• TOP
  • 芸能
  • 森三中の大島美幸 夫を一途に思い続ける“ブスの妻”の矜持

芸能

2013.03.02 16:00  女性セブン

森三中の大島美幸 夫を一途に思い続ける“ブスの妻”の矜持

 自身のツイッターで、作家の鈴木おさむ氏(40才)の小説『芸人交換日記』を批判したキングコングの西野亮廣(32才)。これに、妻・森三中の大島美幸(33才)が夫・鈴木氏を守るべく立ち上がったことで話題になっている。

 大島は、テレビ番組で西野を「ふざけるな!」と猛口撃。凄まじいほどの怒りぶりで、西野と鈴木氏の話というより、西野VS大島の遺恨へと発展したかのようだ。

 そんな大島は、これまで不幸なブスキャラを売り物にしてきた。例えば、雑誌の連載でその容姿についてこう書いていた。

「母もブス。父方、母方の祖母もブスなので、私は生まれるべくして生まれた血統書付きのブスなのである。ありがたくない親族たちの七光りを頂き、ブスのトップアスリートとして平成を生き抜いている」

 幼稚園の頃、自分だけ男の子からスカートめくりの対象にならず、女の子扱いされていないことに気づく。小学生になると、骨太で体ががっしりしてきて、典型的ないじめられっ子になった。軽トラにひかれたという悲惨な経験さえ、「ダンプ」という愛称の由来になった。

 そんな彼女が手にした妻の座、そして幸せすぎる結婚生活。しかし大島は、いつ夫から「この結婚、どっきりカメラでした!」と言われるんじゃないかという不安を常に持っているという。

「こんな私に、これほどの幸せが訪れるのは間違っているのでは?」

「この人はいつか自分の元から去っていくのでは?」

 そんな緊張感を彼女はいつも抱えているのだ。

「でもそれが、夫婦の鮮度のよさにつながっていると思いますよ。あんなできた嫁はなかなかいないですよ」(芸人仲間)

 大島は夫のために手料理に励み、おふくろの味からがっつり丼メニューまで幅広いレシピをものにして、とうとう料理本まで出版した。掃除好きだからいつも家はピカピカだし、執筆活動もあってこり症の夫のためにと、スペシャルなマッサージも修得済みだ。

 そしてどんなときも夫のいちばんの味方でいる。夫が傷ついたら、代わりに自分が出ていって、相手に100倍返しだってするというわけだ。

 決して妻という地位にあぐらをかかず、夫を一途に思い続ける――それが大島の“ブスの妻”としての矜持なのだ。

※女性セブン2013年3月14日号

関連記事

トピックス