• TOP
  • 国際情報
  • 最近のハリウッド映画の中国人はなぜ「いい人」ばかりなのか

国際情報

2014.08.27 16:00  SAPIO

最近のハリウッド映画の中国人はなぜ「いい人」ばかりなのか

 今年のアカデミー賞で7部門を受賞し世界的大ヒットとなった『ゼロ・グラビティ』では中国の宇宙船が大活躍。リメイクされた『ロボコップ』のロボは中国製。近年のハリウッド映画に“中国礼賛”が目立つのはなぜか。在ロサンゼルスのジャーナリスト、高濱賛氏が報告する。

 * * *
 最近、ハリウッド映画で中国の存在感が際立っている。その大半は中国の歴史や文化、経済や産業の発展ぶりをストーリーの背景にあえて使う、好意的なものだ。登場する中国人も、かつて多かった「カンフーを駆使する悪役」のイメージとはほど遠い。

 代表的なのが、2013年4月に公開された、ロバート・ダウニーJr.主演の人気アクションシリーズ『アイアンマン3』。

 同作はわざわざ米国・国際版と中国版の2つのバージョンが制作された。中国版では北京市街が映し出され、中国の書画や漢方医術、中国製の携帯電話など「メイド・イン・チャイナ」の小道具がうるさいほど出てくる。

 中国人女優の范冰冰が出演し、国際版では端役の中国人医師「ドクター・ウー」の出演場面が増加している。その役どころは、世界の科学者がなしえなかった主人公のピンチを救うというもの。さらに、国際版に登場する悪役も、原作の中国人から国籍不明のテロリストに変更されるなどしている。

 中国に配慮した「脚本の書き換え」「原作とは異なる筋書き」などは朝飯前だ。2013年に公開されたブラッド・ピット主演の『ワールド・ウォーZ』は、人類を滅亡させるウイルスが原作では中国で発生したのに、これを変更するなど脚本段階から“自主的”に修正した。

 露骨な中国びいきの裏には、中国が出すカネと映画の売り先としての「市場」がある。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス