国際情報

握手会の女王AKB48柏木由紀 今こそ「神対応」見せる正念場

 AKB48きっての清純派だけに、おとがめなしとはいきそうにない。「ゆきりん」こと柏木由紀(23)とジャニーズのモテ男として知られる「NEWS」の手越祐也(27)との熱愛が『週刊文春』で報じられ、浴衣姿で抱き合う写真とスノーボード服姿の2ショットが流出した一件が、迷走を続けている。

 そもそもAKB48には「恋愛禁止条例」なるものがあり、色恋沙汰はご法度とされてきた。とはいえ、かつて人気ダンサー宅でのお泊まり愛が報じられた峯岸みなみ(22)が丸坊主になったり、元カレから交際の過去を週刊誌に暴露された指原莉乃(22)が“博多に左遷”されたりと、“恋愛事件”そのものは多く、それぞれのケースでその“罰”がまた話題になってきた。

 では、柏木の“判決”はどうなるか。AKBに近い芸能関係者がいう。

「3月から柏木が兼任している新潟拠点のNGT48の専任になる可能性が大です。新潟左遷を“禊ぎ”とする、いわゆる指原方式で騒動の収まるのを待つのではないか。本人にとっては話題作りにもなるはず」

  しかし、別のAKB関係者はそんな楽観的な見方を真っ向から否定する。

「これまでスキャンダルが出たメンバーと柏木では全くキャラが違う。ファンへの『神対応』(かみたいおう=行き届いた万全の対応)で知られる彼女は、AKBの良心。握手会でファン一人一人としっかり目を合わせて手をギュッと丁寧に握ることから『握手会の女王』とも呼ばれています。

 ファンのタイプも『ガチ恋』(本気で恋して応援する)が多いといわれ、指原など他のメンバーのように恋愛をギャグにしてすまされる存在ではありません」

 6月6日に開催されたAKB選抜総選挙では、柏木は熱狂的なファンの後押しを受け、前回1位のまゆゆこと渡辺麻友(21)を超えて自己最高の2位となった。今回のスキャンダル発覚には、柏木本人も相当ショックを受けているようだ。

「一時はツイッターなどでファンに謝罪することも考えたようだが、“下手に触れると逆効果だ”と周囲のスタッフに止められたらしい」(同前)

 柏木は15日昼からツイッターを再開したが、〈おはようございます!今日は朝から『旅少女』のロケ。いってきます〉と騒動には一切触れていない。

 一度キズのついた清純派のイメージを取り戻すのは至難の業。次回の総選挙までに柏木が失地回復するには相当なウルトラCが必要になりそうだ。今こそ神対応を見せる正念場だ。

※週刊ポスト2015年7月3日号

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン