• TOP
  • 芸能
  • 永六輔氏 車いすダンスで2020年東京パラリンピック出場計画

芸能

2013.10.15 16:00  週刊ポスト

永六輔氏 車いすダンスで2020年東京パラリンピック出場計画

 2010年、パーキンソン病と前立腺がんであることを公表し、治療とリハビリを続けながら現在も活動を続けている永六輔氏(80)を、吉田豪氏(プロインタビュアー)が深掘りインタビュー。オリンピック反対の立場をとる永氏だが……。

──いまや数少ないオリンピック反対派ですもんね。

永:うん。ただ、いまからする話は半分嘘です。って言うのもあれだけど(笑)。松島トモ子さんに「来週トークショーのステージをやるから手伝ってほしい」って言われて、何を手伝うのかと思ったら、車いすダンスを踊りたいって言うんですね。僕は、車いすには乗ってるけどダンスはできない。でも「大丈夫だから付き合ってほしい」って言うので、昨日スタジオに行って。

──練習したんですか!

永:練習したの。

──踊れそうなんですか?

永:練習して絶望的になってるんだよな(笑)。それからもうひとつ大事なことは、パラリンピックですよね。車いすダンスっていうのは、もうひと押しで種目に入れる段階で、いま入ってないんですって。だから、もし入れたらば、僕と松島トモ子さんが組んで、そこに参加するの。

──7年後に向けて!

永:パラリンピックに出るという、思いもよらないとんでもない話になって。

──オリンピックには反対してたけど出る羽目になるかもしれない、と(笑)。

永:そういうのって、面白いでしょ。みんなに笑われるだろうと思うけど。80歳過ぎて参加できるなんて、ほかの競技にないわけです。で、そのへんをラジオで味方をつければいいので。

──なるほど、世論をうまいこと誘導して(笑)。

永:前に僕は尺貫法復権運動(*注)を、ラジオを使ってやったでしょ。それと同じように、ラジオで語りかけて、永六輔をパラリンピックに出す運動っていうのをやりません?

【*注】長さを尺、重さを貫で表わす尺貫法がメートル法の施行以来、禁止されたことに異を唱え、1976年からTBSラジオ『誰かとどこかで』を中心に復権運動を展開。結果として、尺貫法の使用が容認されることになった。

──永さんが7年後も元気でいられるのならいくらでも乗ります!

永:ちょっとだけ希望があるのは、トモ子さんは車いすダンスのワールドカップで優勝してるんですよ。彼女は元スターだから、還暦まで電車に乗ったことがないの。そういうスターは、昔、いっぱいいたの。坂本九にしても、ものを買うっていうのができなかったね。これを買ってきてって言うと、どうしたらいいのかわからないの。小さいときから周りが全部やっちゃうから。

 だから、僕をパラリンピックに出そうとするのは、元スターの発想なんですよ。相手のことなんか全然考えてないの(笑)。そこが面白い。いろんな人がいてホント面白いですね。

■永六輔(えい・ろくすけ)1933年、東京・浅草出身。中学時代にNHKラジオ『日曜娯楽版』へ投稿を開始。早稲田大学在学中より本格的に放送の世界に関わる。以後、放送番組の作家、作詞家、語り手、歌手、文筆家として幅広く活躍。2010年、パーキンソン病と前立腺がんであることを公表し、治療とリハビリを続けながら現在も活動を続けている。

※週刊ポスト2013年10月25日号

関連記事

トピックス