連載・シリーズ

連載・シリーズ一覧を見る

ダメよ~ダメダメの流行語大賞にフェミニストから反発の声も

2014.12.20 07:00

 2014年の「新語・流行語大賞」の年間大賞にも選ばれたお笑いコンビ・日本エレキテル連合の「ダメよ~ダメダメ」。同セリフは「未亡人朱美ちゃんシリーズ」というネタの決め台詞だが、流行語大賞受賞を受けて、思わぬ反発の声が出ているのだという。  

 2014年の「新語・流行語大賞」の年間大賞にも選ばれたお笑いコンビ・日本エレキテル連合の「ダメよ~ダメダメ」。同セリフは「未亡人朱美ちゃんシリーズ」というネタの決め台詞だが、流行語大賞受賞を受けて、思わぬ反発の声が出ているのだという。

 一児の母であるAさん(32歳)は、次のように話す。

「子供が幼稚園でこのセリフを覚えてきたときには衝撃でした。ダッチワイフの未亡人という設定だと聞いて、ますます嫌悪感を抱きましたね。女性自らがダッチワイフを演じてマスメディアに露出する、こんなことが容認される社会に違和感を覚えますが、それを子供がテレビを見るような時間に放映するメディアにも呆れます。子供たちがこのセリフを連呼していて、それを笑って見ている親もおかしいと思いますね」(Aさん)

 またフェミニズム運動に関わっている女性Bさん(35歳)も、次のように違和感を表明する。

「影響力のある一部の“有識者”がこの言葉の流行語大賞受賞を褒めていたのに驚きました。その方は、この人形がダッチワイフだと知らずにただのロボットだと思っていたのではないでしょうか。下ネタが受賞するのがおかしい、という意見がありますが、『下ネタ』だからいけないというわけではない。女性が商品として扱われることに疑問を持たれずに笑いの種になる状況が問題なのです」(Bさん)

 劇団に所属する女性Cさん(24歳)は、次のように語る。

「初めて未亡人のダッチワイフだという設定を知ったときから、アングラ系の演劇界隈だとか、小劇場とかで披露されるサブカル寄りのネタだと思いました。エレキテル連合のネタの面白さは、そういう限定的な『空間』で発表される分には良いと思う。

 でも、女性器データを頒布したろくでなし子さんが逮捕されて、エレキテルのダッチワイフネタが流行語に選ばれてしまうという現状については、『女性』がどのように扱われているのか考える重要なきっかけになると思います」(Cさん)

 流行りの言葉というのは思わぬところから火がつくものだが、女性の中には今回の流行語大賞受賞に対して警鐘を鳴らす人も少なくないようだ。

本文を読む

連載・シリーズ

マネーポスト不動産売却 NO! 海賊版・違法サイト
TOP