芸能

普段はノーパンで過ごす壇蜜 「寝る時は地味な下着着ける」

普段はノーパンで過ごすという壇蜜

 Tバックでのサービスポーズで悩殺する壇蜜(32)だが、普段はTバックどころか何も着けないノーパンで過ごしているという。その理由について、壇蜜初のエッセイ『蜜の味』(小学館)の中で、こう明かしている。

 * * *
 これは着エロの反動かもしれませんが、下着はとても地味になりました。とは言っても、普段はノーパンが多い私。下着を着けるのは寝るときです。

 健康のため、股間を冷やさないように、寝るとき用のパンツをはくようになりました。そのパンツというのは、主に西友で購入したもので、おばちゃんぽい色とデザインで、カイロを貼ったりできるタイプ。

 それをはいて寝ると、冷え症が改善し、そのお陰で、起きているときにノーパンで過ごしやすくなります。ノーパンで過ごすために、パンツをはいているという具合。ひとりでいるときは、別に色気を出さなくてもいいと思っています。

 もし、部屋で男の人から無理矢理……なんてことになっても、「うわっ、壇蜜ってこんなパンツはいて寝てんのか!?」とギャップに驚いてもらえれば、難を逃れられるかも。

 でも、男の人からのプレゼントなら下着は大歓迎。相手にちょっと好意があるような場合なら、もらっていちばんうれしいプレゼントです。

 たしかに、渡す方にとっては、難易度は高いかもしれません。ひとりで選ぶのは恥ずかしいでしょうし、店員さんに聞くのは、かなり勇気がいるはず。なので、一緒に買いに行く、というのがいい手だと思います。ランジェリーショップに行って、「こういうのはどう?」「私、そんなの着たことないよー」なんて、盛り上がること請け合いですよ。プレゼントならちょっとリッチなものを買ってもらえますし。

 もし、そういった関係がない場合でも、冗談ぽく、軽いノリで渡してくれれば、スムーズに受け取れると思います。次に2人で会ったときに、「今日はもらった下着を着けてきました」なんて女性が言ったりすると、OKのサインにも♪

※壇蜜・著『蜜の味』より

関連記事

トピックス

大学内のコンビニで買い物をされることもあるという(10月、東京・港区。写真/JMPA)
卒論提出間近の愛子さま、皇族の悲恋を描く『源氏物語』に夢中 不安定な登場人物に「親近感がある」と告白
女性セブン
永野の登場に泣き出すファンも多かった
永野芽郁の武道館イベント、坂口健太郎や斎藤工らがお忍び観覧 ビデオメッセージでは呼び捨て、兄妹みたいな“めいたろう”コンビ
女性セブン
《騒動拡大》『24時間テレビ』募金着服に怒りが広がる理由 視聴者が抱いていた「番組のあり方への疑問」に再点火も
《騒動拡大》『24時間テレビ』募金着服に怒りが広がる理由 視聴者が抱いていた「番組のあり方への疑問」に再点火も
NEWSポストセブン
羽生結弦(写真は2022年)
【ミニスカ、恋愛歴も】羽生結弦にとって想定外?「元妻Aさんの過去情報」も離婚理由になったか 
NEWSポストセブン
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
女性セブン
検査入院したという神田正輝
《旅サラダの当面休養を発表》神田正輝、病院嫌いになった生命力への絶対的自信「谷底に落下」「血まみれから回復」
NEWSポストセブン
GACKT
《『翔んで埼玉』GACKTの高校時代》常連「餃子の王将」前で卒アル撮影、滋賀県人として過ごした知られざる姿「学ラン」「チャリ通」「いつも斜め45度」
NEWSポストセブン
実は結婚していたNHK吉岡真央アナ
【遠距離で結婚生活】NHK『ニュースウオッチ9』吉岡真央アナが「極秘結婚」していた お相手は高知放送局時代の「穏やかな先輩局員」
週刊ポスト
木本慎之介さんが語る
【独占インタビュー】西城秀樹さん長男・木本慎之介さんが明かした“勝負服”「大事な場所に行くときは父の服を着ると決めています」
女性セブン
ハラスメント行為が報じられた安楽(時事通信フォト)
《楽天・安楽パワハラ騒動》遠征先で「女を呼べ!」 複数の現役選手らが決意の告白「あの人と野球をするのは限界だった」深夜の飲食店で後輩に大声で説教も
NEWSポストセブン
りんご園の責任者が取材に応じた
《茨城リンゴO157集団食中毒》農園の責任者らが語った本音「業務用カッターは夜通し消毒」「今年は出来が悪い」「1000人以上の来客があった」
NEWSポストセブン
羽生結弦
羽生結弦、離婚の真相 元妻にとって「想像とは異なる新婚生活」“アスリート妻”としての役割与えられなかったか
女性セブン