芸能

立川談志 師匠・柳家小さんから破門された回数は80回超えた

11月21日に喉頭がんのため亡くなった立川談志さん(享年75)。風雲児と呼ばれた彼の生き様は、時に荒々しく、でも優しく愛すべきものだった。

談志さんが、落語の世界に足を踏み入れたのは16才のこと。高校をわずか1年で中退し、新宿・末廣亭の支配人だった芸能評論家の真山恵介氏の世話で5代目・柳家小さんに入門した。

「見習い」「前座」「二つ目」「真打」と階級がもうけられている落語の世界。小さんと初対面したとき、名跡の「小三治をくれ」と平然といったという談志さん。入門するやすぐに頭角を現し、前座となった初の高座から好評を博した。

しかし同時に談志さんの素行の悪さが問題となりはじめる。若手を集め、覚えやすいようにと、噺を区切って教える7代目・林家正蔵に対して、「師匠、しみったれないで、一気に教えてくださいよ」と平気な顔で注文をつけた。

宴席に30分も遅刻し、当時の落語協会会長の8代目・桂文楽に「いまの若い者はなっちゃいねぇ」と怒鳴られても、しょげずに最後まで残って平然と酒を飲み、料理を食べた。

代役で特別出演を頼んだ大先輩の2代目・桂小金治(85)には、「落語を忘れた兄さんを救うために、あたしの親切心から、会に呼んだのだ」と啖呵を切る。

当然、師匠である柳家小さんとも幾度となくトラブルを起こし、破門された回数は80回を超えた。それでも談志さんは小さんに怒られる度に、「あたしも師匠の年になればわかりますよ」と返した。

1954年3月に二つ目まで昇格したものの、芸の力があるが他に問題があるという声もあがって、真打となるまで通常の倍近くの10年もかかった。さらには、5年も入門が遅い3代目・古今亭志ん朝に真打昇進で先を越されるという屈辱も味わっていたのだ。

※女性セブン2011年12月15日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
ミスコン時代の高橋茉莉氏
《ビキニ現場も全力》公認取り消しの元アナ高橋茉莉氏「手書き自己PR」で綴った「グラビアは要相談」「あわよくばしっかり稼ぎたい」芸能活動時代の「とにかく売れたがっていた」素顔
NEWSポストセブン
角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
初めての連ドラ主演に熱量を持って臨む福田麻貴が目撃された
本物の涙にこだわり10分間静止 連ドラ初主演「3時のヒロイン」福田麻貴の熱量に現場騒然
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
「納税は個人の自由だろ!」燃え盛る「#確定申告ボイコット」の声 税務署ではクレーム続出 涙目で「なぜ生活が苦しい私たちから…」という女性も
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
オーバー70の有名人たちからも人気を集めている大谷翔平
冨士眞奈美、研ナオコ…大谷翔平にドハマりする“オーバー70”たち 尾木ママは開幕戦のプラチナチケットをゲット
女性セブン
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン