芸能

大忙しの加藤一二三九段の一日と対局中に定食2つ完食の伝説

定食2つ完食の人気者加藤一二三九段

 深夜のバラエティー番組。ハイトーンボイスの早口で、「わたくしはですねえ…」と個性的なトークを展開し、マツコ・デラックスや矢部浩之と対等に渡り合っているのは、棋士の加藤一二三九段だ。破顔一笑すればなんともお茶目なこの人。

 今年の元日に75才の誕生日を迎え、この4月で現役最年長棋士となる(現・現役最年長棋士・内藤國雄九段が3月で引退を表明)。現役61年目を迎えても衰えることのない気力と、ユニークなキャラクター。

 最近では、本業の将棋やバラエティー番組出演、執筆などに大忙しだ。

<ある日のスケジュール>
8:00 起床
8:30 家族とともに、野菜と果物たっぷりの朝食
9:30~11:00 エッセイやブログマガジンの執筆作業
11:30 出かける支度
12:00 出発
13:00 途中で昼食を取りながら、その日の予習
13:40 フジテレビスタジオ入り
15:00 番組スタッフと打ち合わせ
15:30 メイク、鼻毛カット
16:00~18:30 本番収録
20:00 帰宅
20:30 家族と夕食、入浴
22:00 大好きなクラシック音楽(モーツァルト)を聴きながらリラックス
23:00 執筆作業
24:30 就寝

 75才、現役棋士。対局内外でのユニークな伝説は数知れず、将棋界のレジェンドとも呼ばれる加藤一二三九段。

 つい先日の対局でも、夕食休憩時に“牡蠣フライ定食とチキンカツ定食”を同時に注文して完食。その様子を対戦相手の棋士や周囲の若手棋士に、「マジでビックリした!」「“牡蠣フライ定食と”と言われた時は、さすがに動揺、改めて今自分は伝説の方と将棋を指していると実感」などとツイートされ、新たな“ひふみん伝説”を打ち出した。孫ほどの年齢の棋士が続々と台頭するなか、現役にこだわり続ける理由がある。

「将棋が非常に魅力のあるものだということ、仕事としてもやりがいがあるという確信があるのが大きな根拠になっています。30才になる前に大きな転機がありました。時の大山康晴十五世名人に勝って十段(タイトル名で段位ではない)になったのですが、そのときに将棋の深さを体験し、生涯ずっと戦い続けていけるという自信を持ったんです」

※女性セブン2015年3月26日号

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン