• TOP
  • 国内
  • 不倫の大きな代償 息子が学校で「泥棒の子」といじめられる

国内

2015.09.08 16:00  女性セブン

不倫の大きな代償 息子が学校で「泥棒の子」といじめられる

 最近、SNSなどをきっかけに不倫する主婦が増えているという。しかし、不倫が周囲に知られたときの代償は計り知れない。

 1つ年上の夫を持つ増田かえでさん(仮名、42才)は、小学生の息子が内向的な性格だったことを気にしていた。そこで社交性を身につけさせようと、3年前の夏、息子を地元のサッカー少年団に入れた。

 そこで、少年団の1人の父親で西島秀俊似の男性に出会った。ふたりは、同じ大学出身ということもあって意気投合した。夫が出張で、息子がサッカーの合宿に出かけた日にその男性と食事に行った。

「お酒が入っていたし、抱きしめられると、衝動を抑えられず、ホテルへの誘いを断れませんでした」(かえでさん、以下「」内同)

 サッカー少年団で互いに夫婦そろって顔を合わせることもあったが、何食わぬ顔で関係を続けていた。

「ところが、彼の奥さんにバレてしまいました。どうも奥さんは前々から怪しいと思っていたらしく、彼の友人からの目撃情報をもとにカマをかけたら、彼はまんまと引っかかったようです」

 それ以来、かえでさんはサッカー少年団で針のむしろになった。

「明らかにママ友たちの態度が変わりました。彼の奥さんが、周囲に不倫の話をしたので、避けられるようになってしまったんです」

 次第にかえでさんだけでなく、息子も孤立し始めた。それがかえでさんにとっていちばんの苦痛だった。

「彼の子供が“泥棒の子だ”と言うようになって…。うちの子が間違ってほかの子のタオルを使ってしまっただけで“やっぱり泥棒だ!”と言われたこともありました」

 息子はサッカー少年団へ行かなくなり、その変化に気づいた夫に不倫のこともバレた。

「一瞬、魔が差したことで、家族を不幸にしてしまいました。もし、軽い気持ちで不倫を考えている人がいるなら、その代償はとてつもなく大きいことを、覚悟してほしいです」

※女性セブン2015年9月17日号

関連記事

トピックス