芸能

PUFFY吉村由美 出産前に夫と別居、元夫・西川のフェス登場

 PUFFYの吉村由美(38才)が2009年に結婚した夫と別居していることがわかった。

 2009年大晦日に飲食店オーナーの一般人男性・Aさん(32才)と電撃再婚した由美。Aさんは東京・六本木の人気鉄板焼き店のオーナーで、倖田來未(30才)の元カレとしても知られているイケメンだ。ふたりは都内の高級邸宅街の億ションで新婚生活をスタートさせた。だが、結婚生活も3年を過ぎた昨年春頃から、ふたりは別居していた。

「Aさんは鉄板焼き店のオーナー業だけでなく、経営コンサルタントとして飲食店のプロデュース業も始めて、名古屋とか仙台とか全国各地を飛び回るようになったんです。正直、ほとんど家にいない日々が続きました。

 そんなAさんに対して、由美ちゃんは不満を抱くようになって、たまに帰ってきても、ケンカばかりだったそうです。そんな状態に嫌気が差したAさんは、由美ちゃんを置いて家を出てしまったみたいなんです」(Aさんの知人)

 こうして別々の生活をスタートさせたのだが、このとき、由美のお腹には新たな命が宿っていた。つまり、出産目前での別居だったのだ。そして昨年8月、由美は第1子となる長男を出産する。出産時には夫ではなく、相方の大貫亜美(40才)が立ち合った。

 現在、由美は東京・渋谷区内の今年春に完成したばかりの高級マンションに引っ越し、1才になったばかりの息子とふたりきりで生活している。

「朝、赤ちゃんを抱っこひもで抱えながら、愛犬をお散歩させている由美ちゃんの姿は、よく見かけますよ。ただ、いつもお子さんとふたりきりで、旦那さんと一緒のところは見たことがありませんね」(近所の住民)

 一方のAさんは、由美の家から車で20分ほどの別な街で暮らしていた。実際、AさんのFacebookには<東京都目黒区在住>と書かれており、ふたりが別居しているのは間違いないようだ。

 女手ひとつで幼い我が子を育てる由美。そんな彼女に今、急接近しているのが元夫のT.M.Revolution 西川貴教(43才)だという。

 離婚後も友人関係を続けていたふたり。西川は交際していた菜々緒(24才)との関係を由美に相談したこともあったという。さらに、今年9月21日、22日に行われた西川が主催するロックフェス『イナズマロック フェス』にもPUFFYが出演しており、“再接近”ともいえそうだ。

※女性セブン2013年10月10日号

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
芸能界にもギャラ飲みを活発に行う女子たちがいるという(写真はイメージ/AFLO)
国民的アイドルOBやグラドルも参加 国税が「ギャラ飲みにメス」で震える芸能人たち
NEWSポストセブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
保育園園長を刑事告発した裾野市の村田悠市長(時事通信フォト)
《園児虐待で3人逮捕》土下座の保育園園長は地元の名家出身 母親は「関係ありません」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
なぜ選手個人のアカウントに批判コメントを投稿するのか(写真前列左から2人目が吉田選手。Getty Images)
森保一監督、選手に求めた自己犠牲の精神 主張の強い海外組をまとめた「交際術」
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン