芸能

吉田鋼太郎 4度目の結婚に向け家賃80万円プレ新婚生活

吉田鋼太郎は4度目結婚に向け準備は着々

 若者が集まる街に隣接しながらも、深い緑に囲まれ静寂に包まれた隠れ家的な場所に立つその高級低層マンションは、以前より、各界の有名人らが住んでいることでも知られている。昨秋、このマンションの新たな住人になったのが吉田鋼太郎(56才)だ。

「奥さんと一緒に引っ越していらっしゃいましたよ。腕を組んで散歩に行かれたり、夜も遅い時間に、連れだって帰ってくることもありますし、うらやましいほど仲良しなんですよね」(近隣住民)

 お、奥さん!? 吉田は、バツ3で(※最初の結婚は未入籍のまま破局)、2人目の妻との間には長男もいるが、現在は独身を公言している。しかも、現在、最大のモテ期が到来中。もともと舞台俳優だったが、ドラマ『半沢直樹』(TBS系)で全国区になり、NHK連続テレビ小説『花子とアン』の伝助役で大ブレーク。現在テレビ界で引っ張りだことなっている。

 そんな彼の奥さんって!?──取材を進めると、それは元タカラジェンヌの安蘭けい(44才)のことだった。

「なかなか俳優同士が一緒になっちゃうとうまくいかない部分もあるので、一緒に住んだりはしないです」

 昨年6月、女性セブンが吉田と安蘭の熱愛をスクープした時、吉田は、交際3年を認めながらも、そう語っていた。ところがその直後、ふたりの関係は大きく進展していた。

「吉田さんは安蘭さんより12才も年上。しかもこんなブレークする前は生活も安定していませんでしたし、彼が住んでいるアパートに彼女を呼ぶこともできず、彼女のマンションへ通う日々でした。それに“バツ3”という引け目もあって、“彼女にプロポーズなんてできねぇよ”と悩んでいましたね。でも、今や超売れっ子。昨年10月の彼女の誕生日を前にプロポーズをして、今は4度目の結婚に向けてプレ新婚生活を送っているんですよ」(安蘭の知人)

 ふたりの新居は、広さ150平方メートル、家賃80万円以上のファミリータイプの部屋。年越しは、吉田の親友である・小栗旬(32才)と妻の山田優(30才)、生田斗真(30才)ら友人を招いて正月を迎えたという。

「もちろん料理担当は安蘭さん。吉田さんのなかでは、“新妻”のお披露目会でもあったと思いますよ」(芸能関係者)

 最近のインタビューで吉田はこんなことを語っていた。

《僕にとって家は憧れなんです。家を家庭と置き換えられるかもしれない。夜、家路を急いでいると遠くから家の明かりが見えて、扉を開けたらちゃんと迎えてくれる人がいる所。明日も頑張ろうというエネルギーをチャージできて、本当にそこが幸せだなと思える…。いつか僕もそんな家に帰ってみたいですね》

 もちろん、そんな吉田の夢はもう叶っている。安蘭の左手薬指にはダイヤがたくさんついたリングがキラキラ輝いているという。

※女性セブン2015年5月14・21日号

関連記事

トピックス

宇内アナと交際相手の男性
《腕組みラブラブ姿も》TBS宇内梨紗アナ、慶応卒「外資系イケメン」と半同棲&デート現場
NEWSポストセブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
【独占ツーショット写真】小出恵介、30代セレブ美女とNYで結婚、夫婦でペットシッター業も開始
女性セブン
千鳥ノブがオークションで5時間も品定め
千鳥ノブ、アートに高い関心 現代アートのオークションに参加し5時間近く品定め
女性セブン
ガルバサムネ
【「お尻が見える」で有名に】13歳女子中学生に接客させて逮捕されたガールズバー経営者は「未成年集めるプロ」だった
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
【独占続報】スシロー湯呑みペロペロ少年が高校を自主退学 近所では「畑仕事の手伝いもしてくれる素直な子」
女性セブン
渋谷容疑者と妻(2006年に行われた会見)
《逮捕の一夫多妻男》女性9人・子供3人の「生活費」はどうなっていた? 供出金1人8万円、マインドコントロールの末
NEWSポストセブン
グラミー賞を受賞した宅見将典さん。(c)getty images 、撮影・Benjo Arwas
宅見将典さんグラミー賞を西城秀樹さんの妻も祝福「心より誇らしく感涙してしまいました」
NEWSポストセブン
「ムカつくしね」ともコメント(YouTubeより。現在は削除済み)
「ムカつくしね」人気YouTuberが酷評したうどん店の店主80代女性が明かした謝罪の裏側
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れる女性(SNSより)
【若い女性が調味料混入】スシローで今度は「甘ダレウィズソイソース」騒動 迷惑動画相次ぐ“TikTokとインスタの闇”
NEWSポストセブン
芸能界復帰へ期待の声が上がるほしのあき
ほしのあき“奇跡の45歳”でグラビア復帰へ期待の声 ママタレとしても高いニーズか
NEWSポストセブン
車で戻ってきた渋谷容疑者と女性(2006年1月撮影)
《一夫多妻男の手口》真っ暗な部屋でマインドコントロール、黒頭巾かぶり「性行為するしかない」「地獄から救う」
NEWSポストセブン
和久田麻由子アナ
和久田真由子アナ「4月復帰」は異例の早さ 昨年のNHKアナ「101人大異動」が影響か
NEWSポストセブン