• TOP
  • 国際情報
  • ゴールドマン・サックス ギリシャ危機を10年前に予測していた

国際情報

2012.07.08 16:01  SAPIO

ゴールドマン・サックス ギリシャ危機を10年前に予測していた

 超緊縮財政、増税、雇用調整……。今、国家破綻を食い止めようと、懸命の努力をしているのはギリシャだけではない。スペイン、イタリア、そして日本も、再建のための道筋を必死に見つけようとしている。だがその一方で「危機」を弄び、食い物にしている輩がいる。不幸こそカネ儲けのチャンスだとして、跳梁跋扈している彼らの儲けの手口とはいかなるものなのか。

「どんな対策をしてもユーロ圏の崩壊は避けられない。崩壊させるかどうかを決めるのは政府ではなく、市場を支配しているゴールドマン・サックス(以下「GS」)だ。ヘッジファンドは、儲かるのであれば、ギリシャが潰れようが世界経済が崩壊しようが気にしない」

 昨年9月26日のBBCニュースに生出演したある独立系トレーダーは、このあまりにも率直な発言でキャスターらを唖然とさせた。

 この時の映像がユーチューブにアップされて世界中で話題になったが、トレーダーはその後も「大恐慌が起きることを3年前から祈ってきた」などとあからさまに語っている。

 暴落を予想し、大量の「空売り」を仕掛け、巨万の富を得る。世界経済危機で苦しむ「99%」の立場からすると、人の不幸をネタに金を儲けるというのは非常に腹立たしいが、それが投機の世界に生きる人間の感覚だ。金融市場はゼロサムゲームで、彼らも、暴落に賭けながらもし暴落しなければ大損害を被る。

 しかし、暴落がもし“仕組まれたスキーム”だったとしたらどうだろうか。

 現在の欧州危機はギリシャの財政危機に端を発したが、経済アナリストの朝倉慶氏は「ギリシャ危機は巧みにプログラムされていた」と話す。

「99年にユーロが統合された時、ギリシャは債務が多いために条件を満たせず加盟できなかった。加盟するには財政を“粉飾”する必要があり、そこでGSがギリシャに提案したのが、通貨スワップという手法で、財政赤字を表面上覆い隠す“粉飾プログラム”です」

 GSは、ギリシャの将来の空港税や公営宝くじ収入を担保に数十億ドルの資金を提供。ギリシャはそれを借り入れではなく通貨スワップとして簿外処理をした。この取引自体は違法ではないが、簿外処理で赤字隠しをしたに等しい。こうして表面上、財政を健全化させ、2001年にユーロに移行できたのである。

 このシナリオを書いたのがGSで、2001年だけでも3億ドル(当時のレートでおよそ350億~360億円)もの手数料を得たという。

 当たり前だが、GSには、よほど経済実態が良くならない限り、通貨スワップが終わる2010年後にギリシャが財政破綻することはわかっていたはずだ。実際、2010年4月にギリシャ危機は表面化した。

 あらかじめ暴落することがわかっていれば、空売りでボロ儲けできる。現実にGSを筆頭とする国際金融資本は、空売りで巨額の利益をあげたとされている。

※SAPIO2012年7月18日号

関連記事

トピックス