ライフ

【著者に訊け】香山リカ氏 最新刊『劣化する日本人』を語る

【著者に訊け】香山リカ氏/『劣化する日本人 自分のことしか考えられない人たち』/ベスト新書/759円+税

『劣化する日本人』というからには、比較対象が当然ある。香山リカ氏は言う。

「例えば2007年に『なぜ日本人は劣化したか』を書いた時も、食品や耐震偽装問題の頻発が私には凄く衝撃的だったんですね。真面目で几帳面、自分を犠牲にしてでも他人のためを思うのが、従来の日本人像でしたから。しかも最近の劣化はまた質が違う。小保方氏や佐村河内氏の事件でも、一言で言えば〈肥大する自己愛〉が、真犯人ではないかと…」

 理化学研究所・小保方晴子氏らによる「STAP細胞問題」や佐村河内守氏の「偽ベートーヴェン問題」。片山祐輔被告の「パソコン遠隔操作事件」や〈止まらないヘイトスピーチ〉等も俎上にのせつつ、本書では各々の深層を具に検証する。

 むろん個人攻撃ではない。例えば小保方事件に関する〈自己愛性パーソナリティ障害〉等の診断もあくまで社会を蝕む病理として下され、背後にあるSNSへの依存や〈知性の劣化〉にこそ氏は警鐘を鳴らす。彼らは決して〈突発的に生まれたモンスター〉ではないと。

 表題の「劣化」に関して、興味深いエピソードがあとがきにある。香山氏はとある友人に本書の題名を口にするなり、こう釘を刺されるのだ。〈そんなタイトルじゃ“反日的”とまた叩かれるだけだよ。だいたいいまの売れ筋の正反対だし…〉

「要するに今は中国や韓国を批判するか、海外の人が日本の素晴らしさを讃えたものがウケるらしい。確かにその手の本や番組が最近多い気もするし、私なんてネトウヨの人からは北の工作員扱いです(笑い)。

 もちろん自分や生まれた国のことは肯定していい。でも少しでもうまくいかなくなると〈こんなはずじゃなかった〉と極端に針が振れて、簡単にバレる嘘をついたり他人を貶めて満足しようとする人が、実は診療現場でも増えてるんですね。

 最近は患者さんも二極化していて、明日の生活にも困るほど貧しくて孤立する人が増える一方、恵まれているからこそ『私はもっと輝いていい』と訴える人も多い。たぶん鬱病が増えたのも日本企業に成果主義が導入された21世紀以降で、目立たないのは悪いことだ、地道に働くなんてつまらないという空気に、日本中が覆われてしまったんです」

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト