新着ニュース一覧/3ページ

『NEWSポストセブン』の記事を新着順に紹介するページです。『週刊ポスト』『女性セブン』の話題記事をはじめ、最新のニュースはこちらでご確認いただけます。

石川県出身の浜辺美波
「美肌県グランプリ」総合1位は石川県 上位に日本海側が多い理由は?
 気質や性格、食文化などに違いが表れる県民性だが、女性の肌の状態にも特徴が見られるという。その差はどこからくるのだろうか。 昔から「秋田美人」「京美人」「博多美人」など、美人が多い地域があるといわれるが、「美人」の基準は個人や時代によって大きく変化する。一方、「美肌」に限ってみると、肌状態を数値データにすることができるため、地域による特性を解析することができる。その結果、美肌県第1位に輝いたのは石川県で、2年連続のトップだった。 これは、化粧品メーカー・ポーラが発表した「美肌県グランプリ2021」の結果。「美肌県グランプリ」とは、ポーラのパーソナライズドサービスブランド「APEX(アペックス)」が保有する約1970万件(2021年12月末時点)もの肌のビッグデータを活用したもので、2012年から毎年、“いい皮膚の日(11月12日)”に合わせて発表されている。「日本全国の皆さんが、お住まいの地域の個性を知り、自分の肌を慈しむきっかけになってほしいという思いで開催してきました」と言うのは、同社のAPEXブランドマネージャー・佐々木雅之さんだ。「2020年は1位石川県、2位が秋田県、2021年は1位石川県、2位山形県ですから、2年連続で日本海側の県が1、2位を取ったことになります。 これは、肌に大きな影響を及ぼすことがわかっている紫外線のリスクが低い地域であることが要因の1つと考えられます。それに加え、『睡眠不足』『パソコンやスマホの使用時間が長い』『冷暖房によくあたる』など、肌にとって注意すべきライフスタイルや、『冷えを感じやすい』『肩や首が凝りやすい』などの体調不良に当てはまる人の割合が低いことも、上位ランクインに貢献していると言えます」(佐々木さん・以下同) たしかに、歴代の美肌県トップ3を見ていくと、過去5回も第1位を獲得している島根県をはじめ、日本海側の県が圧倒的に多いことがわかる。「この10年ほどの間に、下位グループから上位グループへというような、大きな変化はありません。日照時間や水蒸気密度、気圧の変化など、住む地域の環境が肌に影響を与えているためと思われますが、年々その差が小さくなっていると感じます。その理由は、全国の皆さんが肌に合ったお手入れをきちんとされるようになったことが考えられます」 美肌総合賞1位の石川県はトップ3の常連県で、「金沢美人」「加賀美人」という言葉もある。「特に『ハリ』『透明感』『刺激に対する抵抗力』は全国トップレベル。ライフスタイルでは、『睡眠不足』『紫外線によくあたる』と回答したかたが全国に比べると少ないという結果でした。睡眠は肌の細胞を育てるために重要な要素です。充分な睡眠により細胞が健やかに育っており、しっかりしたUVケアが美肌を作り上げているのでしょう。だから部門賞でも『水分量』『コラーゲン』『透明感』『タフ肌』と数多く受賞したのだと思います」 美肌にかかわる色と形のグラフを見ると、「コラーゲン」「水分量」「透明感」がとても高いことがわかる。「キメ」「しみレス」はやや低く見えるが、平均よりは高い。肌のゆらぎに関しても、「皮脂バランス」以外は高く、バランスがいい。このほか、肌の表皮・真皮・皮下組織の3つの層もしっかりしており、特にうるおいを保って透明感のある角層を生み出す表皮と、肌のハリにつながる皮下組織のクッション性が高いのも特長だ。「日差しがないときでもUVケアを忘れず、運動不足を解消し、寝る前のパソコンやスマホの使用を控えて自律神経を整えることを心がければ、さらなる美肌につながります」 総合賞2位の山形県は、2015年以来のトップ3入り。「総合的に肌スコアがよく、特にくすみの要因となる『糖化』や『にごり』の少ない、透明感のある肌が特長です。前年より夏から秋にかけての日照時間が短かったため、その分紫外線の影響を受けにくくなり、しみや黄ぐすみなどの項目がよい結果になっていると思います。ライフスタイルにおいても『紫外線によくあたる』との回答が全国平均に比べて少なく、睡眠時間や食事に気をつけているという回答が多いということから、美肌を育てる環境が整ったと推測されます」 部門賞では、「黄ぐすみレス」と「透明感」で2位。2020年は「コラーゲン」「しみレス」「キメ」の3部門で3位だったことからも、しみやくすみのない美肌県であることがわかる。 総合賞3位の山梨県は、どの部門でもトップ3入りしていないが、バランスのよさからトータル評価でこの結果に。「くすみリスクが低く、刺激に強く、皮下組織ポテンシャルの高い肌といえます。ステイホームなどの新たな生活様式で、パソコン・スマホを使うかた、冷暖房によくあたるかたが全国的に増えているのに対し、山梨県ではどちらも少ないという結果でした。就寝前のパソコンの使用や、冷暖房の効いた温度変化のない環境は、自律神経の乱れにつながり、さまざまな肌トラブルを引き起こす要因にもなります。この2つの心がけが、総合3位受賞に貢献した要因になっていると考えられます」 今回の肌データの調査期間は2020年7月1日〜2021年6月30日だったが、この間の山梨県は水蒸気密度が前年より低く、乾燥型の“肌荒風”の影響があったため、肌の乾燥が進みやすい傾向にあったことがわかっている。それでも肌の表皮・真皮・皮下組織という「肌三層の力」のすべてが高スコアになっており、それぞれの機能をバランスよく発揮したことが、総合賞としての評価の高さとなっている。取材・文/山下和恵※女性セブン2022年7月7・14日号
2022.06.28 16:00
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
 活動再開からそろそろ5か月が経とうとしているアンジャッシュの渡部建(49才)。かつてのような売れっ子には、まだまだ返り咲けない状態が続いている。 2020年6月に複数の女性との不倫関係が『週刊文春』に報じられた渡部は、約1年8か月にわたって芸能活動を休止。今年2月にチバテレビのレギュラー番組『白黒アンジャッシュ』で活動を再開し、その後同番組へ出演している。 渡部の復帰以降、同番組では主に芸人のゲストが登場し、アンジャッシュの2人とトークをする内容となっている。渡部のトークはまだぎこちない部分があるが、さまぁ~ず三村マサカズ、千原ジュニア、劇団ひとりなどのゲスト芸人たちから、騒動をイジられる場面も多い。「不倫の内容があまりにもひどかったこともあり、イメージダウンが大きすぎたので、そう簡単に騒動前の状態には戻らないでしょう。ただ、復帰する前は“まだ早い”という批判的な声が多かった一方で、復帰後は応援の声も増えています」(テレビ局関係者・以下同) たしかに、ネットでは〈芸人仲間がいじって活かそうとしているところはいいんじゃないかな〉、〈コンビでも夫婦でも努力して来られたのが分かるので、またネタが見たいなぁ…と思えるようになりました〉、〈もういいのでは?とずっと思ってます。何より奥様が許してるのですから〉と、渡部の復帰を前向きに捉える意見も多い。「アンジャッシュの2人は、まだどうして行けばいいのか分からない状態なのかもしれませんが、周りの芸人たちはすでに“イジる準備は万端”だと思いますよ。ただ、やはりイメージの問題があり、スポンサーや局の上層部が簡単に許すような状況ではないのもの事実。いろいろな番組に出ていければ、いくらでも面白くなるチャンスは有ると思うのですが、当分は『白黒アンジャッシュ』のみという形になりそうですね」 渡部が『白黒アンジャッシュ』以外の場で活躍できるようになるには、妻である佐々木希の後押しも必要だろう。「渡部さんと佐々木さんは、夫婦で支え合っていくと決断したわけですが、“共演”がない状態なので、2人の意志が世間に伝わってないように見えるんですよね。もしも、2人で番組に出てインタビューでも受ければ、渡部さんに対するイメージも大きく変わっていくかもしれない。もちろん、芸人仲間の支えも重要ですが。それ以上に佐々木さんが動くことが、渡部さん復活のための最大の後押しとなると思います」 昨今は不祥事を起こしたタレントが地上波のテレビ番組以外の場で復活するパターンも少なくない。闇営業騒動で吉本興業から契約解除となった元雨上がり決死隊の宮迫博之は、YouTuberに転身し、さらに焼肉店のプロデュースをしている。エンタメ事情に詳しいライターの大塚ナギサ氏はこう話す。「宮迫さんは吉本興業所属ではなくなったということで、人力舎所属のままの渡部さんと事情は異なりますが、YouTuberになったことで、自分のポジションを見つけることができました。それと同時に、地上波のバラエティー番組では、芸人さんたちが頻繁に宮迫さんをネタにしています。特に焼肉店を始めたことで、よりイジりやすくなったということもあります。 一方、渡部さんは『白黒アンジャッシュ』で復活したものの、まだ大きな動きがなく、バラエティーでイジられることが少ない。それだけ慎重に動いているということなのでしょうが、本格復帰のチャンスを逃しているようにも見えるんです。もし今ここで何か目立った動きがあれば、間違いなく芸人仲間がイジるだろうし、それによって渡部さんの存在感も大きくなっていき、本格復帰が近づいていくと思います」 騒動前の渡部といえば、芸能界でも指折りのグルメとして活躍していた。宮迫のように、飲食店プロデュースに乗り出すという可能性はあるのだろうか。「地上波での本格復帰は難しくても、飲食店プロデュースならスポンサーの顔色をうかがう必要もないのでハードルは低い。活動の選択肢としては現実的だと思います。あるいは、グルメ系YouTuberという道もあるかもしれない。グルメ関連の仕事で芸人仲間にイジってもらえるトピックを作り出すというのは、復帰に向けた戦略となりうるでしょうね」(大塚氏) 渡部に対する風向きが変わりつつある今は、動き出すにはいいタイミングなのかもしれない。
2022.06.28 16:00
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
 シーズン開幕当初、泥沼の連敗が続いて「今季はもうダメだ」と言われていた矢野・阪神に向けられる視線が大きく変わったのは、セ・パ交流戦(5月24日~6月12日)の後半からだ。 西武との3連戦の初戦に敗れた5月31日の時点では、交流戦の成績が3勝4敗、セで最下位に沈んでいた。在阪スポーツ紙は〈21世紀最速、屈辱54戦目。矢野監督・自力V消滅〉(6月1日付・スポニチ)といった手厳しい見出しを掲げた。 それが、6月3日からの甲子園での日本ハム戦に3連勝。同7日からのソフトバンク、オリックスとの6連戦を前に交流戦8勝4敗でヤクルトに次ぐ2位になると、〈交流戦5連勝でノリノリ矢野監督〉(7日付・サンスポ)と威勢がよくなり、交流戦を12球団中2位で終え、〈輝、チーム勝たせる4番になる〉(14日付・デイリー)〈球界を代表するエース青柳、獲る沢村賞〉(15日付・スポニチ)〈逆転Vの使者、頼もし第一声。ロドリゲス勝利に貢献する〉(21日付・サンスポ)と、ちょっと前がウソのような“お祭り騒ぎ”となった。 昨年は前半戦好調で首位を走っていたが、東京五輪開催に伴う中断期間を挟んだ後半戦に失速してヤクルトに逆転優勝を許した。今年はそのリベンジに燃える。「チームの雰囲気は春先からガラッと変わりました。大山は6月に入って16試合で10本塁打と絶好調。甲子園で4戦連続のヒーローインタビューに呼ばれた時には、“もう話すことはありません”と言ったほど自信を取り戻している。交流戦後の合同練習では、矢野監督がナインを集めて“オールスターブレークまでの33試合、後半戦も楽しみになるような戦いをしていきたい”と訓示した。ベテランの糸井は“去年と真逆のことを起こしたい”と気合十分でした」(阪神担当記者) 守護神として1985年の阪神の日本一を経験し、引退後も一軍投手コーチなどを務めた中西清起氏は逆転Vの可能性について、「まだ70試合以上残っているので、無理ではないと思います」として、こう期待を込める。「まずは(勝率)5割。ターゲットを巨人に絞って追いつく。巨人を捕まえたら、次はヤクルトをターゲットにする。昨年は追いかけてきたヤクルトにひっくり返されたが、今年は追いかける強みが出てくるかもしれない」 もちろん、奇跡の逆転V、日本一のためには、クリアしなければいけない課題もある。対広島戦は開幕から1分けを挟み9連敗という“鬼門”になっている。「苦手の広島戦でいかに(借金を)返していくかでしょうね。矢野監督がやらないといけないのはロースコアの時にいかに点を取りにいくか。代打であったり、盗塁のための積極的な代走であったりを使えるかでしょう。ここまでは野手が打つのを待っている状態が目立ったので、いかにベンチが選手を動かせるかがカギになる」(中西氏) 盤石の投手陣に綻びがないことも白星を積み重ねる絶対条件になる。現役時代は南海、西武で捕手として活躍し、阪神コーチ時代は野村(克也)監督の懐刀として「キャッチャー・矢野」を指導した元編成部長の黒田正宏氏はこう言う。「岩崎、湯浅、アルカンタラに疲れが出てきている。岩崎は6月13日に登録抹消し、湯浅、浜地(真澄)らもリフレッシュ休暇させた。そうやって中継ぎ陣を休ませながら、どれくらい働いてもらえるかで結果は大きく変わる。あとは正捕手問題でしょう。3人に競争させているようなかたちだが、ケガから復帰した梅野(隆太郎)を中心に回していくべきじゃないですかね。やはりキャッチングに落ち着きがある。梅野に若い投手陣を引っ張っていく責任を持たせるべきでしょう」 阪神のエースとし活躍した江本孟紀氏は、今後の上位進出を目指すうえで「阪神には心強い味方がいる」と話した。「それが巨人ですよ。開幕から9連敗のあと、甲子園で巨人3連戦に勝ち越し、GWも東京ドームで巨人に3連勝させてもらっている。巨人相手に勝ち越せているのだから、さらに上に行ける可能性はある。CSは出場できるんじゃないですかね」 リーグ優勝に届かなくても、CS出場の3位以内に入れば、投手力がモノを言う短期決戦のなかで、「下克上」のチャンスも出てくるのではないか。※週刊ポスト2022年7月8・15日号
2022.06.28 11:00
週刊ポスト
もし在庫があったとしてすぐに設置できるとも限らない
猛暑予想でもエアコンは深刻な品薄 「1~2か月待ち」で夏に間に合わない可能性も
 経済産業省やエアコンメーカーなどが今年4月、「早めのエアコン試運転を」と呼びかけたことが話題となった。シャープの公式Twitterは4月末、〈今年どころかずっと前からエアコンをお使いのご家庭へ、エアコンの試運転をしておかないと真夏の修理待ちで詰みます。買い替えでも在庫なしで詰みます。買えても設置待ちで詰みます。あわせて実家のエアコンも試運転。冷房18度で10分〉とツイート。「詰みます」という言葉を3回も使って、試運転を促した。 6月21日に気象庁が発表した3か月予報(7~9月)によると、梅雨明けから一気に気温が上昇し、全国的に暑さが続くという。猛暑の中、エアコンが使えないという状況になれば命に関わる。 今年5月に「早めのエアコン試運転を」と呼びかけた独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)の担当者が言う。「当機構では本格的な夏季を迎える前のエアコン試運転を推奨・喚起しています。猛暑日を迎えて初めてつけた時に故障が判明しても、業者は新規設置や修理依頼ですでに手一杯のことが多い。それでは、その後も続くであろう猛暑に間に合わせることができません」 そうした状況に追い討ちをかけるのが、エアコン本体の品不足だ。東京都調布市で電気店を営む渡邊東氏(アタックマルオデンキ代表)が言う。「4月からエアコンの品薄が顕著になり、現在も入荷が不安定な状況が続いています。新規に注文をいただいても設置できるまで1~2か月はかかるでしょう。設置を外注している大手量販店などの場合はさらに時間がかかり、設置が夏の猛暑に間に合わないケースもあるようです」 近年は毎年のようにエアコンの品薄が話題になるが、なぜなのか。第一生命経済研究所首席エコノミストの永濱利廣氏はこう言う。「現在のエアコン品薄は世界的な半導体不足に加え、中国・上海のロックダウンによる生産工場の操業停止などが主な要因となっています」 そうしたなか、政府は7~9月に2015年度以来となる全国規模の節電要請を行なった。11か月連続となる7月からの電気料金値上げもあり、今夏はエアコンの使用控え圧力が懸念されるという。「脱炭素化が進むなか、火力発電所の休廃止が増えていることを背景に、今夏は深刻な電力不足が予想されています。政府による節電要請や電力大手10社の料金値上げなど、エアコンの連続使用が憚られる状況となりそうです。高齢の方などエアコンの冷風に抵抗感を持つ人も少なくないと言われ、ますますエアコン控えが顕著になるのでは」(同前) 今シーズン、まだエアコンをつけていない人は早めの試運転をして、夏本番は適切に冷房を使うことが必要になるだろう。※週刊ポスト2022年7月8・15日号
2022.06.28 11:00
週刊ポスト
杉良太郎氏らが呼びかけた
杉良太郎、乃木坂46黒見明香らが本気討論「なぜ特殊詐欺被害に遭うのか」
 1日あたり約7730万円──実はこれ、オレオレ詐欺などに代表される特殊詐欺の令和3年度の被害額である。 全国で被害が相次ぐ特殊詐欺の撲滅を掲げ、警察庁「ストップ・オレオレ詐欺47~家族の絆作戦~」プロジェクトチーム(略称:SOS47)は2018年より活動をスタート。国家公安委員会委員長より「特別防犯対策監」を永久委嘱され犯罪対策に取り組む杉良太郎を筆頭に著名人の特別防犯支援官が名を連ね、特殊詐欺に関する知識や防止策をわかりやすく伝え、全国47都道府県警察と特殊詐欺被害を防止するための対策活動に励んでいる。 6月初旬にはSOS47のメンバーが特殊詐欺被害撲滅に向けて最新の状況を把握し、今後の取り組みについて意見交換をする対策会議を行った。当日は杉、特別防犯支援官の伍代夏子、コロッケ、松本利夫(EXILE)、黒見明香(乃木坂46)、向井地美音(AKB48)、斉藤真木子(SKE48)、石田千穂(STU48)、吉原朝馬および警察庁より長官官房参事官、警視庁より犯罪抑止対策本部副本部長らが参加した。 冒頭、警察庁より特殊詐欺の最新情勢について驚くべき報告があった。・令和3年に被害の届け出があった認知件数は1万4498件、被害総額は約282億円・ピーク時(平成26年)の被害総額565.5億円から約半減しているが、1日あたりに換算すると約7730万円の被害が確認されている・特殊詐欺の手口別被害額はオレオレ詐欺:90.6億円(32%)、キャッシュカードを狙った詐欺:70.1億円(25%)、架空料金請求詐欺:68.1億円(24%)、還付金詐欺:45.2億円(16%)、その他:8.1億円(3%)・令和2年からの推移では、還付金詐欺被害の比率が全体の9%から16%へ拡大している・特殊詐欺の約9割は自宅の固定電話を通じて行われる・高齢の女性に被害が集中している 被害額の多さに驚くが、これらはあくまでも届け出があった被害に限られる。「実際にはもっと多くの被害件数、被害額にのぼると考えられる」と、警戒が促された。 今回の対策会議に先がけ、4月に被害者への聞き取り調査をしていたという杉からも「特殊詐欺の被害は1回きりだと思うかもしれないが、ひどい場合は10回くらい騙されてしまう。一人のかたが1億数千万ほど騙し取られた例もある」と被害実態が明かされ、以下の実例も紹介された。なぜ「おかしい」と思いながら計6回も振り込んでしまったのか『還付金詐欺』80代 男性 被害額:約500万円《介護生活を経て妻を亡くして悲しみに暮れる中で突然、「医療費が振り込まれるから銀行へ行ってください」と自宅に電話がきた。還付金は事前に役所から書類がくることは知っていたので、「おかしい」と思って相手に確認をしたが、「おかしくない」と落ち着いた声で言われて信用してしまった。気軽に連絡を取り合うような友人はおらず、息子も仕事で留守にしていて、相談できる相手が家にいなかった。 電話を受けてすぐにATMへ向かい、1回40万円など分割して、4日間で計6回振り込んだ。ATMでは犯人から電話で指示があり、「暗証番号を入れて」などと促される。2回目の振り込み時にあらためて「私を騙しているのではないか?」と聞いたが、「そんなことはない」という言葉に安心してしまった。その後も、手続きが終わると「おつかれさまでした」と言われ、怪しいとは疑わなかった。6回騙し取られたところでようやく息子に相談をして、一緒に警察へ行った。計約500万円のお金は老後の資金として貯金してきたもの。電話でお金の話は詐欺だとわかっていたのに、自分がなぜ話に乗ってしまったか、悔やんでいる》 聞き取りの中でこの男性は、「金額の大小関係なく、自分が騙されたというショックが大きい。特殊詐欺のことは知っていても、いざ詐欺の電話がきたら忘れてしまっている」と杉に語ったという。 杉は対策会議でこう分析した。「『還付金なのに、なぜATMへ行くの?』などと、若い人には理解ができないかもしれない。でも、これが歳を重ねるということなんです。高齢になると、ちょっと今日はしんどいとか、このところ体調がすぐれなくて頭がぼんやりしているとか、家庭内での出来事で気持ちが塞いでいるとか、そういった不調が日々あるもの。不調によってメンタルにも波があります。 そんな時にいきなり電話がかかってきて『早く還付金をもらわないと時間に制限がある』とか、『あなたのクレジットカードが不正利用されている』と恐ろしいことを言われて『早く、早く!!』と急かされたら、通常の判断ができなくなる。冷静に考えて踏み止まることができない。その瞬間に、騙されているんです。 疲れていたり、精神状態が乱れていたりすると、『なにかおかしいな』とは思っても、『完全にヘンだ』とは確信が持てない。これが騙される人の特徴です」 特殊詐欺と呼ばれる犯罪は騙す手口は共通していても、捉えかた、騙されかたは被害者によって違う。犯罪の特殊性として、被害者の心理を理解しておくことも必要だと、呼びかけた。AKB48向井地は「たぶん自分でも騙されてしまう」 特殊詐欺の被害者の実態を知り、若い世代も次のように危機感を募らせた。「なぜ戻ってくるお金の還付金をご高齢のかたが払ってしまうのか不思議でしたが、“早く、早く”と急かされて頭が働かなくなってしまうケースが多いと知りました。自分なりに特殊詐欺の勉強をしたところ、ATMでの被害は銀行だけでなくコンビニやスーパーなど、身近なところでたくさん起きている。登録番号が必要と言われて、電話口で伝えられた数字を打ち込むと、それが振込額になっているそうです。50万円が『500,000』だったらわかりやすいですが、『4986……』と細かい数字の羅列で約50万円を騙し取るなど、悪質だなと思いました」(SKE48・斉藤)「高齢者を狙う犯人の巧妙な手口を知って、たぶん自分でも騙されてしまうなと感じました」(AKB48・向井地) 祖母宛に還付金詐欺のハガキが届いたり、祖母の友人へオレオレ詐欺の電話がかかってきたりしたことがある、と日常に潜む危険を実体験として語ったのは黒見(乃木坂46)だ。「特殊詐欺のハガキや電話は去年に何度も身近で起こりました。聞くところによると、心理的には警察官や市役所などの職員を名乗って電話がかかってくると不安になってしまう、発信者の番号が東京03だと本物の役所からの電話かもしれないと思ってしまう、ということでした。電話がかかってきた際に、警察署のポスターを思い出して特殊詐欺かもしれないと疑うことができたというかたもいて、日頃の広報啓発の大切さを実感しました」 自身は今春に大学へ進学したが、成人年齢が18才に引き下がり親の同意無しに契約ができるようになったことでクレジットカード契約や投資の勧誘を実際に受けたと語り、「詐欺=ご高齢のかたが引っかかりやすいという認識がありましたが、自分と同じような10代、20代も詐欺に引っかかる可能性がある。若い世代にも自覚を持たせるような活動をしていきたい」と、意欲を見せた。STU48石田(千)は離れて暮らす祖母と連絡をとるようになった 杉が聞き取りを行った80代男性の例でも、被害を食い止める直接のきっかけとなったのは息子に相談をしたこと。被害者心理として「騙されたと認めるのは自分の恥をさらすようで、なかなか言い出せなかった」と語っており、日頃から家族が高齢者を見守り、変化を見逃さないことが犯罪の抑止にも繋がると、“家族の絆”の大切さをチームで共有した。 石田(千)(STU48)は、普段から離れて暮らす祖母と連絡をよく取るように心がけているといい、「祖母の様子が変だなと感じたら、すぐに状況を把握できる可能性がある。オレオレ詐欺は知っていても、あまり手口を知らない特殊詐欺もあると思うので、こういうパターンに陥ったら気をつけて、と広く伝えていきたい」と、家族の絆を実践していると明かした。「今年から中学や高校へ足を運び、『おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さんに特殊詐欺に気を付けるように言ってね』という活動も始めた。今後も引き続き、若い世代へ啓発していきたい」と、SOS47の活動に触れた杉。被害者となりうる高齢者だけでなく、家族も含めて、すべての世代が特殊詐欺を自分事として捉えるべきと、強調した。 伍代は、高齢者が詐欺の窓口となる犯人からの電話に出ないようにするにはどうしたらいいかと課題を挙げ、「家族と離れて暮らす高齢者、日中にひとりの時間がある高齢者を詐欺の電話から守るため、家族が防犯機能付の電話をプレゼントするのはどうか。“離れていても、家族を守ることができる”と、高齢者とは違う層へもアプローチしていきたい」と提言。 警察庁によると、防犯機能付の電話には次のような迷惑電話防止機能があるという。 ・着信時に電話の相手方に警告音声を発する・通話中に自動的に通話内容を録音・登録されたデータベースと照会して迷惑電話番号からの電話を自動判別し、着信を拒否もしくは着信ランプなどで警告を表示 さらに、通話中にAIが迷惑電話を感知して、家族など5人の登録先にリアルタイムで知らせる特殊詐欺対策用のアダプタの実用も始まっているという。ほとんどの被害者は加害者を憎まず自分を責めるようになる 被害者への聞き取りを通じて、杉は被害者の心のケアの大切さを痛感している。「被害に遭った人は私がバカでした、とずっと自分を責め続ける。相手を恨むのではなく、ほとんどの人はなぜ騙されてしまったのだろうと自省するんです。心の傷は3~4年経っても消えず、長く、暗い人生を送る。人にも言いづらく、誰にも言えなかった被害の実情を私に打ち明けて肩の荷が下りました、スッキリしました、という声を聞きます。被害を未然に防ぐことはもちろん、万が一、被害に遭ってしまった際には決して本人を責めずにメンタルケアを心がけることも、家族として被害者を救うことになると伝えたい」(杉) 杉は、被害者を心的にどう支えていくかを重要課題として挙げ、被害者へのフォローを継続しながら警察官も被害の実態を把握することで犯罪に斬り込む新たな糸口も見つかるのではないか──と、期待を寄せる。 今後は各都道府県警も家族と連携して被害者のケアにあたり、特殊詐欺撲滅へ向けて被害者・加害者の双方から犯罪の根源を探っていくことを掲げた。
2022.06.28 11:00
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
「やっと公開日が決まってひと安心です。一時はどうなることかと思いましたから」。そう胸をなでおろすのは、ネットフリックスのオリジナルドラマ『First Love 初恋』の関係者。このほど、配信開始日が11月24日と発表された。公開日と同時に明らかにされたのがW主演の佐藤健(33才)と満島ひかり(36才)以外のキャストで、その豪華な面々が話題を呼んでいる。中でも注目を集めているのが、満島の母親役を小泉今日子(56才)が演じることだ。 本作は、1999年にリリースされた宇多田ヒカルの名曲『First Love』と、その19年後に発表された『初恋』にインスパイアされたラブストーリー。満島が演じるのは、フライトアテンダントを目指すも、不慮の事故で運命に翻弄されるヒロインだ。主役の2人は順調に決まったが、その後は関係者が頭を抱える事態が相次いだという。「まずコロナ禍で撮影開始が1年も延期に。加えて、撮影自体も当初の予定から大幅に延びて10か月もかかってしまいました。さらに、宇多田さんの楽曲使用をめぐる話し合いなどもあって……。本来であればもう少し早く公開したかったのですが、時間がかかってしまったんです」(前出・ドラマ関係者) 撮影が長期間に及んだ理由の1つが、満島の強いこだわりにあったという。「脚本はすでに出来上がっていたんですが、満島さんから『こういったシーンを増やしたい!』といった提案が何度かあったんですよ。スタッフはその都度、脚本を変更したり、新たなシーンの撮影手配に追われていました」(前出・ドラマ関係者) さらに満島はキャスティングの選定にもかかわった。「いちばん最初にキャスティングが決まったのは満島さんで、佐藤さんは、満島さんのご指名でした。なんでも、『相手役はドキドキする人がいいから』ということだったそうで。さらに、小泉さんを母親役としてキャスティングしたのも、『小泉さんに母親役を演じてほしい』という満島さんの要望によるものだったんです」(前出・ドラマ関係者) 満島と小泉は、2017年放送のドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系)で共演。また、2018年に放送された音楽番組『マイ・ラスト・ソング 人生の最後に聴きたい歌は』(NHK)では、樹木希林さん(享年75)を交え、恋人との破局や離婚についても赤裸々に語り合っていた。 たとえばこうだ。希林さんから「男の人に飽きるときってどういうとき?」という質問を投げかけられると、満島は「正直じゃないなと思うと、どっちかが悪いものを見ないようにしている状況だなと思うと、ちょっとやめちゃうかもしれないです」と即座に回答。 すると小泉も「私も離婚したことがあって、正直じゃないと思ったときに相手に伝えたいけど、いっぺんには伝えられないから割と時間をかけて『いまちょっといい?』と言って何年も話をした気がします」と、“飽きる男”についての意見でも息の合った様子を見せた。加えて、満島も小泉も自分がやりたい仕事を実現するために、長年所属していた事務所から独立したという共通点がある。「2人とも希林さんに憧れていて、彼女のようにスケジュール調整やマスコミ対応も自ら行っている。満島さんは、もちろん小泉さんを中心とした“小泉会”のメンバー。芸能界で絶大な人脈を誇っていたとされる小泉会も最近は控えめな活動ですが、それでも満島さんは、忠誠を誓い続けているそうです」(芸能関係者) 共感しあう2人は、劇中でどんな母娘像を見せてくれるだろうか。※女性セブン2022年7月7・14日号
2022.06.28 07:00
女性セブン
中国国防省が弾道ミサイルの迎撃実験成功をHPで発表
中国軍が「弾道ミサイルの迎撃実験に成功」と発表 自国の核兵器防衛が目的か
 中国国防省は6月19日、自国領土内で弾道ミサイルの迎撃実験を実施し、「所期の目的を達成した」とホームページ上で発表した。その日のうちに発表された短い声明では、実験場所や実験システムの種類、迎撃されたミサイルなど詳しい情報は明らかにしていない。弾道ミサイル迎撃システムの開発は米軍が先駆けて進めているが、今回の実験で中国人民解放軍も米軍と対抗できるレベルであることが判明した。香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」が報じた。 発表によると、実験場所は中国の国境内の陸上であり、このミサイル迎撃実験は「防衛的なものであり、どの国にも照準を合わせたものではない」としている。今回の実験は、2010年以来に中国が公表した6回目の陸上での弾道ミサイル迎撃実験で、2021年2月の実施に次ぐもの。 中国人民解放軍のミサイル部隊に勤務していた軍事専門家、邵永嶺氏は実験の翌日の20日、中国国営の中央テレビ局の取材に対して「この技術は中国の核戦力を守るためのものだ。我が国の核戦力の開発は非常に限られており、今回の実験は核兵器を破壊しようとする敵軍の弾道ミサイルを撃ち落とすことが目的であることは明白だ」と指摘した。 また、香港在住の軍事アナリスト、梁国良氏もサウス紙に対して、今回の実験は米軍がカリフォルニア州南部沖でオハイオ級潜水艦から非武装のトライデントII(D5LE)ミサイル4基の発射に成功したと発表した翌日に行われているとしたうえで、「この実験はワシントンに対する抑止力のメッセージでもある。中国には能力がある。米国だけが中国を攻撃できるわけではないことを明確に伝えているのだ」と解説している。 これに先立って、中国の魏鳳和国防相(上将)は今月初め、シンガポールで行われた安全保障サミットで、中国が新しい核兵器の開発で「目覚しい進展」を遂げたと述べたうえで、「これは大きな核抑止力であり、戦争を防ぐのに有用である」としている。
2022.06.28 07:00
NEWSポストセブン
【動画】広末涼子、渋谷センター街に! マッサージ&1人寿司の大人姿
【動画】広末涼子、渋谷センター街に! マッサージ&1人寿司の大人姿
 6月中旬の夕方、東京・渋谷のセンター街を歩く、広末涼子さんの姿をキャッチしました。 広末さんが向かったのは芸能界でもリピーターが多いというマッサージ店。たっぷり1時間半施術を受けると、その足で、飲食店やアパレルショップが軒を連ねる繁華街をのんびりと散歩。 その後、百貨店のレストラン街にある寿司店に入ると、カウンターに座りました。ここでもゆったりと大人のオフを満喫したようです。
2022.06.28 07:00
NEWSポストセブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
 元岸田派の吉川赳・衆院議員は本誌・週刊ポストが18歳女子大生との「パパ活飲酒」を報じた後、国会にも会期末まで姿を現わさず、“逃避行”を続けている。説明責任も果たさないまま「離党」で逃げ切ろうとする脳裏には、これまでのゾンビ議員たちの“前例”が浮かぶからだろう──。「総理が携帯に電話しても出ないらしい」。官邸関係者からはそんな話が漏れてきた。“人の噂も七十五日。雲隠れして待っていれば、そのうち有権者も忘れてくれる”。そんなメンタルなのだろう。6月30日にはその吉川氏に税金から約290万円の夏のボーナスが支払われる。どこまでも往生際が悪く、有権者への責任など眼中にないようだ。 というのも、吉川氏は選挙区である静岡5区の有権者に選ばれて当選したわけではない。 初当選した2012年総選挙以来、これまで4回の総選挙でいずれも対立候補の細野豪志氏に大差で敗北、1回も選挙区で当選したことがない。昨年の総選挙では当選者との得票差を示す「惜敗率」が48%とダブルスコア以上の票差で落選したにもかかわらず、重複立候補した比例代表で復活当選した。初当選も昨年も、自民党大勝による、いわば「おこぼれ」で国会議員バッジをつけたのだ。 不祥事を起こす議員には、吉川氏のような比例復活議員が目立つ。政治ジャーナリストの野上忠興氏が指摘する。「選挙が楽だと政治家の質が下がる。本来、小選挙区制は1人しか当選できない厳しい選挙制度だが、比例代表への重複立候補を認めたためにおかしなことになった。大政党ではほとんどの候補が重複立候補し、勝利した政党の候補はたとえ小選挙区で落選してもかなりが比例で救済されてしまう。選挙が楽になって“言動を慎まないと有権者の審判で議席を失う”という緊張感が薄くなり、モラルが低い議員が国会に出てくる。 自民党が大勝した2012年総選挙で初当選した大量の議員たちは追い風で苦労知らずに当選を重ね、不祥事が相次いで『魔の2回生』『魔の3回生』などと呼ばれた。彼らがその典型です」 吉川氏も2012年初当選議員の1人。その後、2回落選(うち3回目は繰り上げ当選)を続けたために「魔の2回生」「魔の3回生」に入りそこねた。 この2012年組の自民党の不祥事議員のうち比例復活だったのは、秘書に対する殴る蹴るの暴行で罰金刑を受けた石崎徹氏(自民離党後、昨年の総選挙に日本維新の会から出馬して落選)、国会議員宿舎に中国人の愛人女性を住まわせていた橋本英教氏(故人)、元交際相手の女性から準強制性交容疑で刑事告訴(不起訴処分)されて議員辞職に追い込まれた田畑毅氏などがいる。ちなみに田畑氏の辞職で繰り上げ当選したのが吉川氏だった。※週刊ポスト2022年7月8・15日号
2022.06.28 07:00
週刊ポスト
公金で何をやっているのか…(時事通信フォト)
西村康稔・前コロナ相の玉ねぎ贈答問題「公金で買っているに等しい」との指摘も
 国会終盤、議員会館の多くの事務所に全国的に有名なブランドとして知られる淡路島産の玉ねぎが段ボール一箱ずつ“お中元”として配られた。気前のいい送り主は、淡路島を選挙区(兵庫9区)に抱える西村康稔・前コロナ担当相。現在は自民党選対委員長代行として参院選の指揮をとる立場だ。自民党で「将来の総裁候補」として売り出し中の政治家である。 西村氏からの淡路玉ねぎは国会の名物とも言われるが、今年は自民党だけではなく、野党である日本維新の会の議員にも配られた。西村氏は政界きっての「贈り物マニア」として知られる。コロナの感染拡大が始まった2020年の土産代は54件・総額約450万円、コロナ前の2019年は約825万円、2018年は約895万円と政治活動費の2割近くを占める。「国会議員が政治資金で贈答品や土産を配ることが果たして政治活動といえるのか」 公選法や政治資金問題に詳しい上脇博之・神戸学院大学教授(憲法学)も、そう問題提起する。「西村代議士の政治資金収支報告書では、政治活動費の2割近くが土産代となっている。土産の購入先に選挙区内の業者が多く、年間300万円を使っている。これは違法とはいえないが、選挙区内にお金を出し、回り回って選挙に有利と考えている可能性はあります。玉ねぎの件にしても、地元産品をPRする政治活動だというのであれば、自身のHPで宣伝すればいいのではないか」 そのうえで、資金の出所についてもこう話す。「西村氏は、国からの政党交付金は政党支部に入れて事務所費など日常経費を賄い、土産代は資金管理団体から支出することで形式的に会計を分けています。 だが、お金に色はついていない。政党助成金を必要経費にあてることで資金に余裕ができて土産を配ったと見れば、事実上、公金で土産を買っているに等しいといえる」(上脇氏) 政治学者の岩井奉信・日本大学名誉教授もこう言う。「政治資金規正法は、政治資金の『収入』について規定するもので、『支出』については規定がないから、不適切な怪しい支出が行なわれてしまう。今回の玉ねぎのケースも、維新議員にも配ったということは、想像ですが、『お手柔らかに』という意図があったのかもしれない。そういう疑問が生じるからこそ、西村議員には説明責任がある」 政治資金で土産、贈答品を買っていることについて改めて西村事務所に質した。「政治資金については法令に従い適正に支出しています。貴誌のご指摘はあたりません」 この説明で有権者は納得できるだろうか。※週刊ポスト2022年7月8・15日号
2022.06.28 07:00
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
 アイドルグループはメンバー同士で仲が悪い──そんな“通説”もどこ吹く風。国民的アイドルグループAKB48の元メンバーは、現在はママ友としてつながっていた。 6月中旬の午後11時前、東京・六本木の老舗しゃぶしゃぶ料理店から出てきたのは、前田敦子(30才)と篠田麻里子(36才)。かつてAKB48を支えた“神セブン”だ。 積もる話もあったのだろう。神戸牛を堪能しての女子トークは4時間半以上も続いたようだ。芸能関係者が言う。「6学年下の前田さんが先に結婚、出産を経験しています。その後に結婚して1児の母になった篠田さんは『敦子が育児のアドバイスをくれるの』と、頼りにしているようです。仕事と育児を両立させている2人ですから、この日のように深夜まで時間がとれることはまれのはず。久しぶりの会話に花が咲いたのでしょう」 先輩ママの前田は、昨年出産した同じく元AKB48メンバーの板野友美(30才)の相談にも乗っており、前出の芸能関係者は「AKB48時代はいちばん気難しかった彼女が、いまではいちばん社交的で仲間のまとめ役。時の流れを感じます」と感心する。 人生の紆余曲折が彼女を成長させたのかもしれない。前田が勝地涼(35才)と離婚したのは昨年4月。互いに相手を束縛し合い、つかみ合いのけんかが報じられたこともあった。 だが、離婚後は逆に“元夫婦円満”という不思議な状況になっているという。「この春、息子さんの幼稚園の入園式に勝地さんと2人で出席したそうです。親権は前田さんにありますが、2人は“いまが最強の親子タッグだね”と言い合っていて、関係は良好です。前田さんは勝地さんに“テレビで離婚をネタにしていいからね”と言っているぐらいですよ」(前田の知人) 前田は2020年に長年所属した大手プロダクションを離れてフリーに。その後、一時は低迷したかに見えたが、いまや映画や舞台に引っ張りだこで、4月からは、昼の情報番組『ポップUP!』(フジテレビ系)でレギュラーコメンテーターも務めている。「元夫に頼る部分はあるけど、“息子を育てるのは自分だ”という思いは強いようです。収入を安定させるためにも、仕事は厳選するというよりは、オファーがあれば幅広く受けていくつもりだとか」(前出・前田の知人) 冒頭の日、篠田を見送った前田は、近くのドン・キホーテでトイレットペーパーなど日用品を購入。大荷物を両手に、タクシーを止めると帰途についた。※女性セブン2022年7月7・14日号
2022.06.28 07:00
女性セブン
5月に摘発されたハプニングバー「眠れる森の美女」
乱交パーティ、連続摘発の裏で「ハプニングバーvs個人主催者」の密告合戦
 静岡県・浜名湖で起きた「120人乱交パーティ」摘発事件(6月12日)が、“愛好家”界隈に衝撃を与えている。「公然わいせつ幇助で逮捕された主催者の50代男女は、これまでも数々のパーティを開催してきた伝説のカップルでした。これを機に摘発機運が高まるのではないか、とみんな怯えています」 そう話す“愛好家”のAさん(40代男性)によれば、ここ数年、全国各地で乱交パーティが隆盛を極めていたと証言する。「コロナ禍で稼げなくなった風俗嬢が、乱交パーティを主催しまくっているんです。仲間内で声を掛け合い、参加者1人あたり3万円取るような営利目的の会で、いわゆるパーティビジネス。会場はホテルだったり、知り合いのバーを貸し切るような形です。1日3部制で開催して荒稼ぎする人もいました」 こうした風潮に神経を尖らせていたのが、ハプニングバーの経営者たちだったという。風俗業界に詳しいジャーナリストの河合桃子氏が語る。「店内で乱交の場を提供してきたハプニングバーからすれば、個人レベルでのパーティ開催が増えてくると、商売あがったりになってしまう。近年はハプバーと個人パーティ主催者双方が警察に密告し合うという泥沼のバトルが起きていたとも聞きます」 5月7日に東京・渋谷の巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」が摘発されるなど、このところ乱交界隈は当局による手入れが続いている。「これまでも乱交パーティの摘発は夏か冬に行なわれることが多かった。風紀が緩む大型連休前に、見せしめの意味も込めて摘発してきたと言われています。今年は個人でのパーティ主催が激増していることもあり、当局が例年以上に目を光らせている。まだしばらくは摘発劇が続くかもしれません」(河合氏) まだ新しい動きがあるかもしれない。※週刊ポスト2022年7月8・15日号
2022.06.27 20:00
週刊ポスト
夢のマッチは期待できるのか(左が井上尚弥/時事通信フォト。右が那須川天心/共同通信社)
前人未到の100億円マッチ“井上尚弥vs那須川天心”が実現する可能性はあるか
 次のドリームマッチがさっそく浮上している。6月19日、「THE MATCH 2022」(東京ドーム)で行なわれた那須川天心vs武尊のキックボクシング頂上対決は、天心がフルマークの判定で完勝した。天心はボクシング転向を表明しており、今後は村田諒太ら世界王者12人を輩出した名門・帝拳ジム入りが有力視されていると報じられた。「武尊戦は58kg契約でしたが、本来の天心は55kgを主戦場としてきた。ボクシングではスーパーバンタム級(55.3kg)で闘うことになるでしょう」(スポーツ紙記者) この階級での天心について、数々のビッグマッチを手がけてきた協栄ジム会長・金平桂一郎氏が期待を寄せる。「天心選手は、すでにボクサーとしても日本ランカークラスの技術を持っています。早い段階で日本あるいは東洋太平洋タイトルに挑戦し、その上で世界戦を目指す流れになるのではないか」 そう話す金平会長は、“モンスター”との対決も視野に入ると続ける。「私が天心選手をマネジメントするなら、青写真として2025年に井上尚弥選手(バンタム級世界王者)との一戦を描きますね。2023年に3試合してまず国内か東洋のタイトルを取り、2024年に防衛戦を挟んで、井上選手に挑戦する。ノニト・ドネア選手との再戦(6月)に完勝した井上選手は、近くスーパーバンタム級に階級を上げると見られていて、巡り合わせがいい」 天心vs井上の一戦が実現すれば、破格の金が動くとみられる。先の武尊戦はチケット収入、PPV(料金を支払って視聴するシステム)収入、スポンサー料を合わせて50億円を売り上げたと報じられたが、ある格闘技関係者は、前人未到の大台も期待できると話す。「興行収入100億円超もありえる。ここ数年、スポーツ界はPPVが主流で、2015年のフロイド・メイウェザー・ジュニアvsマニー・パッキャオの一戦はPPVだけで480億円を売り上げた。6月に米誌『リング』が発表した『パウンド・フォー・パウンド』最新ランキング(全階級を通して世界のプロボクサーを格付けしたもの)で井上は日本人初の1位に輝き、世界中のファンが注目している。どこまで数字が伸びるか予想も付きません」 ふたりの対戦が待ちきれない。※週刊ポスト2022年7月8・15日号
2022.06.27 19:00
週刊ポスト
【新刊】SNSを乗っ取られた男が窮地に…『俺ではない炎上』など4冊
【新刊】SNSを乗っ取られた男が窮地に…『俺ではない炎上』など4冊
 いよいよ気温も高くなり、涼しい部屋の中で静かな時間を過ごしたくなる季節。そんなときには読書なんていかがでしょうか。今読みたい、新刊4冊を紹介します。『俺ではない炎上』浅倉秋成/双葉社/1815円 山縣泰介は住宅メーカーの部長。出先から戻ると社内の空気が凍えている。その頃SNSでは女子大生殺しの犯人が山縣泰介と特定され大炎上していた。アカウントを乗っ取られ、自宅の倉庫で第二の遺体を見つけた泰介は逃げるしかなく……。泰介の無実を信じた人物が、日本語の誤用にうるさい泰介が間違った日本語だらけのTwitterを書くはずがないと言うのに思わずホロッ。『風の行方』佐藤愛子/文春文庫/上下巻 各935円 元校長の夫丈太郎に離婚を突きつけた64才の信子。丈太郎は岩手の山奥へ移住、その長男謙一は不倫のあげく美保と離婚して千加と同居、美保は編集の仕事を再開し、売れっ子作家との情事に堕ちるが、謙一と美保の息子吉見はイジメに苦しむ。元は新聞連載小説で、「現代人は変化を漂う浮草だ」という丈太郎の感慨が象徴的。“移りゆく日本人の姿”を叙事的に描出して今も新鮮。『カレーの時間』寺地はるな/実業之日本社/1760円「ぼく」こと桐矢は娘達との同居を嫌う祖父の名指しで渋々同居。祖父はカレールーの製造販売会社の元営業マンでカレーを偏愛、桐矢手製のアレンジカレーも喜ぶ。祖父はレトルトの販路拡大に奮闘していた頃、妻に出奔され、娘3人を育てた。男らしさとは。女を護るという旧世代のそれと、他者に敬意を払うという人間観に置換された新世代のそれ。質実で豊かな読後感に浸る。『フェイク ウソ、ニセに惑わされる人たちへ』中野信子 小学館新書 880円 ここでいうフェイクとは「嘘」のこと。振り込め詐欺に限らず、何度も繰り返される虚偽答弁や言った者勝ちの論点ズラしなど、なぜ我々にはこんなにも嘘に対する耐性がついてしまったのか。“脳は自分で考えるより命令されるのが好き”という事実に驚くやら納得するやら。善意の嘘、嘘の効用なども解説するが、それってたぶんストーリーのこと。はい、“物語”は必要ですね。文/温水ゆかり※女性セブン2022年7月7・14日号
2022.06.27 19:00
女性セブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
 6月27日、広島は米大リーグのパドレス傘下3Aエルパソを自由契約となっていた秋山翔吾(34)の入団を正式発表した。現在、セ・リーグで3位につける広島だが、OBで監督経験者でもある達川光男氏は、秋山加入が戦力としてプラスであるにとどまらず、様々な“相乗効果”を生む期待があるとして、好感を持って受け止めている。「秋山加入。ええじゃない。カープの野球が変わるよ。復調してきた阪神には悪いが、これでタイガースはCSへの目が消えたかもしれんよ」 広島OBで1980年代の黄金期を正捕手として支え、阪神でもコーチを務めた経験のある達川氏は、秋山入団の一報を受け、開口一番に阪神のことを気遣ってみせた。 古巣・西武、ソフトバンクも獲得に動いていたなか、秋山は広島に入団を決めた。3年総額4億円規模の契約と見られ、これまで12球団で唯一FA選手の獲得がなく大物日本人選手の補強に積極的ではなかった広島だが、今回は熱心に獲得に動いた。 背景には、昨シーズンまで4番でライトを守っていた鈴木誠也(27)がカブスに移籍したこともあるだろう。鈴木の穴を埋めるのは簡単ではなく、新人の末包昇大(26)が開幕スタメンでライトを守ったが、現在は二軍で調整中。野間峻祥(29)が復調すると、次は西川龍馬(27)が下半身のコンディション不良で選手登録を抹消されるなど、外野のレギュラーが固定できないでいた。達川氏が続ける。「秋山は足も速いし、守備もいい。三拍子揃った戦力として考えられるし、(松田元)オーナーは“付加価値”もあると期待している。鈴木清明・球団本部長がプロ野球選手会との事務折衝で秋山とは面識があったそうで、野球に取り組む姿勢や人間性を評価しており、ぞっこんだった。若い選手にとって、社会人としての手本になってほしいという願いもあったようだ。これまでFAで選手を補強してこなかったカープが手を挙げたということは、そういうことだと思うよ。 もちろん野球での貢献も期待している。カープには右投げ左打ちが多いが、揃って伸び悩んでいる。かつて石井琢朗(現・DeNA野手総合コーチ)がカープでプレーした4年間も、同じ右投げ左打ちの若手が育った。そういった効果も期待できるから、どうしても欲しかったんだろうね。今回は秋山ひとりの戦力的プラスにとどまらず、カープ全体の底上げになるんじゃないかな」 2011年にドラフト3位で西武に入団し、パ・リーグで9年間プレーした秋山。セ・リーグでのプレーは初めてとなるが、「パの“力の野球”で結果を残しているし、秋山は変化球を打つのもうまい。アメリカで野球をやって、日本でも天然芝で野球がやりたかったんじゃないかな」と達川氏はみる。 セ・リーグは現在、ヤクルトが独走しているが、2位の巨人以下は団子状態。広島は6月21日からの阪神との3位4位の攻防戦で、2勝1分と突き放してAクラスとなる3位をキープしている。達川氏は秋山加入によって「広島の戦い方が変わる」と力を込める。「侍ジャパンで一緒にプレーした會澤翼(34)や菊池涼介(32)、大瀬良大地(31)らがいる。すぐに溶け込めると思うよ。1番センターで使うんじゃないですか。西武では3番を打ったが、1番のほうが怖い。ランナーを返すより、リードオフマンとして試合開始とともに相手に与えるプレッシャーは大きい。選球眼もいいし、打つほうもシーズン最多216安打の日本記録を持っている。1番を秋山に任せ、菊池を3番に据えれば、広島の野球は強くなると思うよ。あの他人を褒めない(ソフトバンクの)柳田悠岐(33)が“秋山は凄い”と認めていたよ」 今シーズンの広島は阪神に9勝0敗2分で圧倒しているが、「来日してみないとわからないという外国人選手と違い、日本で実績がある秋山の加入でカープを苦手にしているタイガースはますます厳しくなるだろうね」と達川氏は力説。秋山加入で、交流戦を経てようやく上向いてきた阪神のCS進出に暗雲が立ちこめることになるのか。
2022.06.27 18:00
NEWSポストセブン

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン