芸能

最新芸能記事のRSS

北川悠仁の教主母 高島彩が特番出過ぎで心労重なりダウンか

2012.12.30 07:00

 12月は、5日放送の『FNS歌謡祭』、8日放送の『カスペ!』、16日放送の『日清食品 THE MANZAI 2012』…。  これは最近、高島彩(33才)が出演している番組の、ほんの一部。2011年10月、ゆずの北川悠仁(35才)と結婚し

 12月は、5日放送の『FNS歌謡祭』、8日放送の『カスペ!』、16日放送の『日清食品 THE MANZAI 2012』…。

 これは最近、高島彩(33才)が出演している番組の、ほんの一部。2011年10月、ゆずの北川悠仁(35才)と結婚したことで、仕事をセーブすると思われていたのに、テレビをつければアヤパン、といった状況になっている。そんななか、聞こえてきたのが、こんな話だ。

「結婚前から、高島さんが仕事をすることを快く思ってなかったお姑さんが、どうもダウンしてしまったようなんです」(テレビ局関係者)

 北川の母であり、姑の慈敬さん(75才)は、新興宗教『かむながらのみち』の教主。調べてみると、教団のHP上で毎月更新されていた教主のメッセージやその月の活動内容は、2012年9月以降ストップしたままで活動休止状態となっているのだ。

「教主のメッセージは、教団の威厳を保つという目的もあって、創設以来、慈敬さんが大切にしてきたことなんです。それが、息子さんが高島さんと結婚してからは、高島さんへの“警告メッセージ”のように受け取れるようなものもあって…。信者さんの中には、高島さんのことをよく思わないかたもいたようですよ」(教団関係者)

 例えば、結婚直後の4月には、こんなメッセージが教団HPで発表された。

<良き家庭の基は、夫婦のあり方にあります。(中略)特に私が強調したいのは、妻のあり方です。家庭の中心は夫です。しかし、家庭の要となるのは妻なのです>

 高島を知る芸能関係者がこう話す。

「最近、慈敬さんは、教団の信者離れに悩んでいたようです。それに高島さんは仕事をセーブするどころか増やしていくばかりで、自分の思い通りにならない。そんな心労が重なったんじゃないでしょうか。高島さんにしてみれば、姑さんに口うるさく言われない今が仕事をするチャンスといったところですよね」

※女性セブン2013年1月10・17日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP