• TOP
  • 国際情報
  • 【キャラビズム】過去は過去なのに、何故人は語りたがる?

国際情報

2015.02.07 16:00  NEWSポストセブン

【キャラビズム】過去は過去なのに、何故人は語りたがる?

 アンドレ・キャラビ(Andre Calabuig)氏は、1927年フランス生まれの87歳。同国ペンクラブの会員だ。日本では『目からウロコのヨーロッパ』や『知らないと恥かく世界のマナー』(電子書籍)などの著書がある。日本在住40年以上の親日家だが、どうも最近、このニッポンで目に余る出来事が多い。マナー、お金、日本語、女性、子供……。そのキャラビ氏が、いまの日本人に向けて、箴言集で発する痛烈な「キャラビズム=Calabuisme」。さて、あなたはどう受け止めるか?

 * * *
Le passé, c’est du passé, pourquoi en parler tout le Temps?
過去は過去なのに、何故人は語りたがる?

A la TV, une bonzesse, son mari est chrétien, ç’est ça la Paix!
TV の番組で尼さんのご主人がクリスチャン、これぞ平和!

Le pays du Soleil, le pays des vents sacrés, un trésor d’écologie!
太陽の国、神風の国、エコロジー財産そのもの !

関連記事

トピックス