• TOP
  • ライフ
  • 体臭別調査でわかった嗅覚の男女差と意外な加齢臭への評価

ライフ

2015.07.02 16:00  NEWSポストセブン

体臭別調査でわかった嗅覚の男女差と意外な加齢臭への評価

男性に比べて、女性は臭いに敏感で我慢できない

 夏本番を迎え、臭いケアにも力が入る季節。さまざまなケアアイテムが増えているが、正しい臭いケアに大切なのは、年代ごとに異なる臭いの原因を理解し、それぞれに合ったアイテムや使い方を知ることだという。「スメハラ(スメルハラスメント)」が話題になることも多いが、具体的に人は体臭に対して、どれくらい寛容なのだろうか?

 ミドル脂臭対策の「ルシード」ブランドほか、男のにおいを研究する情報サイト「男のにおい総研」を展開するマンダムが実施した「男性の基本3体臭『汗臭』『ミドル脂臭』『加齢臭』に対する生活者の感受性調査報告」(25~54歳の働く男女183名対象)では、3種類の体臭別に「不快度」「容認度」を調査。年代や性別によって、臭いの感じ方が大きく異なる結果が出ている。

 まず特徴的なのは全ての臭いにおいて、男性より女性の方が臭いを強く感じ、不快度が高く、容認度が低いこと。特に若い女性ほど、臭いに対して不快に思い、「我慢できない」と感じることがわかった。その傾向が顕著に出た「汗臭」の容認度では、25~34歳女性の100%が「許せない(我慢できない)」と回答している。

 一方、3種類の体臭のうち「加齢臭」については、一般的なイメージと異なり、女性からも「不快ではない」が72.5%、「許せる」が86.8%にのぼり、意外にも受け入れられている。しかし、「ミドル脂臭」については、汗臭同様に若い年代ほど不快度が高く、25~34歳では男女共20%以上が「極めて不快」という結果となり、全体でも男性の75.0%、女性の89.0%が「不快」と回答。また、容認度の低さと、他の体臭と異なる特徴から、対策の必要性が大きいことが浮き彫りとなった。

関連記事

トピックス