• TOP
  • 芸能
  • 生野陽子 「報道アナとして認められなければ先厳しい」の声

芸能

2014.09.22 11:00  週刊ポスト

生野陽子 「報道アナとして認められなければ先厳しい」の声

 6月に「1000人大異動」を断行したフジテレビで、またも大きな配置換えが行なわれる。生野陽子アナ(30)が、入社以来8年間務めた『めざましテレビ』(『めざにゅ~』時代含む)を卒業し、9月29日から夕方の『スーパーニュース』を担当することになった。生野アナにとって初の報道番組となる。
 
 フジ局内では、この異動について様々な意見が飛び交っている。「低迷する夕方枠の起爆剤になる」(編成畑の社員)という肯定論の一方で、「彼女にとっては“地獄への入り口”だ」(情報番組スタッフ)という見方も少なくない。情報番組スタッフが続ける。
 
「生野アナはニュースを読む際に噛んでしまったり、漢字の読みを間違えたりということが多いために報道部門から“重要ニュースは生野に担当させないでほしい”とクレームが入ったらしく、実際、硬派なニュースはほとんど加藤綾子アナ(29)が読んでいた。

『スーパーニュース』では、大ベテランの安藤優子キャスター(55)によるスパルタ教育が待っているのは間違いない。『めざまし』時代は番組開始直前までイオンスチーマーで肌のお手入れをしたりしていましたが、そんな余裕はなくなるはず」
 
 その境遇は、かつての中野美奈子アナ(34・現フリー)と重なるものがある。
 
「カミカミナカミー」と局内外で揶揄された中野アナは、『めざまし』を卒業した後、『とくダネ!』に異動。ラジオ畑が長く、アナウンス指導に厳しい小倉智昭(67)に注意され続けたことがたびたび週刊誌ネタとなった。
 
「生野アナの異動の狙いは、日テレの『ZIP!』にジワジワ詰め寄られている『めざまし』のテコ入れですよ。後任には新人で将来のエースと期待される永島優美アナ(22)が入る。生野アナは“30歳定年”を言い渡されてしまったようなものです。もうアイドル的な立ち位置に戻れるとは思えないし、これからは報道アナとして認められなければ先は厳しい」(前出・情報番組スタッフ)

※週刊ポスト2014年10月3日号

関連記事

トピックス