芸能

きゃりーぱみゅぱみゅ 高校時代門限19時、小遣い月5000円

いま話題のきゃりーぱみゅぱみゅ

 プラチナカラーの先がショッキングピンクになった“紅しょうがヘア”、そしてラブリーな部屋着とスカジャンを合わせた“ヤンキープリンセスファッション”。自ら選んだド派手な私服が妙に似合う色白美少女が、ヘン顔を繰り出す――

 彼女の名前は、きゃりーぱみゅぱみゅ(18)。絶対噛んじゃういいにくい名前だけど、その由来は?

「高校時代のあだ名“きゃりー”に、お笑いタレント・サバンナ八木(真澄)さんの“パミュ”という一発ギャグを足しました。ぱみゅがふたつ続くのは、同じ言葉を繰り返すとかわいいから。それだけです」

 彼女の本業は、ファッションモデル兼歌手。1日200万アクセスというブログの読者には木村カエラ(26)らがおり、彼女の曲は小泉今日子(45)もお気に入り。その奇抜なファッションが話題を集め、女子中高生の間では“原宿のカリスマ”として、爆発的な人気を誇る。いまではテレビの情報番組、バラエティー番組にも引っ張りだこだ。

 高校2年生のとき、原宿で声をかけられてファッション誌に載ったスナップ写真が注目を集め、読者モデルとして活動を開始。

「高校は、ギャルかオタクしかいない学校だったんですけど、そのどっちでもない私はごく少数の“変態的な子”たちとおふざけばっかりしてた。いま思うとヘンな奴でした」

 そんな彼女のファーストエッセイ『Oh! My God!! 原宿ガール』(ポプラ社)には、一躍人気モデルになって生活が激変した高校時代も含め、ブログに書ききれない彼女の“素”が詰まっている。例えば……好きな色は「全色」。好きな本は「サメ図鑑」。苦手な生きものは「お母さん」。理想のタイプは「お父さん」。

「うちはお母さんがすごく厳しかったので、甘いお父さんとのバランスがとれてちょうどよかったんです。当時はお母さんを恨んだりもしましたけど、いま感謝する瞬間はむちゃくちゃあって。

 大人の人と仕事する上で、ちゃんとしてるねって褒められるのはお母さんが厳しくいってくれたから。人と話すときとか思いやりの気持ちとか、マナーの基礎を教わりました。外見とかブログとかふざけてますけど、普通に話せますよ」

 高校時代、門限は19時。携帯は20時にはリビングの充電器に置いて、朝6時まで使用できない。お小遣いは月5000円。食事中に肘をついたら腕を叩かれる。ウソをついたら携帯没収1週間~10日で、パソコンもロックされる。普段は優しい父親も、きゃりーが母親に悪いことをいった瞬間ブチ切れた。叩かれて、青あざになることもしょっちゅう……。

 いまどき珍しいほどのスパルタだったのだ。

撮影■津野貴生(SLANG)

※女性セブン2011年9月29日・10月6日号

関連記事

トピックス

ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
SNSでも話題の「佐賀大学お嬢様部」に直撃
佐賀大学“お嬢様部”の活動実態を直撃取材!「お嬢様の定義をお教えしますわ」
週刊ポスト
1980年、田中派の総会で挨拶をする田中角栄(写真/共同通信社)
鉄の結束を誇った田中角栄軍団、「みんな田中ファン」指導力に心酔した議員や秘書たち
週刊ポスト
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト