• TOP
  • 芸能
  • 大桃美代子から不倫告発された麻木久仁子 離婚後はモテモテ

芸能

2010.12.22 17:00  女性セブン

大桃美代子から不倫告発された麻木久仁子 離婚後はモテモテ

<今年嬉しかった事は、Twitterを始めて色々な方と出会えたこと。ショックだったのは、元夫が麻木久仁子さんと不倫をしていた事がわかったこと。先輩として尊敬していたのに、ショック。どうして。辛い>

 12月19日の深夜、本人のものとみられるツイッターにこうつぶやいたのはタレントの大桃美代子(45)。「元夫」とは、2010年11月7日に不法入国容疑のためミャンマーで現地警察当局に身柄拘束され、同月9日に釈放されたAPF通信社社長の山路徹氏(49)のことだ。

 共にアラフィーバツイチの麻木久仁子(48)と大桃美代子。共に“インテリ芸能人”で、生放送やアドリブにも強いという共通点もあり、共演も多かった。大桃が麻木を先輩と慕う関係が続いたが、それが一転したのは2010年の10月のことだった。ある芸能関係者は、このふたりの関係についてこう話す。

「作家の日垣隆さんが、麻木さんが山路さんと愛人関係にあるとツイッターで暴露したんです。日垣さんはその後のツイッターにも本人や故・梨元勝氏にも確認をとっている話だと続けていました。これが、大桃さんの目に留まってしまったんじゃないでしょうか。大桃さんは12月18日にツイッターに<(麻木さんが)フォローしてくれない理由がわかってしまいました>とつぶやいています」

 双方の所属事務所とも「事実関係を確認中」というが、麻木は離婚後もモテモテでいつも“恋愛体質”だったという。以下は芸能関係者の証言。

「麻木さんは酔っぱらったときには“私に男がいないわけないじゃないのよ!”なんて豪語していましたよ。肉体改造にも熱心で、スポーツジムにもよく通っていました。麻木さんと山路さんは仕事でよく一緒にいることもあり、食事に行くこともありました。六本木のお店でもよく一緒でしたね」

※女性セブン2011年1月6・13日号

関連記事

トピックス