国内

HIV感染者 20%は50代以上、最高齢は男性82歳、女性70歳

 エイズが医学的に認知された1980年代初頭から1990年代に比べると大きく報道されることはなくなったが、日本では確実に感染者が増えている。既にエイズ患者とHIV感染者の合計数は1万8000人を超える。

「2008年まではHIV検査を受ける人が増加したのに比例して感染者数も増えていた。2009年は検査数が減少したのに伴って感染者数も減少。ところが昨年は、検査数が減っているにもかかわらず、感染者数が増えた。これは、人口全体に占める感染者の割合が増えているからだと考えられます」(厚生労働省疾病対策課担当者)

 また、日本においては「同性愛者の病気」「海外で買春してもらってくる」といったイメージが強かったが、それは過去のもの。近年では新規判明者のうち同性愛者の占める割合は5割ほどに減っている。また、数の上では海外ではなく国内での感染が圧倒的に多いのだ。

 そして今回判明した調査結果でとりわけ顕著なのは、感染者の“高齢化”が進んでいることだという。

「昨年のデータでは、40代以上とともに60代以上の新規感染者数が増えています。例えば、熱が出るなど体調が悪いため、風邪かと思って病院に行き、“念のため”ということでHIV検査を受けて感染が見つかったり、なかにはカポジ肉腫やカリニ肺炎が発症してから、エイズを発症していることがわかったケースもあります」(同前)

 感染者の高齢化は、現場の医師らも実感している。独立行政法人国立国際医療センターエイズ治療・研究開発センターの本田美和子医師がいう。

「当院では3000人あまりの患者さんを診ていますが、その5人に1人は50代以上。現実問題として、エイズは決して若い人の病気ではありません。診断時の最高齢は男性で82歳、女性でも70歳を過ぎた方が通院中です」

 しかも、高齢者の潜在的な感染者は相当数いると見られている。

「日本ではそもそもHIVの検査数自体が欧米に比べて格段に少ない。それでも若い人たちの場合は、つき合い始めたカップルが“ラブチェック”として一緒に検査を受けることが珍しくないのですが、中高年は検査にはほとんどいかない。実際の感染者はずっと多いのでは」(前出・厚労省疾病対策課担当者)

※週刊ポスト2011年6月10日号

関連キーワード

トピックス

黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
なぜここまで打てなくなってしまったのか…(時事通信フォト)
巨人・小林誠司、6月の打率0割… 慢性的な打撃不振は「指導者に責任の一端」の指摘
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
分裂抗争が最終局面に(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
「民間人の店も襲撃」 最終局面に突入した分裂抗争で六代目山口組が見せた意志
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子 “破壊力抜群”水着ショット公開はレギュラー番組激減への反転攻勢か
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン