国内

ICU入学の佳子さま 学内でKFC=佳子さまファンクラブ結成

 4月2日、秋篠宮佳子内親王(20)が国際基督教大学(ICU)の入学式を迎える。“美しすぎるプリンセス”の入学とあって、受け入れる大学側はその対応に追われているが、入学後にはさらなる心配事が──。

 ICUの広大なキャンパスは東京・三鷹市郊外の緑豊かな環境にある。そんなのどかな学校も、入学式当日は大勢の報道陣のほか、押し寄せる野次馬によって大パニックに陥ることが確実視される。

「マスコミ公開の有無や、大学関係者以外の立ち入りチェック、学生によるサークルへの勧誘をどうするかなど、宮内庁と調整を続けている段階で、今は何もお答えできる状態にない」(ICU広報担当者)と学校側も厳戒態勢を敷いている。

 ICUには佳子内親王の姉である眞子内親王も通っていたが、当時はこれほどの騒ぎにはならなかった。宮内庁関係者が不安を漏らす。

「現在のフィーバーを考えると、今回はどんな状況になるか予測できない。大学の自治があるから、表立って役所が干渉するわけにはいかないだけに心配だ」

 関係者の不安も無理はない。佳子内親王は学習院大学時代にも“パパラッチ”に悩まされてきた。

「入学式の前から、チアリーダー部の新歓コンパで歌舞伎町の居酒屋を訪れた様子が写真週刊誌に報じられた。入学後も佳子さまのファッションや学生生活がツイッターで頻繁に“生中継”された。“皇族学校”の学習院でもそうだったのだから、よりオープンな校風のICUでは何が起きるかわからない」(同前)

 秋篠宮家の関係者には「眞子内親王の写真流出」という苦い経験がある。在学中の2011年10月、所属するスキー部の合宿で撮影された男子学生とのツーショットや、当時未成年だった眞子内親王が酒の置かれたテーブルの前でポーズを取る写真がネットにアップされて波紋を呼んだ。

 佳子内親王に同様のことが起きても不思議はない。すでにICUの学内では男子学生による「KFC=佳子さまファンクラブ」が結成されたという。「佳子さまの姿をひと目見たい」「写真を撮りたい」という学生は少なくない。

「3月に佳子さまが伊勢神宮で成年報告をされた時も、駅前にカメラを持った人が数百人も押し寄せた。入学式は厳重に警備するとしても、その後の通学時はどうするのか。眞子さまは他の学生と同じく電車通学で、校舎内ではSPを伴わない生活をされたと聞いているが、佳子さまは難しいかもしれない」(皇室記者)

※週刊ポスト2015年4月10日号

関連記事

トピックス

岸信夫元防衛相の長男・信千世氏(写真/共同通信社)
《世襲候補の“裏金相続”問題》岸信夫元防衛相の長男・信千世氏、二階俊博元幹事長の後継者 次期総選挙にも大きな影響
週刊ポスト
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
女優業のほか、YouTuberとしての活動にも精を出す川口春奈
女優業快調の川口春奈はYouTubeも大人気 「一人ラーメン」に続いて「サウナ動画」もヒット
週刊ポスト
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
女性セブン
今回のドラマは篠原涼子にとっても正念場だという(時事通信フォト)
【代表作が10年近く出ていない】篠原涼子、新ドラマ『イップス』の現場は和気藹々でも心中は…評価次第では今後のオファーに影響も
週刊ポスト
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン