芸能

V6の20周年ライブ 岡田、井ノ原らと嵐メンバーの絆とは?

 北海道から始まったV6の約2年ぶりの全国ツアーが、11月1日、東京・代々木第一体育館で千秋楽を迎えた。

 20年前の同じ日、シングル『MUSIC FOR THE PEOPLE』でCDデビューしたV6。この日のスペシャルライブには、会場に集まった1万5000人に加え、音漏れを聞こうと1万人ものファンが場外にも集結した。

 熱狂渦巻く観客席には、ファンに混じって私服姿のTOKIOやHey!Say!JUMP、生田斗真(31才)らジャニーズ事務所の先輩後輩の姿も。なかでも、嵐は特別な思いを抱えてステージに熱いまなざしを送っていた。

 V6のデビューから遅れること5年、1999年にシングル『A・RA・SHI』でデビューした嵐。彼らにとって、その頃のV6は雲の上の存在だった。音楽関係者が語る。

「当時のV6は『TAKE ME HIGHER』や『WAになっておどろう』、『Believe Your Smile』などヒット曲を連発。その頃、バックダンサーを務めていたのが嵐のメンバーでした。彼らはずっと間近で先輩たちが躍進していく姿を見ていたんです。デビューに対して後ろ向きなメンバーが多かったのも、自分たちがV6のような活躍ができるのかどうかわからない不安が大きかったからだと思います」

 音楽活動や俳優としての活動だけでなく、バラエティー番組『学校へ行こう!』(TBS系)に出演したことで、多忙を極めたV6。しかし、彼らは後輩である嵐をいつも気にかけていた。

 2002年にドラマ『木更津キャッツアイ』(TBS系)で主演を務めた岡田准一(34才)は、共演の櫻井翔(33才)に「先輩と後輩という関係だとチームに一体感が生まれないから、お互い役名で呼び合おう!」と提案。その言葉通り、息ピッタリの演技で同ドラマはふたりの代表作となった。

「V6では最年少で“末っ子キャラ”の岡田くんにとって、1才年下の櫻井くんは弟のような存在だったんでしょうね。フランクにつきあいながらも、櫻井くんが遅刻した時には本気で怒る。櫻井くんも自分に真剣に接してくれる岡田くんのことを心の底から信頼していました」(芸能関係者)

 さらに、井ノ原快彦(39才)が原案を務めた映画『ピカ☆ンチ』(2002年)に嵐の出演が決まると、V6と嵐の絆はより強くなっていった。

「『ピカ☆ンチ』はイノッチが実際に過ごしたマンモス団地での出来事をもとに作られた物語。ロケ現場だけでなく、撮影後には嵐を食事に誘って、イノッチは自分の昔話や演技についてよく話していたそうです。イノッチはよく酔っ払って嵐のメンバーに迷惑をかけていたそうですが、嵐にとってイノッチは何でも話しやすいお兄ちゃんのような存在になっていったんです」(前出・芸能関係者)

※女性セブン2015年11月26日号

関連記事

トピックス

西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
司会をつとめる島田アナ(写真/JMPA)
「安倍氏国葬」司会の島田彩夏アナは「国葬委員会の指名」とフジ回答 抜擢背景に「後継候補の甥の古巣だから」説も
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
式壇の様子
安倍氏国葬、武道館で「トイレ問題」発生中 男性用のみ行列、政治家が「これはまずい…」
NEWSポストセブン
阪神監督「再登板」が報じられた岡田彰布氏(写真は2008年)
阪神・岡田彰布監督再登板へ これで「掛布雅之監督」誕生の芽は永遠に潰えたか
NEWSポストセブン
「パパ活飲酒」を報じられた吉川赳議員。その吉川議員のパパも“逆ギレ”
パパ活問題・吉川赳議員の“実のパパ” 解任動議に「報じるメディアが悪い」と反論
週刊ポスト
笑顔を見せる坂本勇人(時事通信フォト)
巨人坂本の女性スキャンダル問題が収束せず CS進出なら“再炎上”で球団も苦慮か
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
香川照之(右)の騒動はあれほど報道していたのに…(左は時事通信フォト)
スキャンダルで炎上の香川照之、大メディアがスルーした坂本勇人 2人を分けた「スポンサー」の違い
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト