• TOP
  • ライフ
  • 高齢出産のギネス記録は66才スペイン人女性 日本人では60才

ライフ

2012.07.20 16:00  女性セブン

高齢出産のギネス記録は66才スペイン人女性 日本人では60才

 53才のラジオパーソナリティー・坂上みきが、妊娠中であることを発表したが、一般的に「高齢出産」とは35才以上の人の場合をいい、50才以上の女性の妊娠や出産を「超高齢出産」という。オーク住吉産婦人科の医師で、不妊治療が専門の船曳美也子氏がこう説明する。

「閉経の年齢は45才から55才、平均50~51才です。閉経していなければ、自分の卵子が排卵しているということになり、妊娠は可能です。閉経していた場合は、第三者から卵子提供を受けての妊娠となります。その際、まずホルモン剤を内服や注射などで投与して、子宮を着床しやすい状態にします。そして、提供卵と精子で体外受精させた受精卵を自分の子宮に戻し着床させます。

 しかし、現在の日本では、日本産科婦人科学会の倫理規定で体外受精は夫婦間で行うことと規定されているので、第三者の卵子を使用した体外受精は許されていません。つまり国内ではできないのです」

 ギネスブックによると、これまでの記録は、2006年にスペインの女性が66才で双子の男の子を出産したのが最高齢とされている。

 日本での最高齢は2001年7月、当時60才の女性が、当時28才の在米日本人女性の卵子提供を受けて妊娠。再婚した24才年下の外国人男性との間に男の子をもうけた。

 最近でいうと2011年、衆議院議員の野田聖子議員(51才)がアメリカで卵子提供を受けて「50才初産」を公表し、話題となった。船曳医師によれば、第三者からの卵子提供以外にも妊娠は可能だという。

「不妊治療のひとつですが、閉経前に自分の卵子でつくった受精卵を凍結させておき、それを使用して妊娠することが可能です。その場合、卵子の年齢は、凍結したときの年齢のままとなります」

※女性セブン2012年8月2日号

関連記事

トピックス