長岡花火一覧

【長岡花火】に関するニュースを集めたページです。

映画を愛しファンに愛された生涯だった(時事通信フォト)
大林宣彦監督が故郷・尾道の映画館支配人に語っていた銀幕愛
 映画界に大きな足跡を残し、“映像の魔術師”と称された大林宣彦監督が、4月10日に肺がんのため82歳で死去した。今日(18日)13:30から、“尾道三部作”の1本として知られる『時をかける少女』が日本テレビで放送される。2016年にステージ4の肺がんと診断され、余命3か月という宣告を受けながらも、なお反戦・平和への祈りを込めた作品を撮影し続けた大林監督。訃報に接して多くの映画ファンや関係者から悲しみの声があがるなか、その異色のキャリアをあらためて振り返ってみたい。 1938年に広島県尾道市に生まれた大林監督は、幼少期からおもちゃの映写機に没頭し、1944年には6歳にしてアニメーション作品を制作している。翌1945年に日本は敗戦。近所の人が次々に亡くなったという暗い戦争体験が、のちの映画作りの原点となった。 父に与えられた8ミリカメラを手に上京し、1956年に成城大学へ入学(1960年に中退)。自主制作の映像作品が評判を呼び、“フィルム・アーティスト”として日本のインディーズ・ムービーの端緒を開く。映画評論家の小野寺系氏は、大林監督の作家性を「流行監督として商業的にも成功を収めましたが、職人的な“映画屋”ではなく、アーティスト気質を持った映像作家というイメージ」と評した。「自身で“映画作家”を名乗っていたように、職人としての自負が薄いため、映画の基本から外れた奇抜な演出に抵抗がありません。初めて劇場用の映画として監督した『HOUSE ハウス』(1977年)には、斬新かつ部分的にはチープともいえる視覚効果がふんだんに盛り込まれ、若い世代に好評を博した反面、年季の入った映画ファンを苛立たせました。日本ではあまり注目されていない作品ですが、海外ではカルト映画として人気があります」(小野寺氏) 自主映画でアンダーグラウンド・カルチャーの寵児となった一方で、1960年代から同70年代にかけてはCMディレクターとしても辣腕を振るい、映画では起用できないような海外のスターを大胆にキャスティング。チャールズ・ブロンソンが出演した「マンダム」のCMは、社名が「丹頂」から変更されるほどの大ヒットとなった。大林監督いわく、CMとは「商品さえ写っていれば後は全くの自由」であり、「スポンサー付きの『個人映画』のようなもの」だったという。◆“尾道三部作”が日本に与えた影響 1980年代には商業映画の世界でも大成功をおさめ、地元・尾道を舞台にした『転校生』(1982年)、『時をかける少女』(1983年)、『さびしんぼう』(1985年)を発表。ロケ地をめぐるファンが尾道の街を賑わせた通称“尾道三部作”の魅力と後進への影響について、小野寺氏は以下のように解説する。「起伏に富んだ地形と歴史的な家並みが残る尾道を、学生の恋愛を描く青春映画の背景にしたことで、ポップさに文学的な雰囲気が加味されているのが“尾道三部作”の特徴です。個人的なお気に入りは、大林監督らしい視覚効果とロケーションの渋さのせめぎ合いが魅力の『時をかける少女』ですね。のちに細田守監督版の『時をかける少女』や、『転校生』と似たモチーフを扱った新海誠監督の『君の名は。』がアニメーションとして高い評価を得ましたが、その源流は大林作品にあると言ってもいいと思います」 また生前の大林監督と交流があり、尾道で唯一の映画館・シネマ尾道の支配人を務める河本清順氏は、「三部作のころから尾道の街並みが変わらずに残っていることや、街の名前が世界的に知られるようになったのは大林監督のおかげです。地元にとって本当に大きな存在でした」と巨匠との別れを惜しんだ。河本氏が語る。「尾道に来られる多くの映画人や観光客の方が、大林監督の作品を見て『憧れの街だった』と言ってくださいますし、地域のみなさんもそれを誇りに思って生活しています。『映画を通じて街を守っていく』という大林監督の地元への愛情は強く、私がシネマ尾道を立ち上げるときも叱咤激励の言葉や、さまざまなご支援をいただきました」 シネマ尾道を開館する前、大林監督から「銀幕には人の心の機微がくっきりと現れる。作り手にとっても、ストレートで繊細な表現ができるんだよ」とアドバイスを受け、あえて主流のホワイトスクリーンではなく銀幕を選んだという河本氏。“尾道三部作”のなかでも、『さびしんぼう』が自身のフェイバリット・ムービーだと明かした。「大林監督は、『さびしんぼう』について『尾道のシワを撮った』と表現していました。その言葉通り、細部に至るまで尾道という街の情感を捉えて、少年少女たちが成長していくころの心の機微を丹念に描いています。実際に住んでいる人間から見ても、『こういう見方ができるんだ』と街の魅力を再発見させられる作品でした」(河本氏)◆晩年は「アバンギャルド全開の反戦映画」に没頭 大林監督は“終生アマチュア”を自称し、既存の映画表現にとらわれない創作活動を続けた。一方で福永武彦の同名小説を原作に福岡県柳川市で撮影した『廃市』(1984年)では「派手な視覚効果を封印し、情緒たっぷりの文芸映画に仕上げた」(小野寺氏)ように、決して前衛一辺倒ではなく、端正な作品を生み出す技量も兼ね備えていたことは間違いない。 絶えず変化と進化を続けた結果、巨匠として評価されるようになった晩年に至って、自主映画時代に回帰したかのように先鋭的な映像を追求していく。2011年の東日本大震災以降に制作された『この空の花 長岡花火物語』(2012年)、『野のなななのか』(2014年)、『花筐/HANAGATAMI』(2017年)について、小野寺氏は「アバンギャルドな部分のリミッターを解除した」と表現する。「いずれも奇抜なスタイルで戦争の惨禍を描いた映画で、監督はこれらを『シネマゲルニカ』と呼んでいます。ピカソがスペイン内戦の被害をキュビズムの手法で絵画にしたように、真にアバンギャルドな表現で戦争を語ろうという試みだったようです。興味深いのは、それでいてアイドル映画や文芸映画のテイストが色濃く残っているところ。あらゆる要素がすさまじく濃厚で、ギリギリのところで危ういバランスを保っており、大林監督しか撮れない唯一無二の作品群だと言えるでしょう」(小野寺氏) 上記の3作品や遺作となった『海辺の映画館─キネマの玉手箱』も含めて、幼少期から抱き続けた“反戦”というメッセージを、臆することなく映画に注ぎ込んだ大林監督。小野寺氏はその明確なスタンスを、「はっきりとものを言わず、流されがちな日本人にとって、変化のためのロールモデルとなるもの」と称えた。小野寺氏が続ける。「『HOUSE ハウス』の時点で戦争が要素になっており、『ねらわれた学園』のようなアイドル映画でもファシズムへの恐怖が描かれていましたので、反戦のテーマは昔から変わらず存在していました。ですが晩年、大林監督は日本が徐々に戦争へと近づきつつあることにショックを受けていたようです。ストレートに反戦を訴えてこなかったという自責の思いが、『野のなななのか』や『花筐/HANAGATAMI』のような力強い反戦映画を撮ることにつながっているのでしょう。これらの作品を見れば、監督が本気で戦争を止めようとしていることがわかるはずです」 大林監督の命日である4月10日に劇場公開予定だった『海辺の映画館—キネマの玉手箱』は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて公開延期となった。メインのロケ地である尾道で同映画の撮影風景を見つめた河本氏は、「これが最後になるのでは、と思っていました」と寂しさを口にしながらも、「世界広しといえど、こんな作品を撮れるのは大林監督だけでしょう。まさに映画作家としての集大成だと感じ、胸が熱くなりました」と試写を目にした感想を語っている。 終息の兆しが見えないコロナ禍や、日々報じられる政治の無策によって、重苦しい空気に包まれた日本。大林監督が遺した作品に、人々の現状追認的な姿勢を変えるヒントが隠されているかもしれない。◆取材・文/曹宇鉉(HEW)
2020.04.18 07:00
NEWSポストセブン
青森放送・猪股南アナ 世界大会で優勝した「一輪車の少女」
青森放送・猪股南アナ 世界大会で優勝した「一輪車の少女」
 各県にある地方テレビ局には、キー局のアナウンサーを凌ぐ人気を誇るローカルアナが存在する。また、知られざる才能を隠し持つ「一芸女子アナ」も多い。高校時代に一輪車の世界大会で優勝したこともあると話すのは、青森放送の猪股南アナだ。 * * * 一輪車に乗り始めたのは小学校1年生の頃です。小中高大と地元・弘前の一輪車クラブに所属し、人生の大半を一輪車と共に駆け抜けてきました。一輪車で体幹が鍛えられたからか、立ち姿がピシッとしていると言われますね。 高校1年生の時には、デンマークで開催された国際一輪車大会の団体演技と年齢別ペア演技でW優勝しました。 その後、大林宣彦監督の映画『この空の花 ─長岡花火物語』に一輪車に乗る少女役で出演したことが、後にアナウンサーを目指すきっかけになりました。 入社して最初のテレビの仕事は、生放送の情報番組で一輪車に乗ってクルクル回ることでした(笑い)。そんな私も今年からニュース番組のキャスターを務めています。取材ではその人らしさを引き出せるよう心がけています。●いのまた・みなみ/1992年生まれ、青森県出身。弘前大学卒業。2015年、青森放送入社。出演番組は『RAB ニュースレーダー』など。ラジオ番組『今日も!あさぷり』のMCも務める。※週刊ポスト2018年7月20・27日号
2018.07.13 16:00
週刊ポスト
なぜか涙溢れる長岡花火「白菊」に込めた美しくも哀しい逸話
なぜか涙溢れる長岡花火「白菊」に込めた美しくも哀しい逸話
「花火なのに、なぜだか涙が出る」――長岡大花火を観た人は必ずといっていいほど、そう口にする。毎年8月2~3日に開催される新潟の「長岡まつり大花火大会」は、秋田の大曲、茨城の土浦と並ぶ日本三大花火大会のひとつとして有名だが、他の花火大会と違うのはこの中で唯一、競技ではない花火大会で、「慰霊と復興」の願いが込められているということ。 そして毎年、前夜祭として8月1日午後10時半には、慰霊のための花火が打ち上げられる。白一色の正尺玉花火で、その玉名を「白菊」という。この花火は、1945年8月1日同時刻に始まった長岡大空襲で命を落とした、1484人もの戦災殉難者に手向ける鎮魂、慰霊の花火なのだ。 花火大会のスタートとして打ち上げられ、長岡の広大な夜空に「ドーーーン」と、間をおきながらゆったりと大きく花開き、切なく寂しげに散る。 その「白菊」は、伝説の花火師・嘉瀬誠次氏(94才)が生んだ傑作の一つである。終戦後にシベリアに抑留された経験を持つ嘉瀬氏が、捕虜として労働を強いられ、シベリアの地で亡くなった約5万5千人の戦友たちに捧げる供花として作った花火だ。 なぜ、長岡花火は人々の涙を誘うのか――。そこに心惹かれたノンフィクションライターの山崎まゆみさんは、長岡花火の礎を築いてきた嘉瀬氏の生涯を追う。山崎さんが2014年に上梓した『白菊 –shiragiku– 伝説の花火師・嘉瀬誠次が捧げた鎮魂の花』(小学館)には、この花火が持つ哀しい逸話が綴られている。 この本を元に製作されたドキュメンタリー『長岡花火のキセキ~白菊とフェニックス~』は、2015年の『JNNネットワーク協議会』大賞を受賞。今年6月18日に全国放送されると、「涙なくしては見られない」と感動を呼んだ。 また、2万発の花火が打ち上げられ、100万人を魅了する長岡花火で「白菊」ともうひとつ、大きな目玉となっているのが不死鳥を象った「フェニックス」だ。漆黒の夜空が圧倒的なスケールで黄金色に染まる美しい光景。なのに、涙が溢れる。この花火が初めて上がったのは、甚大な被害をもたらした中越地震の翌年の2005年。元気を失っていた長岡の街と市民に大きな感動と希望を与え、以来、復興祈願花火として毎年進化し続け、多くの人に感動を与えている。 全てはひとりの花火師から始まった。14才で花火師の道へ進み、「観る人を驚かせたい」と遊び心に溢れた斬新な花火を次々と生み出し、長岡の名を世界にまで知らしめた。今でこそ、長岡花火は花火製造業者6社で打ち上げているが、50年以上にわたって一社だけで打ち上げてきたのが、嘉瀬氏だった。 戦後70年にあたった昨年8月15日は、ハワイ・真珠湾で「長岡花火」が打ち上げられ、その象徴として「白菊」が夜空に手向けられたニュースは記憶に新しい。 嘉瀬氏は今年3月、「『長岡の花火師』は毎年、100万人を魅了、世界も感動させた」として、第50回吉川英治文化賞を受賞している。 80才で引退した後、現在は観客として花火大会を見守り続けている。 瞬間的な鮮やかさだけではなく、いかに人の心に残るか。嘉瀬氏が心がけたのは、競い合い、いくつもの花火を重ねて激しく華々しく上げる昨今の花火とは違う、“間に粋を感じる”花火だった。かつて、画家の山下清も魅了され描いた「長岡の花火」。現代、人々がどこかに置いてきてしまった日本の心。それを花火に垣間見て、人は涙するのかもしれない。撮影■飯田裕子
2016.07.26 16:00
NEWSポストセブン
長岡の戦没者慰霊花火「白菊」 終戦日には真珠湾で打ち上げ
長岡の戦没者慰霊花火「白菊」 終戦日には真珠湾で打ち上げ
 毎年8月2~3日に開催される「新潟・長岡まつり大花火大会」だが、今年も開催日前日の8月1日に、白一色の尺玉花火「白菊」が打ちあげられる。美しくも哀しい逸話を持つこの花火と、今年の長岡大花火大会について、『白菊 -shiragiku- 伝説の花火師・嘉瀬誠次が捧げた鎮魂の花』(小学館)の著者である山崎まゆみ氏が紹介する。 * * *「ドン、ヒューー、バーン」──白一色の尺玉の花火「白菊」は、毎年8月1日午後10時半に打ちあがる。「白菊」は長岡の夜空に楚々と咲き、寂しげに散る。訴えかけるように咲くこの花火は見る者の心にいつまでも残る。今から70年前、昭和20年8月1日の同時間の長岡大空襲による殉難者の鎮魂と慰霊を意味する花火である。  この「白菊」は、伝説の花火師・嘉瀬誠次氏が生んだ傑作の一つである。シベリアに抑留された経験を持つ嘉瀬氏が、生きて帰って来られなかった戦友のために捧げる供花としてつくった。そして、1990年にハバロフスクでこの「白菊」をあげた。これらの詳しい逸話は、拙著をご覧頂きたい。  そもそも長岡大花火大会は、戦前から行われていたが、戦争によって中断。昭和22年に長岡復興祭の一環として再開した。そして昭和26年、復興祭が「長岡まつり」と改称して、戦後初となる「正三尺玉(しょうさんじゃくだま)」が打ちあがる。復員してきた嘉瀬氏が正三尺玉を復活させたのだ。 家や家族を失った長岡の人々は、見事にあがった三尺玉の圧倒的な大きさと、美しさに、「これで戦争が終わったんだ。これからは明るい未来がある」と鼓舞されという。 今や長岡大花火大会と言えば、2万発もの花火が漆黒の天空を彩り、毎年、100万人もの人が訪れる。 戦後70年である今年は特別なプログラムが組まれている。復興の象徴である正三尺玉の三連発。さらに大仕掛けのスターマインと競うように、三尺玉があげられる。 また、今年は8月15日にハワイの真珠湾でも「白菊」が打ちあがる。2012年に長岡市とホノルル市が姉妹都市になって以降、ワイキキ沖では追悼と平和への願いを込めた長岡花火を4回打ち上げてきたが、真珠湾では初となる。 米国の犠牲者慰霊に1発、日本の犠牲者慰霊として1発、恒久平和を願ってもう1発があがる。16日には、慰霊の花火「白菊」に加え、未来に向けた花火として「フェニックス」「天地人」と長岡花火には欠かせない大花火が打ちあがる。 嘉瀬氏が礎を築いた長岡の花火は「平和を願い、未来を想う花火」として、これからも歩み続けてゆく。撮影■飯田裕子
2015.07.31 16:00
NEWSポストセブン

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン