• TOP
  • 国内
  • リベンジレイプ被害者女性が悲痛告白 ネット掲示板に偽投稿

国内

2015.06.26 16:00  週刊ポスト

リベンジレイプ被害者女性が悲痛告白 ネット掲示板に偽投稿

「リベンジポルノ」は、元交際相手の裸の写真や動画をインターネット上に載せる悪質な犯罪行為である。写真の公開だけではない。「リベンジレイプ」を目的として、相手の住所や電話番号などを晒した上で、「私を犯してほしい」と誘う嘘の書き込みまでが横行している。

 疑似レイプ愛好者が集う掲示板はネット上に複数あったが、書き込みの数が圧倒的に多いのは、「P」と「Q」(ともに仮名)の2つ。そこには女性の写真や名前のほか、電話番号、メールアドレスとともに〈犯してくれる人を探している〉などのメッセージが添えられていた。使われていない電話番号やメールアドレスなどが記された書き込みも多かったが、本人につながる投稿もあった。
 
〈私はドM。いじめられるとヌレヌレになるおんな。080××××××××〉
 
 3月23日に書き込まれていたこの携帯電話の番号にかけると、若い女性が出た。番号がネットの掲示板に書かれていたことを告げ、「レイプ願望がある」と書き込まれていたことについて聞くと、彼女は「は? ありえない!」と否定し、こう続けた。
 
「3月以降、“エッチしよう”とか“いじめてやる”といった電話がかかってくるようになったんです。気持ち悪いから知らない番号には出ないようにしていました。誰かが私を困らせるためにやったのでしょうか……」
 
 彼女は顔写真だけだったが、裸の写真を使われるケースも多い。
 
 関西地方の住所とともに名前やメールアドレスが書かれていたA子さんは、セックス中の姿を写した、いわゆるハメ撮り写真が掲載されていた。女優の本田翼に似たA子さんは、学校の制服を途中まで脱がされた状態で撮影されていて、体位を変えた複数枚の写真が載せられていた。
 
 A子さんと連絡を取ることができた。彼女はまだ10代だった。写真を見せると「これ、私です……」と絶句した。
 
「実は最近、知らない人から“今日は何時の電車に乗るの?”とか“近所に住んでるから学校の帰りにレイプしてやろうか”といったメールが送られてきました。裸の写真についてはいいにくいのですが……、以前、援助交際したことがあって、その時に撮られたものだと思う」
 
 掲示板には〈この女はサポ(援助交際の隠語)経験アリ〉などと書かれていた。
 
「学校の後輩がなぜか援助交際のことを知っていて、“学校にバラされたくなかったらヤラせろ”って迫られたこともありました。彼もこの掲示板を見たのかもしれません」(A子さん)
 
 彼女は援助交際相手に写真を撮らせたことを後悔していた。

※週刊ポスト2015年7月3日号

関連記事

トピックス