• TOP
  • ビジネス
  • アナログレコード人気復活 限定盤と低価格プレイヤーが牽引

ビジネス

2015.01.25 07:00  NEWSポストセブン

アナログレコード人気復活 限定盤と低価格プレイヤーが牽引

 せっかくレコードを入手したら、飾るだけでなくいつかは聴きたいもの。そんな彼らのニーズに応えた気軽なアナログレコードプレイヤーの代表ともいえる「ArchiveLP」は、Amazonのレコードプレイヤー部門でベストセラー1位を記録し続けている人気商品だ。オープン価格だが、実勢で9980円と手が出しやすい。

 販売する株式会社ニュマークジャパンコーポレーションによると「プレイヤーを処分してしまって若い頃に買ったレコードが聴けなくなっていた人たちから、最近、アナログレコードを買い始めた人まで、購入される方の年齢層はとても幅広いですね。若い人には、プレイヤーからスマートフォンへ直接、接続できるのも魅力的なようです」(同社担当者)

 消費の高まりに伴って、アナログレコードの生産も増えている。日本で唯一のアナログレコード制作工場の東洋化成では、今年はやくも昨年一年間の件数を大きく上回る受注が集まっているという。

「レコードを聴くというのは、データやCDと違って早送りできません。一度、針を落としたら、A面を聴き終えるまで時間がかかります。でも、その面倒なところがいいんです。今は音楽を聴くだけなら、音源の入手も何もかも手軽に済ませられますよね。でも、レコードを聴くということは、その時間の流れ方も含めて魅力です。

 ネットやスマホが普及したおかげで、音楽を手に入れるのに家から一歩も出ないでも、人と直接、会わなくても可能になりました。色々と便利になっていますが、登山装備で行かないとならない音楽フェスや、ライブなど体験することの人気は変わらずあります。アナログレコードの人気も、スマホで音楽を聴くのとは違う時間の流れ方、体験への関心が高まっているからではないでしょうか」(前出・西澤さん)

 デジタルカメラが普及した今でも、写真をフィルムで撮ることにこだわる人がいる。デジタルに比べて「丸みがある」といい、一枚に対して「込められるものが違う」と語る人がいる。アナログレコードも、針を落とすごとに音が変わり二度とまったく同じ音は再現されず、デジタルにはない音の丸みがあると言われる。いまもっとも贅沢なのは、きれいに整えられていない、不便であることなのかもしれない。

関連記事

トピックス