芸能

海老蔵の隠し子(9歳)「弟妹ができる」と麻央の妊娠を祝福

各スポーツ紙に躍った「海老蔵 7月パパに」の大きな見出し。西麻布での暴行事件以来、無期限謹慎を続けている市川海老蔵(33)にとって、妻・小林麻央(28)の妊娠発覚は久々の明るい話題となっている。しかし、海老蔵は9年前から一人の女の子の「パパ」だった。決して表舞台に出ることのない“もうひとつの家族”は、幸せな海老蔵たちの姿をどう見つめていたのか――。

「娘には、何も隠さず全部きちんと話しているんです。あの人が結婚したことも、子供ができたことも……」

パラパラとみぞれが降りしきる肌寒い夕方だった。首都圏のとあるベッドタウンのマンションから姿を現わしたAさん(37)は、本誌の質問にこう答え始めた。かつて歌手として芸能界で活躍したAさんが、海老蔵との間に子供をもうけたのは2002年のことだった。しかし、Aさんが海老蔵に結婚を求めることはなかった。2人の間には「梨園の掟」が大きく横たわっていたからだ。事情を知る梨園関係者がいう。

「歌舞伎役者との結婚は、“家に入る”という意味が大きく、個人の恋愛感情だけでは到底認められないものです。一族の総意や贔屓筋の承認がなければ、子供ができたとしても決して結婚は許されない。

1997年には市川染五郎、今年に入っても片岡愛之助の隠し子が発覚しましたが、歌舞伎の世界では結婚のハードルが高い。一方で、芸事を極めるために多くの女性と付き合うことが半ば勧められてもいる。それだけに、隠し子がまかり通る土壌があるんです」

それから長い月日が経った。現在Aさんは、一般の仕事を持ちながら、9歳になる「海老蔵の娘」と2人で静かに暮らしている。麻央との結婚、そして妊娠……。各メディアで報じられる海老蔵夫妻の姿を「隠し子の母」は、どんな気持ちで眺めていたのか。Aさんは突然の直撃に驚いた様子を見せつつも、噛みしめるように少しずつ語り始めた。ダウンジャケットの下のスレンダーなプロポーションと整った目鼻立ちは、芸能界で活躍していた頃とほとんど変わらない。

「もちろん、お二人のことは祝福しています。(麻央の妊娠について)娘は“お母さんは違うけど、弟妹なんだ”って喜んでいるんです。娘には、小さい頃から父親のことは何も隠していません。父親がいないと子供はできませんから……。娘がしっかりと生きていくためには、小さい頃に自分を卑下することを覚えてほしくないんです」

※週刊ポスト2011年3月18日号

関連記事

トピックス

三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
渋谷のスクランブル交差点で笑顔のパッキャオ
「RIZIN」参戦発表のパッキャオ 渋谷スクランブル交差点で家族写真撮影中に大パニック発生
NEWSポストセブン
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
逮捕された永田陸人容疑者と東京・狛江市の事件現場(時事通信フォト)
連続強盗事件、特殊詐欺に酷似する手口 標的は「人に恨みを買う仕事で稼いだ資産家」から「一般人」に
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン