芸能

草なぎ・長瀬・木村 中年ジャニーズのドラマに奥行き感あり

 今期も話題のドラマ戦線、作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏は、3人の主演俳優に着目した。

 * * *
 いよいよ出そろった秋のドラマ。独身貴族に、3億円事件、アンドロイド。個性的で目が離せないラインナップになっています。

 これまで度々指摘されてきたことですが、主役の座をジャニーズが席巻。ただし、演技力ひとつないアイドルが女の子人気をあてこんで……というキャスティングとは、ひと味違うトーンがじわっと滲み出しています。

 木曜日の草なぎ剛、金曜日の長瀬智也、日曜日の木村拓哉。

 アイドルもそれぞれ年齢を重ねながら、役作りに向き合っている。現場体験のみならず、出会いや別れ、失敗や人生の辛酸をなめてきた経験によって、陰影が出てきた中年ジャニーズが競い合っています。

 まず、草なぎ剛主演の『独身貴族』(木曜日フジ系午後10時)。美食三昧の独身貴族、映画制作会社社長を演じる草なぎ剛。金はあってもバブル時代と違い、どこか浮かれていない。生活へのこだわりや経営の苦労が見え隠れする。黙っている時、その横顔にペーソスと孤独感とが漂う。そんな難しい存在感を、上手に表現しています。

 何と言ってもこのドラマ、背骨にあるのは「映画へのオマージュ」。シャレたオープニングロール、「エデンの東」「シャレード」などのBGM、映画のワンシーンなどが挿入され、様々な映画的引用が仕込まれている。そんな大人の遊び心が、よくあるラブコメディの稚拙さや粗さを制御し、秀逸なトーンに仕上がっています。

 一方に、悪徳刑事が躍動する『クロコーチ』(金曜日TBS系午後10時)。長瀬智也演じる、クセのある刑事・黒河内。すっトボケたキャラと野獣のような荒々しさを併せ持つ人物。

 敢えて低く抑えた発声、ゆっくり間をとるしゃべり方、鋭い目つき。独特な人物造形をする長瀬智也。正義と悪役とを計算した演技が光ります。新人刑事・剛力彩芽とのとりあわせも「美女と野獣」的なコントラストで楽しい。

 このドラマ、凶悪犯人を追う表のストーリーの後に、昭和のあの未解決事件「3億円事件」の謎がある。緊張に満ちた伏線、その時空間の奥深さ。当時のモノクロニュース映像が挿入されたりしてスリリング。その意味で、このドラマの背骨を支えているのは「社会的事件への接近」でしょう。

 上記二つとはまた色合いの違う、キムタク主演の『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』(TBS日曜午後9時)。天才物理学者と100年先の未来から送り込まれてきたアンドロイド、1人2役を演じ分けるキムタク。

 物理学者と、ツルリと無機質な質感が際立つ安堂ロイドの美しさの対比。柴咲コウとの絶妙なやりとりによってそれを際立たせるあたりが、このドラマのツボでしょう。

「一昔前のハリウッドのSF映画の劣化版」、「ターミネーターの焼き直し」といった酷評も聞かれますが、はたしてそうでしょうか。アンドロイドといったSF的設定も、キムタクが人物を演じ分ける手腕を見せるための仕掛けにすぎない。ドラマのテーマはズバリ、「純愛への憧れ」でしょう。

 まさしく三者三様。テーマも「映画へのオマージュ」、「社会的事件への接近」、「純愛への憧れ」と多彩。

 そんじょそこらのジャリタレには真似できない、中年ジャニーズたちの奥行き感ある仕事ぶり。秋が深まりつつあるこの季節、3人の主役を見比べ味わい分けることこそ、最も贅沢なドラマの楽しみ方ではないでしょうか。

関連記事

トピックス

水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン