新着ニュース一覧/4ページ

『NEWSポストセブン』の記事を新着順に紹介するページです。『週刊ポスト』『女性セブン』の話題記事をはじめ、最新のニュースはこちらでご確認いただけます。

【動画】三浦春馬さんの名を靖国に 提灯値上がりでも100個も集まった「ファンの熱い思い」
【動画】三浦春馬さんの名を靖国に 提灯値上がりでも100個も集まった「ファンの熱い思い」
 東京の夏の風物詩として親しまれている靖国神社の『みたままつり』。亡き俳優・三浦春馬さんの提灯が今年もファンの熱い思いによって照らされていました。 献灯した女性によると、こちらの提灯は春馬さんのこと…
2024.07.21 16:00
NEWSポストセブン
西條奈加氏が新作について語る(撮影/国府田利光)
西條奈加氏『バタン島漂流記』インタビュー「人格者よりも欠点がある人の方が面白いし、ロマンよりも生活感を私は書きたいんです」
 幕府開闢から65年。四代家綱の世に、江戸で尾張家御用の植木類を積み込んだ弁才船が三河沖で遭難し、フィリピン・バタン島まで33日間の漂流を強いられた史実を、直木賞作家・西條奈加氏の最新刊『バタン島漂流記…
2024.07.21 16:00
週刊ポスト
米東部ペンシルベニア州バトラーで、警護官に囲まれるトランプ前大統領(EPA=時事)
《トランプ前大統領銃撃事件で使用》「全米で広く出回る」AR-15ライフル、日本の暴力団が「使わない」理由
 ドナルド・トランプ前大統領が銃撃された事件で犯行に使われたライフル銃について、容疑者の父親が合法的に購入していたもので、米国でもっとも人気が高い銃だと報じられ、日本に住む多くの人は驚かされただろう…
2024.07.21 16:00
NEWSポストセブン
俳優・奥野壮と「オモウマかき氷」紹介!撮影/中西真基(AGENCE HIRATA)
カレー、サメ氷、純米大吟醸の酒粕クリーム…ユニークでおいしい「オモウマかき氷」 俳優・奥野壮「進化するかき氷にあやかってぼくも進化したい」
 7月25日はかき氷の日──空前のブームが続いているかき氷も、まさにいまが“旬”。そこで“最旬”俳優・奥野壮とともに、ユニークかつおいしすぎると評判の「オモウマかき氷」を全国から厳選してご紹介します!「わあ、…
2024.07.21 16:00
女性セブン
2022年7月の水泳世界選手権(ブタペスト)10m高飛込で15歳ながら銀メダルを獲得。帰国後、馬淵コーチに報告した。五輪、世界選手権を通じて日本人初の表彰台だった(写真提供/馬淵かの子氏)
【パリ五輪・高飛込】17歳・玉井陸斗、“69歳差の師匠”馬淵かの子コーチと目指す日本選手初のメダル「天才的でいて練習熱心。こんな子は見たことない」
 パリ五輪で表彰台入りが期待される選手の指導者のなかには、かつて同種目で五輪に出た往年の名選手もいる。大舞台に立ったコーチだからこそ見抜ける現役選手の才能や課題がある。志を若手に託す“オリンピアン師弟…
2024.07.21 11:00
週刊ポスト
歯周病は重大疾病を招くリスクも…(イメージ)
【インプラント治療】どの歯科医師、歯科医院を選べばいいか?「“楽で簡単な治療”と広告でアピール」「治療費が安すぎる」には要注意
「歯は健康の生命線」といわれるが、一度失えば戻ってこない。虫歯や歯周病に加え、もろくなった歯で硬いものを食べたり思わぬ事故やけがをしたり──さまざまな理由で失われる歯を補う方法を知っておけば、人生の後…
2024.07.21 10:59
女性セブン
最強の歯科医を総力取材(写真/PIXTA)
失った歯を補う方法「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の一長一短 どれを選ぶか判断するために知っておきたい基礎的な情報
「歯は健康の生命線」といわれるが、一度失えば戻ってこない。虫歯や歯周病に加え、もろくなった歯で硬いものを食べたり思わぬ事故やけがをしたり──さまざまな理由で失われる歯を補う方法を知っておけば、人生の後…
2024.07.21 10:58
女性セブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
「お疲れさまでした~。ありがとうね~」──日中は多くの人で賑わう都内のおしゃれエリアでも、深夜2時をまわると静寂に包まれていた。そこに響いたのは、紫色のTシャツに黒のパンツ、そして色の薄いサングラスをか…
2024.07.21 07:00
女性セブン
外国の諜報員に狙われる「キャンパスローンの返済に困った中国の学生」
【中国国家安全部が警鐘】高利のキャンパスローンの返済に困った中国の学生を外国の諜報機関が脅迫、国家機密を盗む事件が発生 当局への通報求める
 中国の諜報機関でもある中国国家安全部は7月12日、微信(ウィーチャット)公式アカウント「国家安全部」で、近年中国内の大学で高利のキャンパスローンがはびこり、多くの若者が底なしの穴に落ちているとし、キャ…
2024.07.21 07:00
NEWSポストセブン
【動画】深沢邦之“ホテルデート”のお相手は元妻・田中美佐子の“20年来のファン女性”だった!
【動画】深沢邦之“ホテルデート”のお相手は元妻・田中美佐子の“20年来のファン女性”だった!
 女性ファンとのホテルデートが目撃された深沢邦之さん。お相手女性は元妻・田中美佐子さんの“20年来のファン”であったことがわかりました。 女性が深沢さんのみならず、田中さんのファンでもあると自ら書き込ん…
2024.07.20 16:00
NEWSポストセブン
永六輔さんとの思い出(イラスト/佐野文二郎)
高田文夫氏が綴る“メディア・もの書き”の師匠・永六輔さんとの思い出 弟子入り懇願するも「友達だったら」の返事に「なれるか!」
 放送作家、タレント、演芸評論家、そして立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、高田氏の“もの書きの師匠”永六輔さんについて綴る。…
2024.07.20 16:00
週刊ポスト
甲子園を目指し、高校球児たちの熱い戦いが続く(PIXTA)
【夏の甲子園予選が佳境】高校野球の審判に求められる「教育的指導」の役割「監督ではなく選手が抗議」のルールにも意図がある
 各地で「第106回全国高校野球選手権大会」の都道府県大会が行なわれている。酷暑のなか、8月の甲子園大会を目指す球児とともに、長時間にわたってグラウンドに立ち続けるのは数多くの審判員だ。プロ野球の審判員…
2024.07.20 11:00
NEWSポストセブン
宮本信子は女優として、そして妻として伊丹十三を支えてきた(撮影/塩原洋)
なぜ伊丹十三作品はネットフリックス配信をしないのか? 宮本信子、会長、社長が明かす「伊丹プロダクション」の経営方針
 アニメーションが国内の映画産業を支えるようになったいま、興行・批評ともに成功を収める実写映画のスター監督は出てこないのか──。初長編『お葬式』(1984年)の公開から40年。当時51歳にして監督デビューを飾…
2024.07.20 11:00
NEWSポストセブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
 訪問先でのお召し物がたびたび注目を集め、ファッション業界では“佳子さま売れ”という現象も起きているプリンセス。しかし、国際親善の舞台では、庶民的なスタイルも時に誤解を生む可能性があるという。直近の訪…
2024.07.20 11:00
女性セブン
日本競泳界の新エースとして期待される本多灯
【パリ五輪・競泳】日本のエース・本多灯の直前練習に密着 自称“無邪気な永遠の4歳児”は「勝つ自信はあります」と凛々しい表情
 7月26日から開幕するパリ五輪で、JOC(日本オリンピック委員会)は日本選手団の目標として「金メダル20個」を掲げた。なかでも日本競泳界の顔として期待のかかる「明るいエース」の直前練習に密着してきた。「東…
2024.07.20 11:00
週刊ポスト

トピックス

熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
綾瀬はるか
《SixTONES ジェシーが真剣交際》綾瀬はるか「異例の事務所コメント」過去の熱愛報道と一線を画す理由 見えてきた“まっすぐ”な愛
NEWSポストセブン
綾瀬はるかとの熱愛が発覚したジェシー
《綾瀬はるかと真剣交際》SixTONESジェシー「プライベートはお任せください!」「ズドン」異例コメントに見えた「ファンへの思い」と「ユーモアたっぷりの誠実さ」
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン