• TOP
  • 芸能
  • 74歳で娘産んだ人間国宝 元気の秘密は蜂蜜と33歳年下妻

芸能

2011.01.29 10:00  週刊ポスト

74歳で娘産んだ人間国宝 元気の秘密は蜂蜜と33歳年下妻

 1月3日に亡くなった人間国宝・中村富十郎さん(享年81)。15年間の結婚生活を妻・正恵さん(48)が語った。

 69歳で鷹之資、さらに74歳で長女に恵まれたときには、「故・上原謙さんの71歳の記録を塗りかえた、日本の芸能界で最高齢のパパ」として大きな話題に。

 当時、富十郎さんが蜂蜜を愛飲していたことを明かすと、その蜂蜜が市場から消える騒ぎも起きた。

「キューバの蜂蜜ですね。たまたま主人を応援してくださっていた方からいただいたもので、それがすごくおいしかったんです。それを使った蜂蜜トーストをテレビ番組で紹介したら、『(子作りには)蜂蜜がいいらしい』ということになって。キューバ大使館にまで問い合わせがいったりして、大変だったみたいです(笑)」

 ただ、正恵さん自身は、「結婚のときには子どものいる家庭像はまったく考えていなかった。子供を授かったのはそれはもう神様のお蔭で……」という。

※週刊ポスト2011年2月4日号

関連記事

トピックス