• TOP
  • 芸能
  • おばちゃんアイドルユニット 歌詞覚えられずCD発売延期した

芸能

2013.12.09 07:00  女性セブン

おばちゃんアイドルユニット 歌詞覚えられずCD発売延期した

 24年ぶりに大阪で初雪を記録した11月。なぜか夏にぴったりのレゲエCDが発売された。ラップがただの早口関西弁にしか聞こえない曲を歌っているのは、大阪発の自称国民的アイドルグループ『オバチャーン』だ。

『オバチャーン』は2012年8月、平均年齢63.5才のおばさんで結成された現在13人(最大47人)のユニット。全員が一応地元の芸能プロダクションに所属しているが、コンビニのパートや元公務員など、ごくごく普通の主婦ばかりだ。

 昨年末、動画投稿サイト『YouTube』でラップ調の曲『オバチャーンのテーマ』をアップすると、豹柄シャツを見事に着こなす(?)強烈なキャラクターと、生々しすぎるおばさんの日常を描いた歌詞から、またたく間に話題に。

<何か…凄い迫力w>

<ある意味最強>

 映像の再生回数は、半年で30万回を記録した。『オバチャーン』プロデューサーの日座裕介(ひざゆうすけ)さんは言う。

「人気に後押しされて、今夏のCDデビューに向けて活動を始めたんですが、おばちゃんたちが歌詞を覚えられなかったため、11月の発売になりました。

 おふざけユニットのようですが、舞台裏では真剣です。ステージが終われば、毎回モニターでダンスのチェックをメンバー全員でしています。そのプロ根性はすごい」

※女性セブン2013年12月19日号

関連記事

トピックス