ライフ

【書評】過去半世紀スポーツ界で行なわれた不正を詳述した本

【書評】『なぜ、スポーツ選手は不正に手を染めるのか アスリート不正列伝』/マイク・ローボトム著 岩井木綿子訳/エクスナレッジ/本体18000円+税

 Mike Rowbottom(マイク・ローボトム)/イギリスのスポーツライター。五輪取材夏季6回、冬季4回のベテラン。『タイムズ』、『ガーディアン』、『オブザーバー』、『インディペンデント』などに執筆。著書に『Usain Bolt: Fast as Lightning』など。  

【評者】鈴木洋史(ノンフィクションライター)

〈スポーツにおける不正の多くは(中略)主たる目的がこのふたつ(注・金と名誉)しかないにもかかわらず、それを叶えるための手段は、ごく些細なルール違反から本格的な犯罪に至るまで、きわめて多様だ〉

 本書は過去半世紀ほどの間に世界中のスポーツで行なわれた不正を詳述した作品だ。  たとえば、1970~1980年代に米ソに次ぐスポーツ大国だった旧東ドイツは、国家的に選手にドーピングを強要していた。そのため、陸上競技のある女子選手はコーチから勧められた錠剤を飲むことを拒否すると、シュタージ(秘密警察)に連行され、尋問された。

 2004年のアテネ五輪の男子ハンマー投げで当初金メダルを獲得したハンガリー人選手は、大会前後に採取された尿サンプルが別人のものと確認されて失格となったが(そのおかげで繰り上げ金メダルとなったのが室伏広治)、綺麗な尿の入った袋をつなげた“人工ペニス”を性器周りに仕込んでいたのではないかと推測された。

 2009年にイングランドで行なわれたラグビーのトップリーグの試合では、選手を交代させるため、監督の指示で、選手が隠し持った血糊カプセルを噛み、出血を偽装した。まるでプロレスである。

 2007年のアフリカの陸上選手権では、ジンバブエの男子選手が性別を女子だと詐称して金メダルを獲得した……。

 実は不正はスポーツの起源の時代から存在した。古代オリンピックが開かれた競技場近くには不正に対する罰金を資金に建てられた何体ものゼウス像があり、そこに不正の詳細が刻まれているのだ。

 不正の手口には驚き、呆れるばかりだが、勝利への欲望の強さにはむしろ感心せざるを得ない。

※SAPIO2014年9月号

関連記事

トピックス

東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以
『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以
NEWSポストセブン
輝きを取り戻せるか(写真/共同通信社)
打撃不振の阪神・佐藤輝明のパワーはどこに消えたのか 囁かれる「第2の高山俊」の声
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
「女子アナブームの時は週刊誌にすごい撮られました」と振り返る元フジテレビ・中村仁美アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#3】週刊誌に撮られたときの局内反応の違い
週刊ポスト
南野陽子が20年前に撮り下ろしていた秘蔵セクシーグラビア
南野陽子、20年前の秘蔵グラビア公開 「2002年のまぶしすぎるナンノ」
週刊ポスト
紅白歌合戦に揃って出場した松田聖子と沙也加さん(2011年12月撮影)
聖子と明菜の出場あるか、打ち切り説ある紅白の目玉に? 聖子は沙也加さんと“共演”の可能性も
NEWSポストセブン
8月8日の誕生日当日にバースデーイベントを行った逢田(写真/五十嵐美弥)
声優・逢田梨香子、バースデーイベント成功で明かした「30歳の抱負」
NEWSポストセブン
高校野球中継に放映権料がない問題をどう考えるか(阪神甲子園球場)
高校野球「放映権無料」の是非 甲子園出場校は寄付金集めに四苦八苦の現実
NEWSポストセブン
初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン