• TOP
  • 国際情報
  • 【キャラビズム】今の日本、挨拶してくれるのは自動販売機だけ

国際情報

2011.09.03 17:00  NEWSポストセブン

【キャラビズム】今の日本、挨拶してくれるのは自動販売機だけ

アンドレ・キャラビ氏は、1927年フランス生まれの84歳。同国ペンクラブの会員だ。日本では『目からウロコのヨーロッパ』などの著書がある。日本在住40年以上の親日家だが、どうも最近、このニッポンで目に余る出来事が多い。マナー、お金、日本語、女性、子供……。そのキャラビ氏が、いまの日本人に向けて、箴言集で発する痛烈な「キャラビズム」。さて、あなたはどう受け止めるか? 第1回は、「マナー」編である。

* * *
●Beaucoup de personnes pensent que le mot“Manières”est seulement un mot technique concernant le portable!

最近、マナーと言う言葉は携帯電話のマナーモードの専用語、と勘違いしている人が多い!

●Ceux qui ont des manières ennuient ceux qui n‘en n’‘ont pas!

マナーがない人にとって、マナーある人は迷惑でしょう!

●Pas de savoir-vivre chez soi,pas de savoir-vivre chez les autres.

自分の家でマナーが無ければ他人の家であるわけがない。

●Si cela continue,il n‘y aura plus que les débiteurs automatiques qui nous remercieront!

このままでは、挨拶してくれるものは自動販売機だけかな!

関連記事

トピックス