• TOP
  • 芸能
  • 石田太郎さん 草なぎ剛がプールで執筆依頼する場面で急死

芸能

2013.09.30 07:00  女性セブン

石田太郎さん 草なぎ剛がプールで執筆依頼する場面で急死

 米ドラマ『刑事コロンボ』シリーズの日本語吹き替え版で、コロンボ警部役の声優を務めた俳優・石田太郎さん(享年69)が9月21日、亡くなった。10月10日スタートのドラマ『独身貴族』(フジテレビ系)の撮影中のことだった。

 ドラマの主人公で映画会社の社長を演じる草なぎ剛(39才)が、石田さん演じる脚本家に執筆を依頼するシーンだった。

「石田さんが泳いでいるプールに草なぎさんが飛び込んで、懸命に執筆依頼をするというシーンだったんですが、カットがかかって、石田さんがプールサイドに上がろうとした時のことでした…」(テレビ局関係者)

 異変に気づいたスタッフはすぐさま石田さんをプールサイドへと引き上げ、119番通報。すぐに心臓マッサージやAEDを施したが、意識は戻ることなく、救急搬送された病院で死亡が確認されたという。この日は気温27℃で水温も決して低くはなく、石田さんは事前に準備運動も行っていたという。

「7年以上も前の話ですが、石田さんは心臓に病を患って、それ以来、狭心症の薬を携帯するようになったそうです。最近は元気だったんですけどね…」(前出・テレビ局関係者)

『独身貴族』では、初回のみのゲスト出演だった石田さん。主演の草なぎも、共演を楽しみにしていたのだが、悲劇が起きてしまった。

<石田さんが面白いとおっしゃって参加していただいたこの作品に、一生懸命に取り組んでいきたいと思います>

 草なぎは石田さんの死から2日後、書面でコメントを発表した。

※女性セブン2013年10月10日号

関連記事

トピックス