スポーツ

最新スポーツ記事のRSS

プロ野球選手「戦力外通告」後に初めて密着取材される不思議

2012.12.30 16:00

 近年、TBSの年末特番として注目を集めているのが『プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達』。所属チームから戦力外通告を言い渡されたプロ野球選手に密着し、トライアウトに挑戦する姿を追いかけ、最終的には再び契約する球団が出てくるのか、それと

 近年、TBSの年末特番として注目を集めているのが『プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達』。所属チームから戦力外通告を言い渡されたプロ野球選手に密着し、トライアウトに挑戦する姿を追いかけ、最終的には再び契約する球団が出てくるのか、それとも引退を決意するのかを追い続ける番組だ。

 2004年のシリーズ放送開始以来、深夜帯での放送が続いていたが、2012年は放送開始時間が21時に“昇格”。年々、注目度が増していることが伺える。

 プロ野球の地上波中継がほぼ消滅しているにもかかわらず、世の中の不景気も相まってか、『戦力外通告』の人気が高まるという不思議な現象だが、この状況に、野球担当記者は疑問を投げかける。

「30歳半ばを超え、力が衰えたベテラン選手がそれでも現役にこだわり、もがく姿は美しいと思います。ですが、20代で戦力外通告される選手の中には、正直、練習を真面目にしてこなかった選手も少なからずいる。

 もちろん、ケガに泣いた選手もいれば、コーチとの巡り合わせが悪かった選手もいるので、一括りにまとめることはできませんが、努力が足りなかったから解雇される選手はかなりいるはずです。その選手たちを、美化するような風潮はいかがなものかと思います」

 実際、トライアウトの現場では奇妙ともいえる光景が見られるという。

「取材対象となった選手は、新幹線での行き帰りはもちろん、ロッカールームやベンチでも、ずっとカメラを回されています。これでは、クビになったという実感が沸きづらいのでは。もちろん、本人たちは必死でしょうし、番組スタッフも妥協せずに一生懸命作っているのはわかります。だからこそ、視聴率もよいのでしょう。

 ただ、今までプロの世界でほとんど脚光を浴びてこなかった選手が、解雇されたことによって、一日中つきっきりでカメラを向けられる。これは不思議です」(同前)

 45歳になる年まで現役を続けた落合博満(前中日監督)は、事あるごとにこう語っている。

「うまくなりたければ練習しろ。ブログ書く暇あったら練習しろ。それ以外にプロで生き残る道はない」

『戦力外通告』のカメラが回らなくなったとき、彼らの本当の戦いが始まるはずだ。

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP