• TOP
  • ライフ
  • マンガで身近なオノマトペ 使えば表現力がドドーンとアップ

ライフ

2015.09.26 16:00  NEWSポストセブン

マンガで身近なオノマトペ 使えば表現力がドドーンとアップ

 いまロンドンの大英博物館では、日本マンガの企画展を行っている。マンガを読んだことがない日本人がおよそ想像出来ない通り、我々はさまざまな「教養」「知識」から得ている。大人力コラムニスト・石原壮一郎氏は「オノマトペで大人の表現力アップ」という。

 * * *
 マンガは日本が誇る偉大な文化です。私たちは幼いころから、マンガの影響を色濃く受けながら育ってきました。その幸運に感謝し、マンガから授かったいろんな教養をもっともっと活用しましょう。

 ちなみに現在、ロンドンの大英博物館では「マンガなう:三つの世代(Manga now: three generations)」という企画展が行なわれています。それぞれの世代の代表としてフィーチャーされているのは、ちばてつや(1939年生まれ)、星野之宣(1954年生まれ)、中村光(1984年生まれ)の3人。開催は11月15日まで。嬉しいことに入場無料なので、たまたま近くを通りがかる機会があったらのぞいてみましょう。

 マンガから授かった教養のうち、実生活にすぐ活用できるのが数々の「オノマトペ」です。「ドキドキ」「テクテク」「ざわ…ざわ…」といった気持ちや動作を表わす擬音語や擬態語のこと。マンガはこれなしでは成り立ちません。元々日本語は「源氏物語」の昔からオノマトペが発達している言語ですが、マンガのおかげでより身近な存在になっています。

 仕事の場面で便利に使えるのは、まずは「ガーン」でしょうか。上司に理不尽な指示を受けたり、部下から間抜けな失敗を報告されたりしたときには、両手を顔の横で広げながら「ガーン」と言えば、抗議や非難の気持ちを角を立てずに表現できます。内容によっては「どよーん」や「シクシク」がふさわしい場合もあるでしょう。

 仕事に一生懸命に取り組んでいることを表現したいときは、「アセアセ」や「ジタバタ」が便利です。「アセアセ、アセアセ」「ジタバタ、ジタバタ」と言いながらパソコンに向かていたら、きっと周囲の誰かが「手伝いましょうか」と言ってくれるはず。そんな嬉しい申し出をしてもらったときは、「ジーン」と言って感動と感謝を伝えたいところです。

 マンガから生まれた言葉かと思っていたら、じつは江戸時代から似た言い回しが使われていたらしい「ギャフン」も、大人として使いこなしたいオノマトペのひとつ。部下に「そうじゃなくて、こうですよ」と間違いを指摘されたときに使うもよし、女性を口説いたけどあっさり断わられたときに使うもよし。恥ずかしさをごまかしつつ、ケナゲに立ち直ろうとしている様子を表現できます。さらに「ショボン」とか「ションボリ」と言いながら肩を落として、可愛げを示すのも一興かも。

関連記事

トピックス