• TOP
  • スポーツ
  • 古閑美保 嫌がるウッズの尻触り「柔らかかった」とウットリ

スポーツ

2011.11.08 07:00  週刊ポスト

古閑美保 嫌がるウッズの尻触り「柔らかかった」とウットリ

タイガー・ウッズのお尻を触る古閑美保ら

タイガー・ウッズ(35)が東日本大震災のチャリティイベント参加のため日本にやってきた。

最近のタイガーといえば2009年の不倫騒動以来、成績は下降気味。昨年8月に離婚は成立したが、今シーズンは1勝もできず、281週連続で守ってきた世界ランク1位の座も陥落。現在56位にまで落ちている。

タイガーは不倫相手19人の元“肉食系プロ”だが、対する古閑美保(29)はダルビッシュ有や西岡剛などプロ野球選手との噂が絶えない“肉食系女子プロ”である。

そんな2人がパートナーを組んだだけに、ハプニングも続出。グータッチやハグ、寄り添ってコース戦略やパッティングラインを教え合うまではよかったが、古閑が「筋肉チェック」を理由にウッズのヒップをタッチしたいといい出した。通訳を介して「カメラが多いので恥ずかしい」と断わられたが、古閑は強行突破。その後は何度もタッチする肉食っぷり。

古閑は「あんな魅力的なヒップは初めて。柔らかかった~。でもキュッと力を入れると硬かった♪」とウットリ。さらに、ラウンド後はスカートの太ももの付け根部分にサインをもらって大はしゃぎするなどテンションMAX。これでタイガーの眠れる獅子を呼び起こしていなければいいのですが……。

※週刊ポスト2011年11月18日号

関連記事

トピックス