芸能

小向美奈子 元芸能人AV女優に「お前とは感性が違う」と説教

『メルマガNEWSポストセブン』では、ビートたけし、櫻井よしこ、森永卓郎、勝谷誠彦、吉田豪、山田美保子…など、様々なジャンルで活躍する論客が、毎号書き下ろしの時事批評を展開する。ここでは3月23日に配信された最新号8号より「吉田豪の今週のオピニオン」から小向美奈子スペシャルインタビュー(完結編)の一部をお届けする。

 * * *
「もうNGナシなんで。はい、どうぞ」そう言って小向美奈子のマネージャーは彼女をインタビュー会場に送り込んだ。グラビアアイドルからストリッパー、AVと、ドラマティックな人生を送る小向に吉田豪が直撃。第6号(3月9日発行)の前編では、「15歳のデビュー時に妊娠してた」ことを告白した小向美奈子だが、この完結編ではストリッパー、AV女優と続いた“転身”の理由から、アイドルたちの金ヅルだった財界人、彼氏との死別についても赤裸々に語っている。そして話題は、あの大物芸人との関係についても及んで…。吉田豪、渾身のインタビューをお読みください。

<「なんでそこまでできるの?」ってよく聞かれる>

──悩んでAVに出てみたら、反響がまた想像以上にデカかったわけじゃないですか。
小向:ビックリした! マネージャーが、毎回毎回、「DVDの予約ランキング入った! 『スターウォーズ』に勝ったよ!」とか言って(笑)。
──そこと勝負してたんですか(笑)。
小向:デビュー作は『ハリーポッター』と『スターウォーズ』と競ってたから、アマゾンのランキングで。「お前、ディズニー抜いちゃったよ」「え、美奈子が大好きなディズニー抜いたなんてヤバくね?」みたいな。

──AVも、収入がいいだけしんどいこともあるでしょうけど。
小向 まあ、これから先だと思いますよ。
──まだいまはない。
小向:うん。やれることはやったっていうふうに自分でAV作ろうかな、みたいな(笑)。AVの業界では、やっぱりもともとアイドルだった子が脱いでとかって結構多いじゃないですか。で、そういう子と会ったりするんですけど、「なんでこんな感じでできるんですか?」とかすごい聞かれる。
──どんな感じなんですかね(笑)。
小向:「お前と違うから。感性が違う」って言っちゃったけど。
──結局、プライドをどこに持つかなんでしょうね。
小向:そう。「そこにプライド持っても、いいことだろうけど、この先難しくなるんじゃない?」とか言っちゃった。

※上記の記事全文は現在配信中の『メルマガNEWSポストセブン』8号で読めます。
 
『メルマガNEWSポストセブン』

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン