• TOP
  • 国内
  • スカイツリー中心部貫く「心柱」の制揺装置で大地震乗り切る

国内

2011.03.23 07:00  週刊ポスト

スカイツリー中心部貫く「心柱」の制揺装置で大地震乗り切る

 地震のために頂上部のアンテナが曲がってしまった東京タワー(333メートル)。展望台にいた観覧客にケガはなかったが、一部地域でNHK総合と教育のアナログ映像が見にくくなるなどの影響が出た。 

 対して、高さ625メートルに達していた東京スカイツリー(完成時634メートル)は無傷。約500人の作業員が作業中だったが、ケガ人もゼロだった。

 東京スカイツリーは、五重塔と同様に「心柱」という柱を制揺装置として設ける構造になっている。心柱は直径8メートル、高さ375メートルの鉄筋コンクリート製の円筒で、根元から第一展望台の屋根上まで、スカイツリーの中心を貫く。

 地震が起きたときには、周囲の鉄骨部分とは別に揺れるため、互いの動きを打ち消しあって、ツリー全体の揺れを小さくするというのだ。 

 完成すれば関東大震災クラスの地震でもほぼ無傷ですむというが、先端部分での作業中に大地震が起きるとは、さすがに想定外だったに違いない。みなさん無事で本当によかった。

※週刊ポスト2011年4月1日号

関連記事

トピックス