• TOP
  • 芸能
  • 12年ぶりミムラと共演の松雪泰子 「進化していて怖かった」

芸能

2015.12.01 16:00  NEWSポストセブン

12年ぶりミムラと共演の松雪泰子 「進化していて怖かった」

左から権野元監督、松雪泰子、ミムラ

11月21日から放送中の『連続ドラマW 5人のジュンコ』(WOWOW)の完成披露試写会が11月16日に開催され、主演の松雪泰子(42才)のほか、ミムラ(31才)、権野元監督(42才)が出席した。

 真梨幸子の小説『5人のジュンコ』を原作とするこの作品。連続不審死の容疑者・佐竹純子(小池栄子)が逮捕されたことを発端とし、5人の“ジュンコ”が運命のいたずらに巻き込まれていく…というストーリー。

 松雪は事件を追うジャーナリスト・田辺絢子を演じる。ミムラは佐竹の中学時代の同級生・篠田淳子という役どころだ。

 松雪とミムラの共演は、ミムラのデビュー作となったドラマ『ビギナー』(フジテレビ系、2003年)以来12年ぶり。久々の共演となったミムラいついて、松雪は「すごく進化されていて、一緒にやっていて怖かったです」と驚きの様子だった。

撮影■平野哲郎

関連記事

トピックス