で“フジのツインタワー”と呼ばれる新人の久慈暁子アナ(23)と海老原優香アナ(23)。これまでリードしてきたのは久慈で、同局人気女子アナの称号といわれる『○○パン』シリーズを任され、『クジパン』の愛称を獲得した。「しかし10月から『とくダネ!』に、菊川怜さんの後任として海老原の出演が決まった。久慈はこの“評価逆転”をどう感じているのでしょうか」(女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏)※週刊ポスト2017年9月15日号
2017.09.06 16:00
週刊ポスト
フジ新人・久慈&海老原ツインタワー抜擢に不満抱くアナの名
フジ新人・久慈&海老原ツインタワー抜擢に不満抱くアナの名
「ツインタワー」が、フジテレビの夏の一大イベント「お台場みんなの夢大陸」のPR隊に大抜擢され、アナウンス室に激震が走っている。「ツインタワー」とは、今年フジに入社した新人の久慈暁子アナ(22)と海老原優香アナ(23)のこと。久慈は「旭化成グループキャンペーンモデル」や「non-no」の専属モデルを務め、海老原もミス学習院と、いずれも華々しい経歴の持ち主。 久慈は身長166センチ、海老原は身長169センチと、2人とも高身長でスレンダーなモデル体型であることから、「美しすぎるツインタワー」と呼ばれている。「PR隊に新人が起用されるのは異例です。昨年はショーパン(生野陽子、33)、ヤマサキパン(山崎夕貴、29)、ミタパン(三田友梨佳、30)、ユミパン(永島優美、25)と、いずれもエース女子アナの証である『○○パン』の経験者でした。 今年は新人2人をセンターに据え、脇を固めるのは入社3年目の宮司愛海アナ(25)と2年目の永尾亜子アナ(23)です。局内からは『中央と脇が逆だろ!』というツッコミもあったほど。それほどツインタワーは“特別扱い”されている」(フジテレビ関係者) このサプライズ人事の背景には、フジテレビ女子アナの“人材難”があった。「昨年のカトパン退社以降、エースとして期待された中堅のヤマサキパンやミタパンは局の低迷とともに伸び悩んでいる。それより下の世代に関しては視聴者に名前すら覚えられていない惨状です。 一方で久慈アナは入社前からタレントとして活動しておりスター性バツグン。同期の海老原アナとセットで売り出すことで注目も集めやすい。そのため、低迷する局の起死回生を狙って抜擢されたのです」(フジテレビ社員) だが、「この人事に不満を抱く女子アナもいる」とフジ関係者が名指ししたのは宮澤智アナ(27)だ。宮澤アナは『すぽると!』のMCを4年務め、現在も『スポーツLIFE HERO’S』の土曜MCを担当。“フジのスポーツの顔”とも称される人気アナだ。「どうやら低迷するスポーツ番組のキャスターに久慈アナを推す気運が局内で高まっているからのようです。久慈アナは日本ハムの大谷翔平(22)と同郷で、過去に地元の広報誌で対談した実績もある。局の上層部は、彼女をキャスターにすれば、大谷との関係も親密になり、今後メジャー移籍を果たした場合などに、メリットも大きいと考えている。そうなると宮澤アナの立場は危うくなります。今回の抜擢は新エース争いの序章なのです」(同前) ツインタワー快進撃はどこまで続くのか。※週刊ポスト2017年6月9日号
2017.05.31 07:00
週刊ポスト
新人アナ・久慈暁子、日テレ断ってフジ選択の救世主
新人アナ・久慈暁子、日テレ断ってフジ選択の救世主
 満開の桜の下、今年も民放各局に新人女子アナが入社した。多くの人が憧れる女子アナだが、注目度ナンバーワンは、女性ファッション誌『non-no』の専属モデルとして活躍したフジテレビの久慈暁子だ。「久慈は視聴率三冠の日本テレビにも内定していたが、それを断わってフジを選んだ。局内では“救世主”として期待が高まっている」(フジ関係者) 久慈は岩手県出身で、青山学院大学経済学部を卒業。ウインクしただけで100人の男性を気絶させるCMに出演し話題になった。女性ファッション誌『non-no』で専属モデルを務め、女優デビューも果たすなど局内の期待は大きい。日ハム・大谷翔平選手と同郷だ。 同じくフジには2015年にミス学習院に輝いた海老原優香も入社した。「169センチの長身で、スタイルも抜群。166センチの久慈と“美しすぎるツインタワー”として売り出そうという声もある」(同前) 海老原は東京都出身で、学習院大文学部を卒業。在学中には「ミス学習院2015」を獲得している。ミスコンに参加する際「グランプリを獲れたらアナウンサーを目指す」と決意し、見事「狭き門」を突破した。※週刊ポスト2017年4月21日号
2017.04.10 16:00
週刊ポスト
フジテレビ 女子アナ王国復権へ来春「ツインタワー」が入社
フジテレビ 女子アナ王国復権へ来春「ツインタワー」が入社
 かつて「女子アナ王国」と呼ばれたフジテレビの崩壊が止まらない。視聴率低迷にあえぐ同局だが、悩ましいのは数字だけではない。今年4月には、絶対エースだった加藤綾子アナ(31)が退社。ポストカトパンと期待された永島優美アナ(24)は伸び悩み、いまだベテランの生野陽子アナ(32)に頼らざるを得ない深刻な人材不足に頭を抱えているのだ。 だが、ここにきてフジテレビが「王国」復権に動き出したという。その秘密兵器とされているのが2017年4月に入社予定の“ツインタワー”である。「フジテレビ夏の恒例イベント『お台場みんなの夢大陸』にお手伝いとして、来年入社予定の2人が参加していたんですが、そのスタイルは際立っていました。アナウンサーというよりはモデルという感じでした」(フジ関係者) ひとりは久慈暁子(22)だ。元『non-no』で活躍したプロのモデルだけあり、身長166センチとスタイル抜群。日ハム・大谷翔平と同郷ということでも話題となった。内定が決まっていた日テレを蹴ってフジを選んだという噂もあるツワモノだ。 今回判明したもうひとりの内定者がミス学習院2015に輝いた経歴を持つ海老原優香(22)だ。ショートカットのよく似合う、夏目雅子似の美貌もさることながら、目を引くのは169センチという身長である。フジ幹部がこう明かす。「近年、人材の多様化を狙い、様々な大学から女子アナを採用してきたが、なかなか結果が出ない。アヤパン、ナカミーが在籍していた頃の黄金期回帰を目指したアイドル路線もいまいちだった。そこで来年は背が高くスレンダーな“モデル路線”に戦略をシフトした」 ツインタワー効果で王座奪還となるか。※週刊ポスト2016年10月7日号
2016.09.29 07:00
週刊ポスト

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン