• TOP
  • 芸能
  • 「ニューハーフ」という言葉つくったのは桑田佳祐とパブママ

芸能

2011.01.17 10:00  女性セブン

「ニューハーフ」という言葉つくったのは桑田佳祐とパブママ

 いまやテレビ番組に引っ張りだこのゲイ、ニューハーフの方々。この人たちなくしていまは語れない…。だからこそ知っておきたい彼&彼女たちのこと。ここでは、ニューハーフについてお勉強します。

 はるな愛(38)をはじめ、そんじょそこらの女子よりかわいい人もいるニューハーフ。身も心も女、メイクも仕草も極めた姿にドキドキしちゃう。性自認は女性なので“女装”ではありません。中には女性が好きな人もいる(“女性”として女性が好き、バイなど)。

 ゲイのための総合情報サイト「g-lad xx」を運営する後藤純一さんは、ニューハーフをこう説明する。

「いかに女性として見られるかを目指しています。メイクも女性に近いナチュラルなものです。はるな愛さんのように手術をしたり、性同一性障がいとして戸籍を変える人もいますね。ニューハーフという言葉を編み出したのは、ショーパブ『Bettyのマヨネーズ』のママと(サザンオールスターズの)桑田佳祐です。オカマという言葉は差別的なニュアンスがあり、もっとカッコイイ呼び名をという気持ちがあったんだと思いますね」。

※女性セブン2011年1月20・27日号

関連記事

トピックス