• TOP
  • ライフ
  • 70歳過ぎたらメタボ予防は禁止 理想は20歳時の体重+5キロ

ライフ

2012.07.09 07:00  週刊ポスト

70歳過ぎたらメタボ予防は禁止 理想は20歳時の体重+5キロ

 長寿研究で名高い順天堂大学の白澤卓二教授は、介護を必要としていない元気な100歳を数多く診察し、長寿の要因を研究してきた。その結果、「百寿」を目指す上で最も重要なのは「食事」だと気づいた。何歳からでも遅くはない、今日から始められる、ボケないための食習慣を公開する。以下、【食べ方編】だ。

【粗食は老化を早める】
 野菜と魚だけ食べていれば健康になるかといえばそうではない。食べなさ過ぎは低栄養状態を招き、老化を早め、寝たきりの原因にもなる。特に中高年の場合は肉や魚をバランスよくとることが重要で、食事は3食きっちりとり、午後9時以降は食べないのが理想だ。

【70歳を過ぎたらメタボ予防は禁止】
 中高年は生活習慣病の予防に努めたほうがいいが、70歳を超えたら少々太っていることは気にせず、むしろ寝たきりの防止のため、低栄養にならないよう毎日3食ちゃんと食べることに気をつける。20歳時の体重プラス5キロ程度を維持するのが理想である。

※週刊ポスト2012年7月20・27日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス